タイの平均年収はいくら?【年収は約100万円です】


タイの平均年収は、地域格差が大きいため、平均年収にバラツキがあります。タイ国家統計局によると、タイの平均月収は、26,946バーツ(94,311円)です。これを年収に直すと、323,352バーツ(1,131,732円)になります。つまり、地域格差を考慮すると、タイの平均年収は約100万円と考えておくと良いでしょう。

タイの平均年収

タイの平均月収

出典:タイ国家統計局のHP

タイ国家統計局のデータ(2017年度)によると、タイの地域別の平均月収は下記のとおりです。

地域平均月収
タイ全土26,946バーツ(94,311円)
バンコク首都圏41,897バーツ(146,639円)
タイ中部27,042バーツ(94,647円)
タイ北部19,046バーツ(66,661円)
タイ北東部20,271バーツ(70,948円)
タイ南部26,913バーツ(94,195円)

※1バーツ=3.5円で計算

これを単純に年収に直すと、、、

地域平均月収
タイ全土323,352バーツ(1,131,732円)
バンコク首都圏502,764バーツ(1,759,674円)
タイ中部324,504バーツ(1,135,764円)
タイ北部228,552バーツ(799,932円)
タイ北東部243,252バーツ(851,382円)
タイ南部322,956バーツ(1,130,346円)

※1バーツ=3.5円で計算

タイの平均年収は地域格差が大きい

タイ国家統計局のデータのとおり、地域によって格差が非常に大きいことがわかります。

例えば、

  • バンコク首都圏:502,764バーツ(1,759,674円)
  • タイ北部:228,552バーツ(799,932円)

バンコク首都圏とタイ北部の平均年収を比較すると、約100万円の格差があります。タイはバンコクから離れるほど農業が盛んな地域が広がっているため、地域の所得格差が広がっているのです。

職業別の平均月収

営業・事務・経理

  • 大卒初任給:15,000〜20,000バーツ(52,500円〜70,000円)
  • スタッフ:18,000〜28,000バーツ(63,000円〜98,000円)
  • リーダークラス:25,000〜30,000バーツ(87,500円〜105,000円)
  • アシスタントマネージャー:25,000〜35,000バーツ(87,500円〜122,500円)
  • マネージャー:30,000〜50,000バーツ(105,000円〜175,000円)

エンジニア

  • 大卒初任給:15,000〜25,000バーツ(52,500円〜87,500円)
  • スタッフ:20,000〜30,000バーツ(70,000円〜105,000円)
  • リーダークラス:25,000〜35,000バーツ(87,500円〜122,500円)
  • アシスタントマネージャー:30,000〜50,000バーツ(105,000円〜175,000円)
  • マネージャー:40,000〜60,000バーツ(140,000円〜210,000円)

IT系職種

  • 大卒初任給:20,000〜30,000バーツ(70,000円〜105,000円)
  • スタッフ:25,000〜40,000バーツ(87,500円〜140,000円)
  • リーダークラス:30,000〜45,000バーツ(105,000円〜157,500円)
  • アシスタントマネージャー:30,000〜50,000バーツ(105,000円〜175,000円)
  • マネージャー:50,000〜100,000バーツ(175,000円〜350,000円)

日本語通訳

  • 大卒初任給:20,000〜25,000バーツ(70,000円〜87,500円)
  • スタッフ:30,000〜40,000バーツ(105,000円〜140,000円)
  • リーダークラス:30,000〜50,000バーツ(105,000円〜175,000円)
  • アシスタントマネージャー:50,000〜70,000バーツ(175,000円〜245,000円)
  • マネージャー:50,000〜80,000バーツ(175,000円〜280,000円)

補足:ワールドサラリーズのデータ

ワールドサラリーズのデータによると、職種別の平均月収は下記のとおりです。少し古いデータなので、平均月収に開きがあります。

職種平均月収
パイロット48,036バーツ
医師41,358バーツ
エンジニア32,655バーツ
歯科医31,325バーツ
会計士26,562バーツ
客室乗務員23,202バーツ
教授21,067バーツ
教師16,580バーツ
コンピュータプログラマー16,336バーツ
看護師15,295バーツ
事務員14,928バーツ
郵便配達員9,206バーツ
ホテル受付8,334バーツ
バス運転手7,654バーツ
自動車整備士6,530バーツ
営業6,118バーツ
理学療法士5,257バーツ
大工4,663バーツ

出典:Thailand Average Salaries & Expenditures

タイの働き方はどんな感じ?

