転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

月収40万円の手取り額は?【所得税と住民税の計算方法も解説】

月収40万円の手取り額は30〜32万円です。

このページでは、「月収40万円の手取り額」はもちろん、「月収40万円の生活レベル」や「月収40万円の割合」について解説しているので、参考になる情報がきっと見つかるはずです。

※各種データは『国民生活基礎調査』『民間給与実態統計調査』『総務省統計局の家計調査』を参照しています

月収40万円の手取り額

額面月収
40万円
※控除前
手取り月収
30〜32万円
※控除後

月収40万円の手取り額は30〜32万円です。(手取り月収は、額面月収の70〜80%程度と考えるとわかりやすいです)ちなみに、下記条件で試算すると「311,158円」となりました。

・30歳男性 独身
・月収40万円
・東京都渋谷区在住
・扶養家族なし
・雇用保険は一般事業者

月収40万円の手取り内訳
総支給額 400,000
健康保険 20,295
介護保険 0
厚生年金 37,515
雇用保険 1,200
所得税 10,541
住民税 19,291
手取り額 311,158

月収40万円の所得税の計算方法

所得税は、下記公式に当てはめれば2ステップで計算することができます。

所得税の計算方法をより詳しく知りたい方は、所得税の計算方法を2ステップで解説【会社員/主婦パート/アルバイト】を参照ください。

【所得税の公式】
課税所得×税率−税額控除額=所得税

ステップ①:課税所得を求める

年収480万円(※1)ー基礎控除38万円ー給与所得控除150万円ー社会保険料控除68万円(※2)=224万円

ステップ②:所得税を求める

課税所得224万円×税率10%ー控除額9.75万円(※3)=12.65万円(月額10,541円)

※1 月収40万円×12ヶ月=480万円
※2 所得控除額は人により異なります
※3 税率と控除額は下表を参照

 課税所得 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円〜330万円以下 10% 97,500円
330万円〜695万円以下 20% 427,500円
695万円〜900万円以下 23% 636,000円
900万円〜1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円以上 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

※出典:国税庁

月収40万円の住民税の計算方法

住民税は、下記公式に当てはめれば3ステップで計算することができます。ここでは東京都渋谷区の住民税(均等割額:5,000円、所得割率:10%)で計算します。

住民税の計算方法をより詳しく知りたい方は、 住民税の計算方法を3ステップでわかりやすく解説を参照ください。

【住民税の公式】
均等割額+所得割額ー調整控除額=住民税

ステップ①:均等割額を求める

東京都渋谷区は一律で5,000円

ステップ②:所得割額を求める

課税所得229万円(※1)×所得割率10%(※2)=229,000円

ステップ③:住民税を求める

均等割額5,000円+所得割額229,000円ー調整控除額2,500円=231,500円(月額19,291円)

※1 課税所得は「年収480万円ー基礎控除33万円ー給与所得控除150万円ー社会保険料控除68万円=229万円」で計算
※2 東京都渋谷区の所得割率は10%

月収40万円の生活レベル

月収40万円の一人暮らしの例をご紹介します。額面月収は40万円で手取り月収は31万円です。家族持ちでも、一人暮らしでも、余裕のある生活ができます。

① 家賃:9万3,000円

② 食費:4万6,000円

③ 水道光熱費:1万5,000円

出費 金額
家賃 ¥93,000
水道光熱費 ¥15,000
食費 ¥46,000
通信費 ¥15,000
交通費 ¥7,000
医療費 ¥5,000
日用品 ¥4,000
交際費 ¥35,000
趣味・娯楽 ¥15,000
衣料品 ¥15,000
貯金 ¥60,000
合計 ¥310,000

月収40万円に適切な生活レベル

生活費:手取り月収の6割

生活費は手取り月収の6割に収めると良いでしょう。月収40万円の場合、手取り月収は約31万円なので、生活費は18.6万円以内に収めましょう。

<生活費>
・家賃(手取り×30%)
・水道光熱費(手取り×5%)
・食費(手取り×15%)
・通信費(手取り×5%)
・交通費
・医療費
・日用品

娯楽費:手取り月収の2割

娯楽費は手取り月収の2割に収めると良いでしょう。月収40万円の場合、手取り月収は約31万円なので、娯楽費は6.2万円以内に収めましょう。

<娯楽費>
・交際費(手取り×10%)
・娯楽・趣味(手取り×5%)
・衣料品(手取り×5%)

貯金:手取り月収の2割

貯金は手取り月収の2割が適切です。月収40万円の場合、手取り月収は約31万円なので、6.2万円を貯金できればバランスの良い家計と言えます。

月収40万円の家賃

額面月収
40万円
※控除前
家賃
9〜9.6万円
※手取り×30%

家賃は、「手取りの30%」が良いと言われています。先述したとおり、月収40万円の手取り額は「30〜32万円」なので、家賃は「9万円〜9.6万円」が最適と言えるでしょう。

