カゴメの平均年収はいくら?【職種別や社長の年収についても解説】


カゴメの平均年収

日本の大手総合食品飲料メーカーである、カゴメの平均年収は773万円です。このページでは、そんなカゴメの年収を「取締役・社長」「年齢別」「職種別」で詳しく解説します。

カゴメの平均年収

平均年収
773万円
※有価証券報告書
月収
51.5万円
※平均年収から算出

カゴメの平均年収は773万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、カゴメの平均年収は約1.7倍だということがわかります。

  • カゴメの平均年収:773万円
  • 平均年収:432万円

カゴメの平均年収の推移

カゴメの有価証券報告書を見ると、700万円代を推移していることがわかります。年度によって変動の幅が大きいことがありますが、業績に連動する賞与に左右されていると考えられます。

ここ数年は700万円代後半を推移しており、今後は平均年収800万円超えも視野に入っています。

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2018年773万円41.217.81,592
2017年785万円41.217.51,564
2016年742万円40.917.31,570
2015年698万円40.817.21,641
2014年726万円40.617.01,644
2013年754万円40.117.21,561

出典:有価証券報告書

カゴメの平均年収は何位?(2017年度)

カゴメの平均年収ランキングは365位でした。

ちなみに、平均年収ランキングトップ100には、

  • M&A仲介会社
  • 投資会社
  • 商社
  • 放送会社のホールディングス
  • 金融系企業

などの業界に属する会社が連ねています。

順位社名平均年収平均年齢本社所在地
1M&Aキャピタルパートナーズ2,99431.5東京都
2キーエンス2,08835.9大阪府
3マーキュリアインベストメント1,82241.0東京都
4TBSホールディングス1,63251.5東京都
5GCA1,55937.3東京都
6三菱商事1,54042.7東京都
7ストライク1,53936.2東京都
8ヒューリック1,53039.8東京都
9朝日放送グループホールディングス1,47843.6大阪府
10日本テレビホールディングス1,46148.6東京都

順位社名平均年収平均年齢本社所在地
11伊藤忠商事1,46041.6大阪府
12野村ホールディングス1,45542.4東京都
13三菱ケミカルホールディングス1,44046.1東京都
14三井物産1,41942.1東京都
15テレビ東京ホールディングス1,39247.0東京都
16スクウェア・エニックス・ホールディングス1,39145.7東京都
17東京海上ホールディングス1,39043.8東京都
18三井住友トラスト・ホールディングス1,37850.2東京都
19日本商業開発1,36842.1大阪府
20ファナック1,34741.5山梨県
21丸紅1,32241.6東京都
マクセルホールディングス1,32251.3東京都
23日本M&Aセンター1,31935.7東京都
24RKB毎日ホールディングス1,31550.4福岡県
25住友商事1,30442.7東京都
26電通1,27240.1東京都
27スカパーJSATホールディングス1,24850.3東京都
28ジャフコ1,24643.3東京都
29三菱地所1,22940.8東京都
30中部日本放送1,22549.1愛知県
31バンダイナムコホールディングス1,21746.6東京都
32JXTGホールディングス1,21244.3東京都
33LIXILグループ1,19543.8東京都
シンバイオ製薬1,19549.9東京都
35東急不動産ホールディングス1,19445.3東京都
36三井住友ファイナンシャルグループ1,18739.5東京都
37フューチャー1,17841.8東京都
38SOMPOホールディングス1,17343.3東京都
39野村総合研究所1,16640.2東京都
40ソフトバンクグループ1,15840.5東京都
41シグマクシス1,14936.9東京都
42フジ・メディア・ホールディングス1,11745.0東京都
43九州ファイナンシャルグループ1,11549.0熊本県
44三井不動産1,11240.9東京都
レーザーテック1,11243.2神奈川県
46ケネディクス1,10741.1東京都
47オプトラン1,10438.8埼玉県
48双日1,10341.9東京都
第一三共1,10342.5東京都
50鹿島1,10244.1東京都
51MS&ADインシュランスグループホールディングス1,10047.5東京都
52博報堂DYホールディングス1,08843.7東京都
53サントリー食品インターナショナル1,08539.6東京都
54アステラス製薬1,07943.2東京都
55東京エレクトロン1,07644.2東京都
コンコルディア・フィナンシャルグループ1,07644.2東京都
大塚ホールディングス1,07644.3東京都
58関西みらいファイナンシャルグループ1,07447.8大阪府
59三菱UFJファイナンシャル・グループ1,06140.4東京都
60ドリームインキュベータ1,05933.8東京都
61豊田通商1,05141.5愛知県
62大林組1,04642.4東京都
63エーザイ1,04444.7東京都
64日本軽金属ホールディングス1,04352.3東京都
65ユニデンホールディングス1,04146.7東京都
66武田薬品工業1,03840.8大阪府
67ランドビジネス1,03546.9東京都
68日本オラクル1,03143.1東京都
69WOWOW1,01941.1東京都
T&Dホールディングス1,01945.7東京都
71ペプチドリーム1,01638.9神奈川県
72日本取引所グループ1,01443.5東京都
73ソニー1,01342.3東京都
野村不動産ホールディングス1,01345.2東京都
75アサヒグループホールディングス1,00142.9東京都
76共栄タンカー99940.4東京都
アクセル99943.5東京都
78伊藤忠エネクス99540.0東京都
IJTテクノロジーホールディングス99550.8東京都
80いちご99242.4東京都
81大成建設98743.0東京都
82みずほフィナンシャルグループ98640.7東京都
83コムシスホールディングス98147.8東京都
84第一生命ホールディングス97541.4東京都
三菱総合研究所97543.2東京都
86ジャパンインベストメントアドバイザー97248.9東京都
87日本郵船97139.0東京都
88富士フイルムホールディングス97142.7東京都
89明治ホールディングス96743.0東京都
清水建設96743.1東京都
91ディスコ96639.3東京都
92不二製油グループ本社96545.1大阪府
93三井海洋開発96439.2東京都
94プラネット96343.4東京都
95三和ホールディングス96044.7東京都
96リクルートホールディングス95835.1東京都
97平和不動産95541.6東京都
98出光興産95442.3東京都
99中外製薬95342.6東京都
100ジャストシステム95139.6東京都

