個人事業主にアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードをおすすめする理由【経験談】


個人事業主として開業届けを出した後、多くの方が法人カードを検討すると思います。しかし、法人カードが多く、どれを選べばいいか迷う方は多いです。そもそも法人カードは必要なのか?と考えている方もいるかもしれません。

私も個人事業主として独立しているので、気持ちがすごくわかります。

結論、個人事業主に法人カードは必須であり、なかでもアメックスビジネスカードは個人事業主におすすめです。その理由は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはポイント還元率が高く、お得な特典が多い上に、開業1年未満の個人事業主でも審査が通りやすい法人カードだからです。

このページでは、法人カードは必要かだけでなく、法人カードを詳しく比較しているので、法人カード選びの参考になると思います。

個人事業主に法人カードが絶対に必要な理由

クレジットカード

個人事業主として開業届を出し、ビジネス用の銀行口座を開設したあとは、絶対に法人カードが必要です。

その理由は、経費精算が劇的に楽になるからです。

経費精算が劇的に楽になる理由

個人事業主になったら、毎年必ず確定申告を行う必要があります。確定申告を税理士に任せるにしろ、自分で行うにしろ、経費管理が必須になります。

現金で経費の支払いを行うと、必ず領収書を発行してもらい、日時を揃えて大切に保管しなければいけません。この領収書の整理が、非常に面倒で時間がかかります。また、領収書を紛失してしまえば経費が計上できませんし、整理を怠っていると、確定申告の時期にまとめて行う必要があります。

一方、法人カードで経費の支払いを行うと、毎月のカード明細が領収書の代わりとなります。確定申告の際には経費の証明として利用することができるため、領収書を整理・保管する手間が一切かかりません。また、法人カードと個人用カードを使い分けることにより、経費とプライベートがごちゃごちゃになることを防げます。

その他にも、個人事業主が法人カードを利用するメリットはたくさんあります。

  1. 急な出費に対応できる
    法人カードの限度額は高い場合が多いため、急な出費にも備えられます。また、公共料金から税金まで全て法人カード一枚で払うことができます。
  2. ポイントが付く
    法人カードを利用するとポイントがつきます。法人カードでは、仕入れや税金の納付など、利用頻度や使う金額が多いため、ポイントはどんどん貯まります。マイルにも変換できるため、現金よりもお得です。
  3. 様々な保険・保証がつく
    法人カードでは、国内・海外旅行保険や、キャンセル保証や返品保証が自動的につきます。
  4. ビジネスで利用できる特典が多い
    ビジネス情報のデータベース閲覧や、ビジネスラウンジの利用、交流会など、ビジネスで利用できる特典が多いです。
  5. コンシェルジュサービス
    人数や雰囲気を伝えるだけでレストランを探し出し、予約できるコンシェルジュサービスなどが無料で使えるカードもあります。

法人カードのデメリット

法人カードのデメリットは、下記2点です。

  • 年会費がかかる
  • 審査に通る必要がある

法人カードは、年会費がかかります。良質なサービスが付帯している法人カードであるほど、年会費は高いです。ちなみに、法人カードの年会費は経費として計上できるので大きなデメリットではありません。

また、法人カードは審査に通る必要があります。開業直後の個人事業主や法人だと審査が通らない場合もよくあることです。

経験談①:法人カードを使わない経費精算の地獄

私が個人事業主になった際、法人カードを発行せずに、現金と個人のクレジットカードを使って経費精算を行っていました。

初めは、毎月末にしっかりと確認し、管理をしていたのですが、徐々に面倒になり、数ヶ月後には放置。その結果、確定申告の時期にすべての領収書を整理しなければいけなくなり、それだけで2日間もかかってしまいました。無くしていた領収書も多く、損しかしませんでした。