月収別の家賃

額面月収 家賃
月収40万円 9〜9.6万円
月収41万円 9.3〜9.7万円
月収42万円 9.6〜10万円
月収43万円 9.9〜10.3万円
月収44万円 10〜10.5万円
月収45万円 10.3〜10.8万円
月収46万円 10.5〜10.9万円
月収47万円 10.6〜11万円
月収48万円 10.9〜11.4万円
月収49万円 11.1〜11.5万円
月収50万円 11.4〜12万円

※月収の手取り額を算出し「月収の手取り×30%」で計算

月収40万円の割合

月収40万円は、単純計算すると年収480万円。ここでは、年収400〜500万円の割合を「全体」「男性」「女性」に分けて解説します。年収データに関しては、国税庁が公表している『民間給与実態統計調査(平成29年度)』を参照しています。

全体の割合

年収400万円〜年収500万円の割合
年収400万円〜年収500万円の全体の割合は「14.8%」

全体の割合を見ると、「年収400〜500万円」の割合が3番目に多いことがわかります。また、年収400万円以下の割合を合計すると「55.2%」なので、全体の半分以上が年収400万円以下ということになります。

男性の割合

男性の年収400万円〜500万円の割合
年収400万円〜年収500万円の男性の割合は「17.7%」

男性の割合を見ると、「年収400〜500万円」の割合が2番目に多いことがわかります。また、年収400万円以下の割合を合計すると「39.5%」なので、男性の3人に1人が年収400万円以下ということになります。

女性の割合

女性の年収400万円〜年収500万円の割合
年収400万円〜年収500万円の女性の割合は「10.4%」

女性の割合を見ると、「年収400〜500万円」の割合が5番目に多いことがわかります。また、年収400万円以下の割合を合計すると「78.3%」なので、女性の約8割が年収400万円以下ということになります。

月収40万円の仕事

業界・職種によって月収は異なります。そのため、月収40万円の仕事はどこの業界・職種にも無数にあります。ここでは、「職種別の平均年収ランキング」と「業界別の平均年収ランキング」を参照します。

年収が高い「IT業界」

業界的にも職種的にも年収が高いのが「IT業界」です。特に、エンジニア職の人材ニーズは高まっており、大企業から有名ベンチャー企業から引く手あまたです。

「自分には関係ない」と思った方。それは間違いです。最近では、未経験歓迎のIT企業が増えてきました。また、未経験からプロのエンジニアになれるプログラミングスクールも増えています。

例えば、業界最大級のTECH::EXPERT(テックエキスパート)は未経験からプログラミングを学べて、転職のサポートも受けられるサービスです。有名企業への「NewsPicks(ニューズピックス)」や「チームラボ」などの超有名企業に転職しています。

職種別の平均年収ランキング

職種別の平均年収ランキングを見ると、

  1. 専門職
  2. 企画/管理系
  3. 技術系(電機/電子/機械)
  4. 技術系(IT/通信)
  5. 営業系

という順位になっています。

順位 職種分類 平均年収
全体 男性 女性
1 専門職
(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)
588 624 494
2 企画/管理系 510 559 433
3 技術系
(電気/電子/機械)
467 474 377
4 技術系
(IT/通信)
456 471 395
5 営業系 444 468 377
6 金融系専門職 416 566 351
7 技術系
(建築/土木)
415 426 352
8 技術系
(メディカル/化学/食品)
400 432 357
9 クリエイティブ系 379 412 346
10 事務/アシスタント系 330 384 314
11 販売/サービス系 327 352 296

出典:doda

業界別の平均年収ランキング

職種別の平均年収ランキングを見ると、

  1. IT/通信
  2. 総合商社
  3. メーカー
  4. メディカル
  5. 金融

という順位になっています。

順位 職種分類 平均年収
全体 男性 女性
1 IT/通信 461 488 391
2 総合商社 461 510 375
3 メーカー 456 489 366
4 メディカル 450 529 363
5 金融 446 535 365
6 建設/プラント/不動産 418 449 344
7 インターネット/広告/メディア 412 451 365
8 専門商社 406 438 341
9 サービス 376 411 332
10 小売/外食 355 388 308

出典:doda

業界別の40歳の平均モデル年収

業界別の40歳の平均モデル年収を見ると、

  1. コンサルティング
  2. 総合商社
  3. 放送
  4. 携帯電話事業者
  5. 投資事業・投資ファンド

という順位になっています。

順位 業界 40歳モデル平均年収(万円)
1 コンサルティング 1,316
2 総合商社 1,232
3 放送 879
4 携帯電話事業者 839
5 投資事業・投資ファンド 815
6 メガバンク 798
7 石油 784
8 海運 776
9 証券 755
10 総合重機 745