タイで働いたことのない人にとって、異国の働き方は想像できませんよね。タイの働き方は日本と大きく異なるので、転職を考えている人は最低限知っておきましょう。

始業は8時くらい、終業は17時くらい

タイは、始業時間が8時または8時30分の企業が多いです。日本よりも始業が早いので、朝食はオフィスで食べたり、一度出社してから朝食を食べに外出をする慣習があります。

朝が早い分、終業時間は17時くらいが多く、ほとんどの方が残業をせずに帰宅します。タイでは、プライベートの時間を充実させる考え方が強くあるので、ワークライフバランスが取れている企業が多いです。

残業は絶対にしない!?

タイでは、残業をする人は少ないです。

17時以降は「自分の時間」という考え方の人が多いので、残業をすることはほとんどありません。日本とは、全然違いますね。。。羨ましい。

転職は当たり前!?

タイでは、転職する人は多いです。

本当に、タイの友人はすぐに転職をしています。「自分に合わないから」「もっと良い会社があるはず」という理由で、転職を繰り返しています。

これは完全に日本とは違う文化なので、驚きますね。

タイは女性進出がスゴイ!?

タイでは、女性で働いている人が多いです。

ある企業では、オフィスの90%以上が女性ということもザラにあります。東南アジアでは、女性の方が働き者です。

タイの物価はどれくらい?

タイに10回以上は行っているので、思い出せる範囲でタイの物価を紹介します。結論、タイの物価は結構高いです。。。

  1. 生活費
  2. 食費
  3. 移動費

1.生活費

家賃

家賃も地域によって大きく違います。

バンコクであれば、月5,000〜15,000バーツ(約17,500円〜52,500円)でコンドミニアム(日本で言うマンション)に住む人が多いです。バンコクの賃貸は、家具家電付きのコンドミニアムが多いので、非常に便利です。

水道代

水道代は、月200〜400バーツ(約700円〜1,400円)くらいです。賃貸によっては、月額500バーツのように定額制の物件もあります。

  • 一人暮らし:200〜300バーツ(約700円〜1,050円)
  • 家族:300バーツ以上(約1000円〜)

電気代

電気代は結構高いです。私が1ヶ月一人暮らしをしたときは、2,000バーツ(約7,000円)くらいでした。

  • 一人暮らし:1,000〜3,000バーツ(約3,500円〜10,500円)
  • 家族:2,000〜5,000バーツ(約7,000円〜17,500円)

通信費

通信費は、日本よりも安いです。

  • 携帯代:300〜600バーツ(約1,050円〜2,100円)
  • WiFi:フリーWiFiスポットが多いので契約していませんでした

2.食費

食費に関しては、現地のレストランや屋台に行けば浮かすことができますが、スタバやバーガーキングと言った有名フランチャイズ店は、日本と同水準の物価です。

  • 現地の屋台:50〜150バーツ(約175円〜525円)
  • 水:10〜15バーツ(約35円〜52円)
  • スターバックス:日本と変わらない金額
  • バーガーキング:日本と変わらない金額(日本よりも高い気がする…)

3.移動費

移動費に関しては、タクシーやトゥクトゥクを使えば高くなります。特に観光客には高い傾向にあります。Grab(配車サービス)を使えば、タクシーはぼったくられず安く利用できます。

  • タクシー:初乗り35バーツ(約120円〜)
  • 電車:BTSは15~52バーツ(約52円~182円)、MRTは16~42バーツ(約56円~147円)
  • トゥクトゥク:80バーツ以上(約280円〜)

タイに転職を考えるなら転職エージェントを利用しよう

タイに転職を考えている方は、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが付いて、あなたの転職をサポートしてくれます。

海外の転職はわからないことが多いので、一度相談してみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント転職支援実績No.1

ビズリーチ海外求人が多い

JACリクルートメント海外に拠点あり


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。