出典:東洋経済オンライン

カゴメの取締役・社長の年収

有価証券報告書によると、カゴメが2018年度に社内取締役6名に支払った役員報酬の総額は2億9,800万円でした。

また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。カゴメの場合は下記の通りです。(役職は2018年度当時のものです)

・寺田直行氏(代表取締役社長):1億1,400万円

カゴメの年齢別の平均年収

カゴメの年齢別平均年収を算出しました。

現在のカゴメは年功序列ではなく「ジョブグレード(職務等級)制度」を導入しているため、年齢に関わらず成果を上げることで昇給・昇格ができます。

とはいえ、年齢が上がればスキルも上がり、成果も上げやすくなるため、全体で考えると年齢が上がれば給与も上がる傾向にあると推定できます。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計しました)

年齢平均年収
50代700万円〜1,000万円以上(推定)
40代700万円〜1,000万円(推定)
30代500万円〜800万円(推定)
20代400万円〜700万円(推定)

カゴメの人事制度改革

カゴメは、2012年に入社した有沢正人常務執行役員兼CHO(最高人事責任者)の旗振りの下、徹底的な人事制度改革が行われました。役員陣から給与制度改革を行い、現在は企業全体で「ジョブグレード(職務等級)制度」を導入しています。

「人に給与を払うのではなく職務に対して給与を支払う」という考え方の下、担当する職務や自身の等級によって給与が変動します。

また、成果に応じて昇給・昇格が行われるため、子会社の社長に若手が抜擢されるなど、昔ながらの大企業の中では非常に先進的な人事制度に変革を遂げました。

カゴメの職種別の平均年収

カゴメの総合職では、文系・理系共にジョブローテーションが行われるため、給与体系は同じだと考えられます。(新卒給与も同じです)

また、先述した通り「ジョブグレード(職務等級)制度」を導入しており、成果に基づいて昇給・昇格が行われます。個人の成果次第で給与が変わるため、職種によって平均年収が大きく変わることはないと推定できます。

具体的な職種は、下記の3つに分かれています。

■研究技術系総合職(研究)

初回配属先が、研究開発を行うイノベーション本部になります。その後、本人の適正に応じて、基本的に技術系職種の中でジョブローテーションが行われます。

■研究技術系総合職(工場)

初回配属先が、生産を担う工場になります。その後、本人の適正に応じて、商品開発、生産管理系などの技術系職種を中心にジョブローテーションが行われます。

■事務系総合職

初回配属先が、国内の小売や飲食店に対する営業部門になります。その後は、本人の適正に応じて営業、マーケティングなどの事務系職種を中心にジョブローテーションが行われます。

カゴメに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
ランキング
70位
※doda

カゴメの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に100位以内にランクインしており、カゴメを志望している方は、事前準備が重要になります。

カゴメに転職するために知っておくべきこと

カゴメに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 既卒採用に積極的
  2. キャリア採用の公開求人は不定期
  3. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.既卒採用に積極的