法人カードさえあれば省ける無駄な労力であり、無意味な時間だったと気づき、それ以降法人カードを作りました。今では経費精算が劇的に楽になっています。

個人事業主が法人カードを選ぶ時のポイント

ビジネスマン

法人カードの種類が多く、どれを選べばいいかわからないという方が多いと思います。どうせなら、実用性が高くてお得な法人カードを利用したいですよね。

ここでは個人事業主が法人カード選ぶ基準について解説します。ポイントは、下記3点です。

  1. 審査に通りやすいか
  2. ポイント還元率
  3. 特典が自分にとって実用的かどうか

1.審査に通りやすいか

審査に通りやすいかどうかは、一つの大きなポイントです。

例えば、審査基準に「開業3年以上」がある場合、開業1年目の方が法人カードを申し込んでも時間の無駄です。そのため、自身の状況次第ではありますが、審査に通る可能性が高いカードを探す必要があります。

2.ポイント・マイル還元率

法人カードの種類によって、ポイント・マイル還元率はさまざまです。

例えば、「1000円につき1ポイント」のカードと「100円につき1ポイントのカード」があった場合、言うまでもなく後者がお得です。

1ポイントあたりのマイル還元率も0.25〜3%までさまざま。ポイント還元率とマイル還元率が高い法人カードを使えば、ただただカードを利用しているだけで無料で海外旅行に行けます。

3.特典が自分にとって実用的かどうか

特典が自分にとって実用的かどうかは、非常に大事です。クレジットカードにはさまざまな特典が付きますが、「本当に自分に必要な特典かどうか」を考える必要があります。

法人カードでは、基本的に下記ジャンルの特典が多いです。

  • 旅行損害保険
  • クレジットカードでの買い物保証
  • 空港サービス
  • 出張サービス
  • ビジネスサービス
  • コンシェルジュ

出張が多い方は、出張サービスの特典を重視するべきでしょう。一方で、出張がほとんどない人にとっては、出張サービスや空港サービスは不要です。自身のライフスタイルやビジネススタイルに沿った特典選びが大事になります。

以上を踏まえて、私が強くおすすめするのがアメックスビジネスカードです。

その理由は、アメックスビジネスカードはポイント還元率が高く、お得な特典が多い上に、開業1年未満の個人事業主でも審査が通りやすい法人カードだからです。

個人事業主にアメックスビジネスカードをおすすめする理由

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとは

アメックスビジネスカード
  • 年会費:13,200万円+税
  • ポイント:100円=1ポイント(メンバーシップ・リワード・プラス加入で100円=3ポイントの場合有)
  • マイル還元率:0.5〜1%
  • 設立1年以内でも審査が通りやすい
  • ショッピング保証:年間最高500万円

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとは、法人・個人事業主向けの法人カードです。ポイント・マイル還元率が高く、保険・保証金額も高い上に、ステータス的にも十分なカードと言えます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードをおすすめする理由

個人事業主の方にアメックスビジネスカードをおすすめする理由は、下記の4点です。

  1. 審査が通りやすい
  2. ポイント還元率・マイル還元率が高い
  3. 実用的な特典が多い
  4. 特に空港関連サービスがトップクラス

1.審査が通りやすい

アメックスビジネスカードは、一見審査が厳しいと思われがちですが、そんなことはありません。個人事業主の場合、開業直後であっても審査が通りやすいです。

なぜなら、アメックスビジネスカードのコンセプトが「ビジネスのスタート期から支える」だからです。そのため、アメックスビジネスカードは開業直後であっても審査が通りやすくなっています。

手続き自体も簡単。こちらから申し込めばオンラインで手続きが完了します。

2.ポイント還元率・マイル還元率が高い

アメックスビジネスカードは、ポイント還元率・マイル還元率が高いです。基本的に、法人カードのポイント還元率は1%以下が多いですが、アメックスビジネスカードでは1%のポイント還元率があります。

また、年間参加費3,000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入すると、特定のオンライン加盟店で100円=3ポイントが溜まります。非常にお得です。

