30代の平均年収と年収中央値はいくら?【男性と女性に分けて解説】


30代の平均年収はいくら?

さっそく30代の平均年収を見てみましょう。ここでは、国税庁が毎年発表している『民間給与実態統計調査』と『dodaの平均年収データ』を参照します。

民間給与実態統計調査

民間給与実態統計調査は、5歳ごとのデータとなっているので、「30〜34歳」「35〜39歳」に分けて見てみましょう。

30〜34歳の平均年収

男性の平均年収:461万円

女性の平均年収:315万円

全体の平均年収:407万円

35〜39歳の平均年収

男性の平均年収:517万円

女性の平均年収:313万円

全体の平均年収:442万円

年齢 平均年収
男性 女性 全体
19歳以下 155万円 111万円 132万円
20〜24歳 279万円 243万円 262万円
25〜29歳 393万円 318万円 361万円
30〜34歳 461万円 315万円 407万円
35〜39歳 517万円 313万円 442万円
40〜44歳 569万円 308万円 468万円
45〜49歳 630万円 310万円 496万円
50〜54歳 677万円 302万円 519万円
55〜59歳 669万円 298万円 516万円

出典:平成29年度『民間給与実態統計調査』

dodaの平均年収データ

転職サービスで有名なdodaは、各年齢ごとに年収データを発表しています。各年齢のデータから平均値を求めると以下のとおりになります。

男性の平均年収:496万円

女性の平均年収:385万円

全体の平均年収:460万円

年齢 平均年収
男性 女性 全体
30歳 439万円 367万円 414万円
31歳 457万円 375万円 429万円
32歳 467万円 382万円 439万円
33歳 483万円 387万円 451万円
34歳 497万円 381万円 459万円
35歳 502万円 387万円 465万円
36歳 512万円 392万円 474万円
37歳 525万円 390万円 481万円
38歳 535万円 394万円 489万円
39歳 540万円 399万円 494万円
30代 496万円 385万円 460万円

出典:doda『平均年収ランキング 最新版』

30代の年収中央値はいくら?

平均年収と異なる指標として、「年収中央値」があります。年収中央値とは、「例えば101人を対象に年収を聞いた際に、年収順位がちょうど真ん中の人、つまり50位の方の年収のこと」です。

平均年収は、一部の富裕層により底上げされているため、あまり参考になりません。一方、年収中央値は、平均年収よりも一般庶民の実感に近い数値になります。

詳しくは、『年収の中央値とは?【平均年収との違いをわかりやすく解説】』を参照ください。

30代男性の年収中央値:462万円

30代女性の年収中央値:360万円

30代全体の年収中央値:438万円

年齢 年収中央値
男性 女性 全体
30歳 400万円 350万円 400万円
31歳 420万円 347万円 400万円
32歳 430万円 350万円 400万円
33歳 440万円 351万円 410万円
34歳 450万円 350万円 430万円
35歳 480万円 360万円 450万円
36歳 500万円 360万円 450万円
37歳 500万円 370万円 460万円
38歳 500万円 360万円 480万円
39歳 504万円 400万円 500万円
30代 462万円 360万円 438万円

出典:doda『平均年収/生涯賃金データ2012年齢別』

30代は年収アップできる最初で最後のチャンス!?

20代では、年収の格差はほとんどありませんが、30代に入ると一気に年収格差が広がることがあります。「気づけば同期よりも数百万円の差が生まれていた」ということもあります。

現年収に満足されていない方は、転職という選択肢を考えてみてはいかがでしょうか?

転職市場では、30代をターゲットにした求人が一番多いので、年収アップが期待できます。しかし、40代以上になると、一気に求人数が減ってしまうため、30代は転職時期としてベストな時期なのです。

30代で転職をされている方のほとんどが年収アップしています。特に30代前半の人材ニーズが高いので、転職を考えている30代の方は、早めに準備をされることをおすすめします。

30代で年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

30代で年収アップを目指している方におすすめしているのが、下記の転職サービスです。有名な転職サービスばかりなので、ハズれはありません。

たまに知名度の低い転職サービスに登録されている方がいますが、求人数やサポートの質を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:JACリクルートメント
2位:リクルートエージェント
3位:ビズリーチ
4位:キャリアカーバー
必須:リクナビNEXT

第1位:JACリクルートメント

【おすすめ度】
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。知名度はそこまで高くはないですが、業界内では非常に評判が良いです。

人材紹介事業においては、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。年収500万円〜1000万円以上の方で、年収アップを目指している方に非常におすすめです。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数 1万5,000件以上
特徴 ・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内第3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍

第2位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営しており、転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。(利用者の60%以上が年収アップの実績)

ミドルクラスからハイクラスまで幅広く求人を網羅しているので、あなたに合った求人が必ず見つかるはずです。他の転職サービスと合わせて登録することをおすすめします。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

第3位:ビズリーチ

【おすすめ度】
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

年収アップを目指している方であれば、必ず登録しておきたいのがビズリーチです。会員数は100万人を突破しており、満足度の高いハイクラス向け転職サービスです。

高年収求人をメインに掲載しているので、年収500万円〜1000万円以上の方で、年収アップを目指している方に非常におすすめです。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

ビズリーチの評判と登録すべき人の特徴【実際に登録してみた】

対応地域 全国
探せる職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数 多い
特徴 ・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる

4位:キャリアカーバー

【おすすめ度】
【公式HP】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サービスです。リクルートエージェントのハイクラス版と考えるとわかりやすいでしょう。

リクルートキャリアが提携するヘッドハンターの中から、自分に合うヘッドハンターを選び、転職活動の支援を受けることができます。年収500万円〜1000万円以上の方で年収アップを目指している方におすすめです。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

キャリアカーバーの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数 多い
特徴 ・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

必須:リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、リクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方の中には、利用されている方も多いのではないでしょうか。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思いますよ。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・転職者の約8割が登録
・転職決定数No.1
・約9割が正社員求人
・約85%の求人がリクナビNEXTの限定求人

・毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップ
・スカウト機能

・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

おわりに

最後までご覧いただき、ありがとうございます。最後に年収300〜1500万円の手取り額と割合をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

※割合については、平成28年度の民間給与実態統計調査をもとにしています。

年収300万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約255万円
手取り額(独身):約240万円

【割合(年収300〜400万円)】
男女合計:17.5%

男性:18.3%
女性:16.5%

年収300万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収350万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約295万円
手取り額(独身):約290万円

【割合(年収300〜400万円)】
男女合計:17.5%

男性:18.3%
女性:16.5%

年収350万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収400万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約333万円

手取り額(独身):約320万円

【割合(年収400〜500万円)】
男女合計:14.3%

男性:17.5%
女性:9.7%

年収400万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収450万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約370万円
手取り額(独身):約365万円

【割合(年収400〜500万円)】
男女合計:14.3%
男性:17.5%
女性:9.7%

年収450万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収500万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約410万円
手取り額(独身):約390万円

【割合(年収500〜600万円)】
男女合計:9.6%
男性:12.8%
女性:5.0%

年収500万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収550万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約450万円
手取り額(独身):約440万円

【割合(年収500〜600万円)】
男女合計:9.6%
男性:12.8%
女性:5.0%

年収550万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収600万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約490万円
手取り額(独身):約470万円

【割合(年収600〜700万円)】
男女合計:6.0%
男性:8.5%
女性:2.3%

年収600万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収650万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約520万円
手取り額(独身):約515万円

【割合(年収600〜700万円)】
男女合計:6.0%
男性:8.5%
女性:2.3%

年収650万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収700万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約560万円
手取り額(独身):約530万円

【割合(年収700〜800万円)】
男女合計:4.1%
男性:6.1%
女性:1.4%

年収700万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収750万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約590万円
手取り額(独身):約580万円

【割合(年収700〜800万円)】
男女合計:4.1%
男性:6.1%
女性:1.4%

年収750万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収800万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約630万円
手取り額(独身):約600万円

【割合(年収800〜900万円)】
男女合計:2.8%
男性:4.2%
女性:0.7%

年収800万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収850万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約660万円
手取り額(独身):約650万円

【割合(年収800〜900万円)】
男女合計:2.8%
男性:4.2%
女性:0.7%

年収850万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収900万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約690万円
手取り額(独身):約660万円

【割合(年収900〜1,000万円)】
男女合計:1.9%
男性:2.9%
女性:0.4%

年収900万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収950万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約725万円
手取り額(独身):約710万円

【割合(年収900〜1,000万円)】
男女合計:1.9%
男性:2.9%
女性:0.4%

年収950万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1000万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約760万円
手取り額(独身):約730万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1000万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1100万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約820万円
手取り額(独身):約790万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1100万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1200万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約880万円
手取り額(独身):約850万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1200万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1300万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約950万円
手取り額(独身):約920万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1300万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1400万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約1010万円
手取り額(独身):約960万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1400万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1500万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約1040万円
手取り額(独身):約1010万円

【割合(年収1,500〜2,000万円)】
男女合計:0.7%
男性:1.1%
女性:0.2%

年収1500万円サラリーマンの手取り額と生活レベル


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。