カゴメは、既卒採用(大学卒業後3年以内・離職中)に非常に積極的です。上半期に3回に分けて(3月、4月、6月)採用が行われます。

全て総合職採用であり、幹部候補としてジョブローテーションや転勤が必須になります。先述した「研究技術系総合職(研究)」、「研究技術系総合職(工場)」、「事務系総合職」の3つ全てで募集があります。

また、既卒の選考フローは下記の通りです。

書類選考→筆記テスト→個人面談・適性検査→グループワーク→人事部長面談→最終面談→内定

2.キャリア採用の公開求人は不定期

カゴメは、キャリア採用は通年で実施しておらず、不定期に公開求人での採用を行います。基本的に、年度事業計画や半期事業計画が策定される2〜3月や7〜8月に採用活動が行われることが多いと考えられます。カゴメへの転職に興味のある方は、常にカゴメの採用ページをチェックしておくことが必要です。

一方で、これはあくまで公開求人の話し。企業は、公開求人だけでなく非公開求人を転職エージェントに掲載している可能性があります。

3.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

カゴメは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。カゴメのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

カゴメの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、カゴメの求人紹介はもちろん、カゴメから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

■おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント転職支援実績No.1

JACリクルートメントハイクラス転職実績No.1

パソナキャリア転職サポートの質が高い

転職人気企業ランキング【トップ100】

カゴメは、転職人気企業ランキングで第70位です。常に上位にランクインしており、転職先として安定的な人気があります。その分、ライバルも多いので転職難易度は高いです。

順位会社名
1グーグル
2トヨタ自動車
3楽天
4ソニー
5アマゾンジャパン
6全日本空輸
7キーエンス
8パナソニック
9三菱商事
10Apple Japan

順位会社名
11日本航空
12リクルートホールディングス
13サントリーホールディングス
14ソフトバンク
15本田技研工業(Honda)
16ZOZO
17東日本旅客鉄道(JR東日本)
18ヤフー
19伊藤忠商事
20電通
21資生堂
22JTB
23オリエンタルランド
24味の素
25日本マイクロソフト
26三井物産
27日立製作所
28花王
29東海旅客鉄道(JR東海)
30任天堂
31キャノン
32デンソー
33西日本電信電話(NTT西日本)
34フジテレビジョン
35三菱UFJ銀行
36明治
37マツダ
38未来工業
39日本アイ・ビー・エム
40三井不動産
41LINE
42三菱地所
43東日本電信電話(NTT東日本)
44武田薬品工業
45日本放送協会(NHK)
46みずほ銀行
47カルビー
48東京海上日動火災保険
49バンダイ
50ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス
51サイバーエージェント
52スターバックス・コーヒー・ジャパン
53NTTドコモ
54西日本旅客鉄道(JR西日本)
55サイボウズ
56日清食品
57村田製作所
58日産自動車
59富士フイルム
60日本テレビ放送網
61タカラトミー
62日本銀行
63クックパッド
64アステラス製薬
65ファナック
66ファーストリテイリング
67博報堂
68タニタ
69SUBARU
70カゴメ
71プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)
72大成建設
73NTTデータ
74丸紅
75宇宙航空研究開発機構(JAXA)
76富士通
77日本たばこ産業(JT)
78有限責任監査法人トーマツ
79アクセンチュア
80三菱電機
81TBSテレビ
82野村證券
83アサヒビール
84三井住友銀行
85旭化成
86積水ハウス
87キリンホールディングス
88KDDI
89京セラ
90メルカリ
91マッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパン
92日本中央競馬会(JRA)
93日本赤十字
94大塚製薬
95東芝
96住友商事
97テレビ朝日
98オムロン
99イオン
100吉本興業

出典:doda

まとめ

カゴメの平均年収は773万円ということがわかりました。

ここ数年の平均年収は700万円代後半を推移しており、今後は800万円を超えてくることも予想されます。大胆な人事制度改革も成功し、益々発展していくと考えられる優良企業です。

■まとめ

・カゴメの平均年収

773万円

・平均年収ランキング

365位

・カゴメの役員の年収

役員報酬総額:2億9,800万円

寺田直行氏(代表取締役社長):1億1,400万円

・カゴメの年齢別の平均年収

50代:700万円〜1,000万円以上(推定)

40代:700万円〜1,000万円(推定)

30代:500万円〜800万円(推定)

20代:400万円〜700万円(推定)

・カゴメに転職するために知っておくべきこと

①既卒採用に積極的

②キャリア採用の公開求人は不定期

③非公開求人を保有する転職エージェントを利用する


この記事をかいた人

    元リクルートの転職エージェント/趣味は音楽、読書、半身浴ともっぱらのインドア系
    ■当サイトに関する注意事項
    • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
    • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
    • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
    • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。