3.実用的な特典が多い

アメックスビジネスカードには実用的な特典が多いです。

出張サポートや福利厚生プログラム、ショッピング保証が充実しており、どのような人でも満足できる特典が揃っています。

特におすすめなのがビジネスサポート。日本最大規模のデータベースが無料で使えるほか、ビジネス情報調査代行やコンサルティングも行ってくれます。

特典の具体的な情報は、下記章の『「アメックスビジネスカード」と「アメックスビジネスゴールカード」の比較』で詳しく解説しています。

4.特に空港関連サービスがトップクラス

アメックスビジネスカードは、特に空港関連サービスが他の法人カードと比べて圧倒的に優れています。上位カードである「アメックスビジネスゴールドカード」と比べても遜色がありません。

詳しくは下記で解説していますが、空港ラウンジの利用はもちろん、送迎サービスやポーターサービスなど、ワンランク上の空港サービスが提供されるため、空港利用頻度が高い人は、特に強くおすすめします。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックスビジネスゴールドカード
  • 年会費:34,100万円+税
  • ポイント:100円=1ポイント(メンバーシップ・リワード・プラス加入で100円=3ポイントの場合有)
  • マイル還元率はNo.1:0.5〜3.0%
  • 設立1年以内でも審査が通りやすい
  • レストラン提案・予約代行のコンシェルジュ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードには、上位カードの「アメックスビジネスゴールドカード」もあります。年会費が倍以上しますが、その分特典が非常に充実しています。加えて、アメックスビジネスゴールドカードを持っているだけで一目置かれるステータスが手に入ります。

なかでもおすすめなのが、コンシェルジュサービス。会食や接待から、プライベートの食事においても利用できるレストラン提案・予約代行は非常に便利です。人数、場所、雰囲気、予算、料理ジャンル、日時を伝えるだけで、的確なレストランを提案してくれます。

その他、ワイン提案・購入代行やヘルスケア相談などのコンシェルジュサービスが非常に充実しており、年会費分の価値はあります。

「アメックスビジネス」と「アメックスビジネスゴールド」の比較

先述した通り、アメックスには通常の『アメックスビジネスカード』の他に『アメックスビジネスゴールドカード』もあります。年会費は高くなりますが、その分特典も大きくグレードアップします。

それぞれの具体的な特典内容を徹底比較するために、6つのカテゴリーごとに表にまとめました。

  1. 基本情報
  2. 旅行損害保険
  3. 保証(プロテクション)
  4. 空港サービス
  5. コンシェルジュ
  6. ポイント

1.基本情報

アメックスビジネスカードとアメックスビジネスゴールドカードでは、年会費に2万円程度の差があります。差は大きいですが、基本的な特典に大きな差はありません。

ただし、アメックスビジネスゴールドカードは、より特別な値段に見合う特典が大きくついています。具体的な特典の違いについては、下記以降の表を参考にしてください。

 アメックスビジネスカードアメックスビジネスゴールドカード
アメックスビジネスカードアメックスゴールドビジネスカード
年会費年会費13,200円+税年会費34,100円+税
限度額審査によって変動審査によって変動
追加カード年会費6,600円13,200円
ETC発行枚数5枚
ETC年会費500円

2.旅行損害保険

旅行損害保険では、海外旅行保険の最高額と、国内航空機遅延費用の有無に違いがあります。

ちなみに、自動付帯とはカードを保持しているだけで自動的に付帯される保険で、利用付帯とはカードを利用することで付帯される保険です。

アメックスビジネスカードアメックスビジネスゴールドカード
アメックスビジネスカードアメックスゴールドビジネスカード
海外旅行保険利用付帯:最高5,000万円
適用範囲:配偶者、生計を共にする子供・両親
自動付帯:最高5,000万円
利用付帯:最高1億円
適用範囲:配偶者、生計を共にする子供・両親
国内旅行保険最高5,000万円
国内航空機遅延費用なしカードでチケットを購入した航空便で遅延・欠航が生じた際、臨時の宿泊料金や食事代を負担。手荷物の遅延や紛失も補填。

3.保証(プロテクション)