順位 業界 40歳モデル平均年収(万円)
11 医薬品 731
12 自動車 723
13 電機・家電大手 706
14 複写機・プリンタ 702
15 映画・アニメ 695
16 トイレタリー(日用品) 690
17 飲料・酒類 689
18 損害保険 673
19 建設 671
20 パチンコ・パチスロ 648
21 不動産・住宅・マンション 647
22 倉庫 636
23 生命保険 633
化学 633
25 広告 632
26 ゲーム 629
27 ITサービス、ソフトウェア 627
28 工作機械 626
29 Webサービス 624
30 半導体製造装置 622
31 建設機械 612
32 ネット広告 609
33 電子部品 608
34 自動車部品 602
35 創薬ベンチャー 601
業界平均 600
36 ネット通販 600
37 医療機器 598
38 鉄道(JR・民鉄) 597
39 鉄道車両 594
鉄鋼・非鉄金属 594
41 化粧品 585
42 産業機械 583
43 食品 573
44 文房具・事務用品 556
45 通販 537
カー用品 537
47 スポーツ・フィットネス 536
48 ドラッグストア 527
コンビニエンスストア 527
教育・学習塾 527
51 人材サービス 522
52 旅行 519
53 レジャー・テーマパーク 518
54 陸運 500
繊維・アパレル 500
56 スーパー 493
57 外食 491
58 中古車 488
59 ホームセンター/ディスカウントストア 485
60 家電量販店 482
61 リサイクル・中古 466
62 ホテル 464
63 百貨店 452
64 介護 401

出典:東洋経済『40歳年収「64業界別」ランキング』

月収アップする3つの方法

現実的に考えると、年収アップする方法は3つです。

  1. 昇進する
  2. 副業する
  3. 転職する

1.昇進する

年収アップするためには、「昇進」が一番着手しやすいです。しかし、年功序列の会社にお勤めの方にとっては、非常に長い道のりになります。

やはり、すぐに年収アップをしたいなら「副業」または「転職」がおすすめです。ちなみに、私が転職支援をさせて頂いた方の中で、素晴らしい成果を上げている人の特徴は下記です。

  • 聞き上手
  • 忍耐力がある
  • 社内外の人脈がある
  • できる理由を常に考える
  • 上司から信頼されている

2.副業する

「年収アップしたい」という方に一番勧めているのが「副業」です。

私は元リクルートの転職エージェントですが、リクルート在職中に「株式投資」や「アフィリエイト」「不動産投資」など、数多くの副業をやりました。あるタイミングで、副業年収が本業年収を上回りました。

最近では、副業をされている方が増えているので、年収アップしたい方は「副業」を検討してみてください。ちなみに、私がやっていた副業は下記です。

  • 株式投資・FX
  • 不動産投資
  • アフィリエイト
  • せどり
  • ブログ

3.転職する

年収をアップさせるために一番おすすめしているのが、「転職」です。どこの企業も人手不足が続いているので、年収相場が高い求人が多く出回っています。

実際に、売り手市場の現在、転職をして年収アップを実現させている方は多いです。2人に1人が転職をしている時代なので、転職経験がない方も検討してみてはいかがでしょうか。

月収アップを目指している方におすすめの転職サービス

月収アップを目指している方におすすめしているのが、下記の転職サービスです。有名な転職サービスばかりなので、ハズれはありません。

元リクルートの転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:JACリクルートメント
2位:リクルートエージェント
3位:ビズリーチ
4位:キャリアカーバー
必須:リクナビNEXT

1位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

【おすすめ度】
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。人材紹介事業において、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。

高年収求人をメインに扱っており、年収アップを目指している方にとっては、必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数 1万5,000件以上
特徴 ・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内第3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍

2位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

3位:ビズリーチ

ビズリーチ

【おすすめ度】
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、会員数は100万人を超えるハイクラス向け転職サービスです。優秀な人材と質の高い求人が集まっているため、マッチング率が非常に高く、日本を代表する企業もビズリーチで採用募集を行っています。

有料会員と無料会員がありますが、無料でも求人を閲覧できます。年収500万円以上の求人がまとまっているので、ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

ビズリーチの評判と登録すべき人の特徴【実際に登録してみた】

対応地域 全国
探せる職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数 10万件以上
特徴 ・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる

4位:キャリアカーバー

キャリアカーバー

【おすすめ度】
【公式HP】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サービスです。リクルートエージェントのハイクラス版と考えるとわかりやすいでしょう。

高年収求人がまとまっているので、年収500万円以上の方にとっては、非常に便利なサービスとなっています。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

キャリアカーバーの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数 多い
特徴 ・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・転職者の約8割が登録
・転職決定数No.1
・約9割が正社員求人
・約85%の求人がリクナビNEXTの限定求人

・毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップ
・スカウト機能

・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

おわりに

月収40万円の手取り額は「30〜32万円」ということがわかりました。所得税と住民税の計算方法は、非常に簡単なので、ご自身の手取り額を計算してみてください。

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。