女性で年収500万円を稼ぐには?【経験談+インタビューあり】


「女性 稼げる 仕事」のように検索すると、、、

女性でも稼げる職業ランキングは下記の通りです。

1位:弁護士

2位:医師

3位:大学教授

4位:大学准教授

5位:歯科医師

6位:公認会計士・税理士

7位:記者

8位:客室乗務員

9位:まつげエクステ師独立

10位:学校教員

のような記事が多いですね。「知りたいのはこういうことじゃない、、、」これが本音だと思います。

このページでは、

について紹介します。年収アップするための、みなさんのヒントになれば幸いです。

年収500万円の女性の割合

女性の平均年収

年収500万円の女性の割合を知っていますか?

国税庁が公表している『民間給与実態統計調査(平成29年度)』によると、年収500〜600万円の割合は5.4%です。ちなみに、年収500万円以上の割合は11.3%です。

年収500〜600万円の割合は5.4%

年収500万円以上の割合は11.3% 

つまり、年収500万円の女性は上位11.3%ということになります。

年収500万円を稼ぐための方法

大企業に入社できれば、女性でも年収500万円を稼ぐことは可能です。例えば、私が新卒入社したリクルートキャリアという会社では、男性女性に限らず総合職であれば、2年目で年収500万円は到達します。

では、大企業じゃないと女性で年収500万円は難しいのか?

そんなことはないと思います。戦略的に年収アップを図れば女性でも年収500万円は可能です。現実的に考えると、年収アップする方法は3つです。

  1. 昇進
  2. 副業
  3. 転職

1.昇進

女性活躍社会になりつつある日本では、女性でも働きやすい会社が徐々に増えています。一昔前までは、出世競争において男性が優遇されることもありましたが、女性でも出世できる会社が多いのが事実。

例えば、私が中途採用支援を担当していた企業では、4つの事業部があり、そのうち3事業の部長が女性ということもありました。しかも、産休育休はもちろん、在宅も可能です。

このような企業が増えている現在、昇進することも年収500万円に到達するための一つの選択肢です。

2.副業

上記では、女性活躍社会の良いところばかりをお話しましたが、女性が働きやすい環境づくりが進んでいない企業が多いのも事実。

そのため、副業という選択肢を考える方も増えています。Twiterを見てみるとワーママで副業で稼がれている方が増えてきました。例えば、私が大好きなワーママブロガーのあずさんは代表例ですね。

「仕事」「家事」「副業」この3つを両立するのは非常に大変ですが、実戦している方もいます。

3.転職

昇進するのにも、副業するのにも、

大事なことは今の会社です。

例えば、「女性の昇進率が極端に低い会社」や「副業NG&残業時間が多い」のような会社に務めている方は、そもそも昇進も難しく、副業をすることもできません。

そのような会社にいる限り、年収500万円は難しいかもしれません。ただ、今は転職が当たり前の時代なので、女性が働きやすい環境の会社に転職することが比較的容易です。

大手企業だけでなく、ベンチャー企業でも、女性に優しい会社が増えています。これを機に、転職を考えるのもありだと思います。

年収500万円を稼いだ経験談

私の大学時代の同期に年収500万円を28歳で稼いでいる女性がいます。先日に飲みに行く機会があったので、インタビューさせていただきました。

  • 年収500万円を稼いだ方法
  • 年収500万円を稼ぐために意識したこと

年収500万円を稼いだ方法

──年収500万円×女性についての記事を書きたいので、ぜひインタビューさせてください!

何でも聞いてください!!

──まずは、失礼だけど「現在の年収」と「年収の内訳」を聞かせてください。

はい。

現在の年収は550万円くらい。年収の内訳は、本業で年収400万円くらいで、副業で年収150万円くらいです。

──本業と副業で年収500万円以上稼いでいるんですね。ちなみに、副業は何をやっているんですか?

副業は、ブログと少しだけ株式投資をやっています。メインはブログですね。

タカヒトさん(筆者)のセミナー?に参加してからブログを始めて、ようやく月10万円ちょっと稼げるようになった程度です。

──なるほど、ありがとうございます。笑 ちなみに、本業は何をやられているんですか?

本業は某人材系企業のアシスタントです。営業の方のサポート業務がメインです。そこの会社は、残業もほとんどないので、10時〜18時働いています。

退社してからは、飲みに行ったり、週2くらいで副業という感じです。

──非常にワークライフバランスが取りやすい会社ですね。羨ましい。。。

そうですね。今の会社の満足度は高いです。

副業をするとなると、ワークライフバランスが取れない企業では難しいので、会社選びは慎重にやりました。

──すごい戦略的。。。

そうですね。笑

年収500万円を稼ぐために意識したこと

──ここまで、年収500万円を稼いだ方法について聞かせて頂きましたが、年収500万円を稼ぐために意識したことはありますか?

女性で年収500万円以上稼ぐのって結構ハードルが高いと思っています。なので、会社に頼るのではなく、副業という選択肢をずっと考えていました。

これからは副業が当たり前になってくると思うので。

──なるほど、副業ありきで年収500万円を稼ごうと思ったんですね。副業はブログだけやっているんですか?

先ほどもお話しましたが、ブログと株式投資をやっています。ブログが軌道に乗ってからは、ブログ一本という感じですが。

ブログが軌道に乗るまでは、いろいろな副業にチャレンジしました。例えば、在宅でできるコールセンターだったり、せどりだったり。

本当にいろいろな副業を試しました。

──すごいバイタリティですね。

それくらい本気でやらないと稼げないと思ったし、Twitterなどもあって、情報収集はしやすかったんです。

今は、本当に便利な時代なので、副業で稼げるヒントはいっぱい転がっていると思いました。たまに詐欺とかもありますけどね。

──簡単に稼げるとか、初月30万円とかはだいたい詐欺案件だよね。

そうですね。笑

そういうものに騙されないための、リテラシーは付きましたね。

──いろいろ聞かせてくれてありがとうございます!じゃあ、飲みましょう!

こちらこそ、ありがとうございます。

ビールでいいですか?

女性におすすめの転職サービス

年収500万円を稼ぐためには、会社が選びが非常に重要です。

昇進を目指すにも、副業するにも、会社によってカルチャー&制度が違うので、あなたにとって働きやすい会社を選ぶ必要があります。

ここでは、女性の転職に強く、女性のキャリアアドバイザーが多い転職サービスを紹介しますね。

1位:パソナキャリア
2位:リクルートエージェント
3位:doda

1位:パソナキャリア

パソナキャリアは、女性の転職に強いことで定評のある転職エージェントです。

2016年に女性の活躍支援に特化した『女性活躍促進コンサルティングチーム』を発足しており、女性の転職に強いキャリアアドバイザーが多いのが特徴です。

「女性社員が活躍している事例」「産休・育休から復帰した女性の数」など、女性特有の転職事情に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるのは、女性にとっては非常にありがたいと思います。

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントの評判と特徴

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営する転職エージェントです。

「求人の質・量」「サポートの質」「実績」どれをとってもトップクラスです。また、女性のキャリアアドバイザーも多いので、女性の方でも安心して転職サポートを任せられます。

3位:doda

dodaは、転職エージェント業界2位の転職エージェントです。

リクルートエージェントと同じく、総合型の転職エージェントなので、求人の量も多く、キャリアアドバイザーの質も高いと思います。

転職において、重要なことは自分に合った求人に出会うことです。一つの転職サービスに絞るのではなく、最初は複数の転職サービスを利用して比較してみると良いと思いますよ。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。