保証(プロテクション)については、キャンセル保証の有無のみが異なります。

アメックスビジネスカードアメックスビジネスゴールドカード
アメックスビジネスカードアメックスゴールドビジネスカード
キャンセル料保証なしカードで購入したサービスをキャンセルした際、キャンセル費用を保証(保証限度額:年間最高10万円まで)
オンライン保証インターネット上での不正使用による損害を全額保証
返品保証カードで購入した商品の返品を保証。
(購入店が返品を受けつけない場合・購入日から90日以内)
保証限度額:1商品につき最高3万円相当額まで・1会員口座につき年間最高15万相当額まで
ショッピング保証カードで購入した商品の破損・損害を保証(購入日から90日間)
保証限度額:1名年間最高500万円まで

4.空港サービス

空港サービスについては、アメックスビジネスカードだけの特典でも非常に充実しています。アメックスビジネスゴールドカードでは、より特別感のある特典がついてきます。

アメックスビジネスカードアメックスビジネスゴールドカード
アメックスビジネスカードアメックスゴールドビジネスカード
空港ラウンジ会員と同伴者1名まで無料で利用可能
法人専用運賃国内線の搭乗直前まで予約、変更、キャンセルできる法人専用運賃「eビジネス6」が利用可能
海外出張先24時間日本語サポートレストラン選び、ゴルフ場予約、旅程変更、病気・怪我などを24時間日本語で無料サポート
エアポート送迎サービスなし海外出張の出発・帰国時の送迎サービス。MKタクシーをチャーターし、送迎を割安定額料金で利用可能
手荷物無料宅配サービス海外出張の際、出発・帰国時にスーツケース1個を無料で配送。(カード会員1名につき1個)
手荷物ホテル当日宅配サービスなし東京駅、新宿駅、博多駅の宅配カウンターで、カード会員1名につき1個の手荷物をホテルへ無料配送
空港クロークあり
無料ポーターサービス出発時や帰国時に、専任スタッフが荷物を運んでくれます

5.コンシェルジュ

アメックスビジネスカードとアメックスビジネスゴールドカードの一番の大きな違いは、コンシェルジュサービスの有無です。

アメックスビジネスゴールドカードには、飲食店予約、ヘルスケア相談、ワインクラブなど非常に実用的で充実したコンシェルジュサービスが付帯されています。

アメックスビジネスカードアメックスビジネスゴールドカード
アメックスビジネスカードアメックスゴールドビジネスカード
飲食店予約なしエリア・予算・人数に合わせて、会食や接待などで利用できるレストランをコンシェルジュが提案・予約代行
ヘルスケア無料相談なし食事、運動、健康維持に関する相談・医療機関の紹介(24時間365日可能)
ワインクラブなし・入手困難なワインや、季節のおすすめワインをコンシェルジュが紹介、購入可能
・ワインに関する質問もソムリエが回答

6.ポイント

アメックスビジネスカードとアメックスビジネスゴールドカードのポイント率は同じです。一方で、マイレージ還元率では上限に大きな差があります。

アメックスビジネスカードアメックスビジネスゴールドカード
アメックスビジネスカードアメックスゴールドビジネスカード
ポイント率100円=1ポイント(メンバーシップ・リワード・プラス加入で100円=3ポイントの場合有)
マイレージ還元率0.5〜1.0%0.5〜3.0%

「アメックスビジネス」と「アメックスビジネスゴールド」の選択基準

クレジットカード

アメックスビジネスカードとアメックスビジネスゴールドカードの性能を細かく比較してみました。ここでは、「でも結局よくわからない!」「やっぱり迷ってしまう!」という方向けに、選択基準を解説いたします。

  1. 審査基準
  2. マイルを重視するかどうか
  3. コンシェルジュサービスを利用したいか

1.審査基準

アメックスビジネスカードと同様に、アメックスビジネスゴールドカードも審査が通りやすいです。開業1年未満でも審査が通ります。しかし、アメックスビジネスカードと比べるとやはり厳しく、10人申請すると2-3人は落ちるイメージです。

自身の業績や財務状況、過去の滞納などが心配な場合、一度ダメ元でアメックスビジネスゴールドカードに申請してみるのも一つの手ではありますが、すぐに法人カードが手元に欲しい方は、アメックスビジネスカードを選ぶべきです。

