「とりあえず」は英語でなんて言う?【ネイティブ表現をマスターしよう】

「とりあえず」という表現は、日常会話でもビジネスシーンでもよく使いますよね。英語の「とりあえず」の表現は、7種類ほどありますが、3つだけ覚えておけば英会話で苦労することはないと思います。例文と一緒に覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

「とりあえず」の表現一覧

代表的な「とりあえず」の表現は、全部で7種類あります。すべて覚える必要はなく、王道の「for now」と「for the time being」「anyway」を覚えておけば、日常会話で苦労することはないでしょう。

  1. for now
  2. for the time being
  3. anyway
  4. for the moment
  5. any how
  6. first of all
  7. start off with

for now「とりあえず、今のところは」

「とりあえず」の表現で一番よく使うのが「for now」です。直訳すると「今のところは」になりますが、意味としては「とりあえず」になります。

文尾に「for now」を付けるだけで、「とりあえず、〜。」という表現ができます。日常会話はもちろん、ビジネスシーンでも使えるので覚えおくと便利です。

例文1

That’s all for now.

とりあえず、以上です。

例文2

I’m OK for now.

今のところ(とりあえず)、大丈夫です。

例文3

You just do it for now.

とりあえず、先にそれをやってください。

例文4

Let’s do that for now.

とりあえず、そうしましょう。

例文5

I’ll take it for now.

とりあえず、それを頂きます。(レストランにて)

例文6

I’ll take a beer for now.

とりあえず、ビールで。(レストランにて)

例文7

I’ll take a ASAHI for now.

とりあえず、アサヒビールをお願いします。

for the time being「とりあえず、当分の間」

「for now」と同じく、頻繁に使うのが「for the time being」です。日常会話だけでなく、ビジネスシーンでも使えます。「for now」や「anyway」よりも、少しだけフォーマルな表現となります。

例文1

It’s enough for the time being.

とりあえず、それで十分です。

例文2

This will do for the time being.

とりあえず、これで間に合います。

例文3

I’m going to reserve that for the time being.

とりあえず、予約します。

例文4

I felt relieved for the time being..

とりあえず、安心しました。

例文5

100 dollars will do for the time being.

とりあえず、100ドルあれば間に合います。

例文6

I’m staying at the hotel for the time being.

当分の間、ホテル住まいです。

例文7

It seems like it will continue to be hot for the time being.

当分の間、暑い日が続くそうです。

anyway「とりあえず、とにかく」

anywayは、「for now」や「for the time being」と同じく、頻繁に使われます。使い方は非常に簡単で、「Anyway, 〜(英文)」のように文頭にanywayを付け加えるだけです。(文尾に付け加えることができます)

ネイティブも、anywayを使うことが多いので、例文と一緒に覚えておくことで、日常会話でもビジネスシーンでも対応できますよ。

例文1

Anyway, let’s try.

とりあえず、やってみよう。

例文2

Anyway, we should talk.

とりあえず、話そう。(喧嘩している時など)

例文3

Anyway, please tell me what the situation is.

とりあえず、状況を教えてください。

例文4

Anyway, I did it in this way.

とりあえず、私はこのようにしました。

例文5

Anyway, I’m going home.

とりあえず、家に帰ります。

例文6

I will try it anyway.

とりあえず、チャレンジしてみます。

例文7

I start studying anyway.

私はとりあえず勉強を始めた。

for the moment「とりあえず、今のところ」

for the momentは、「for now」や「for the time being」よりもフォーマルな表現になります。ビジネスメールでも使われるので、覚えておくと良いかもしれません。

例文1

I’ll make it do for the moment.

とりあえず、これで間に合わせよう。

例文2

I can’t remember for the moment.

今のところ、思い出せない。

例文3

I can’t say anything for the moment.

今のところ、何とも言えない。

例文4

We should wait here for the moment.

とりあえず、ここで待つべきです。

例文5

There is nothing wrong for the moment.

とりあえず、悪いところはありません。

anyhow「とりあえず、とにかく」

anyhowは、「anyway」よりもフォーマルな表現となります。日常生活やビジネスシーンで「anyhow」を使った記憶はほとんどないので、覚えなくても大丈夫でしょう。

使い方はanywayと同じで、「Anyhow, 〜(英文)」のように文頭にanyhowを付け加えるだけです。(文尾に付け加えることができます)

例文1

Anyhow, let’s begin.

とりあえず、始めよう。

例文2

Anyhow, I want that.

とりあえず、あれが欲しいです。

例文3

Anyhow, let’s go to Shinjuku by train first.

とりあえず(とにかく)、まずは電車で新宿まで行こう。

例文4

It’s too late, anyhow.

とにかく、遅すぎますよ。

例文5

He never did his work anyhow.

彼はいいかげんな仕事をしたことがない。

first of all「とりあえず、まず最初に」

first of allは、「とりあえず」の表現の中で一番フォーマルです。TEDトークを観ている方なら、聞き馴染みのある表現かもしれませんね。

ビジネスのプレゼンテーションや資料のなかで頻繁に使われます。

例文1

Please send it first of all.

まず最初に(とりあえず)、それを送ってください。

例文2

First of all, I would like to discuss the price with you.

まず最初に(とりあえず)、価格について話したいです。

例文3

First of all, please tell me the objective and compressor.

まず最初に(とりあえず)、目的と結論を教えてください。

例文4

First of all, I would like to introduce myself.

まず最初に(とりあえず)、自己紹介をしたいと思います。

例文5

First of all, I would like to say this.

まず最初に(とりあえず)、これを言いたいです。

start off with「とりあえず」

start off withは、直訳すると「〜で始める」になります。レストランでオーダーを聞かれた際に、「とりあえず、◯◯と〇〇をください」と頼む際に重宝する表現です。

例文1

I’ll start off with a pint of beer.

とりあえずビールで。

例文2

I’ll start off with a cup of coffee please.

とりあえずコーヒーで。

例文3

We’ll start off with 2 glasses of wine.

とりあえずワインを2つで。

例文4

I’ll start off with beer on tap.

とりあえず生ビールで。

例文5

She asks for a beer to start with off.

彼女がとりあえずビールを頼む。