2.マイルを重視するかどうか

マイルを貯めることを重視する方は、アメックスビジネスゴールドカードがおすすめです。

航空会社や追加加入サービスによって異なりますが、アメックスビジネスゴールドカードのマイル還元率の上限は3%。この還元率は、法人カードの中ではNO.1です。

3.コンシェルジュサービスを利用したいか

アメックスビジネスカードとアメックスビジネスゴールドカードの特典の大きな違いは、コンシェルジュサービスの有無です。

コンシェルジュサービスは非常に便利です。特に飲食店予約は私も多用しており、接待や会食、プライベートの食事の際に欠かせないサービスになっています。コンシェルジュサービスを利用すると、そのレストランでも特典があることも多く、食事が好きな人にとっては必ず利用してもらいたいサービスです。

コンシェルジュサービスに魅力を感じない方は、アメックスビジネスゴールドを使う必要はないと判断してもいいかもしれません。

経験談②:個人的なおすすめは断然「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」

個人的なおすすめは、断然「アメックスビジネスゴールドカード」です。繰り返しになりますが、コンシェルジュサービスが非常に優秀です。あまりオシャレなお店や雰囲気のいいお店を知らなかったため、接待・会食・プライベートの食事の際にはいつも苦労をしていました。

一方で、コンシェルジュサービスを使えば要望だけ伝えればそれで終わり。レストランごとに特典があることも多く、料金が安くなったりサービス料理が出てきたりするため、非常に便利です。

アメックスビジネスカードとその他ビジネスカードの比較

アメックスビジネスカードと、その他の主要法人カードの重要項目についても比較しました。

結論、「特典や保険、保証に全く興味がない」という方以外は、アメックス系の法人カードが一番おすすめです。保険や保証については、アメックスが一番充実しています。

年会費は他の法人カードに比べて高額ですが、特典や保証を利用すれば十分に元が取れます。「特典や保険、保証に全く興味がない」という方でしたら、年会費の安い『JCB法人カード』か『三井住友ビジネスクラシックカード』をおすすめします。

年会費ポイントコンシェルジュビジネスサービス空港サービス審査
アメックスビジネスカードアメックスビジネスカード13,200円+税100円=1ポイント×簡単
アメックスゴールドビジネスカードアメックスビジネスゴールド34,100円+税100円=1ポイント普通
JCB法人カードJCB法人カード1,250円+税100円=1ポイント××簡単
JCB法人ゴールドカードJCB法人ゴールドカード10,000円+税100円=1ポイント×普通
三井住友ビジネスクラシックカード三井住友ビジネスクラシックカード1,250円+税1,000円=1ポイント×簡単
三井住友ビジネスゴールドカード三井住友ビジネスゴールドカード10,000円+税1,000円=1ポイント×普通
ダイナースクラブビジネスカードダイナースクラブビジネスカード27,000円+税100円=1ポイント厳しめ

まとめ

このページでは、個人事業主に法人カードが絶対に必要な理由と、個人事業主におすすめの法人カードであるアメックスビジネスカード・アメックスビジネスゴールドカードについて説明しました。

改めて重要なことをまとめると、下記の通りです。

■個人事業主に法人カードが絶対に必要な理由
経費精算が劇的に楽になる。

■個人事業主が法人カードを選ぶ時のポイント
・審査に通りやすいか
・ポイント還元率
・特典が自分にとって実用的かどうか
・年会費と特典のコスパ

■アメックスビジネスカードをおすすめする理由
・審査が通りやすい
・ポイント還元率・マイル還元率が高い
・実用的な特典が多い
・特に空港関連サービスがトップクラス

■特にアメックスビジネスゴールドカードをおすすめする理由
・実用的なコンシェルジュサービス
・グレードアップした特典
・マイル還元率NO.1

個人事業主にとって、法人カードは必須です。どうせ法人カードを持つのなら、実用的な特典が充実している法人カードを利用しましょう。アメックスビジネスカードシリーズは非常に優秀なため、おすすめいたします。


この記事をかいた人

    元リクルートの転職エージェント/趣味は音楽、読書、半身浴ともっぱらのインドア系
    ■当サイトに関する注意事項
    • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
    • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
    • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
    • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。