転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

40代で年収300万円は低い?【国税庁のデータから読み解く】

「40代で年収300万円は低いのか?」

この記事では、国税庁とdodaの年収データから40代で年収300万円は低いのかについて解説します。また、年収をアップさせる方法についても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

40代で年収300万円は低い?

40代で年収300万円は低い?

国税庁が公表している『民間給与実態統計調査』によると、40代の平均年収は482万円です。男女別で見ると、男性の平均年収は599万円、女性の平均年収は309万円です。

40代の平均年収:482万円

40代の男性の平均年収:599万円

40代の女性の平均年収:309万円

※民間給与実態統計調査は5歳区切りのデータのため、平均値を算出

男性の場合、40代で年収300万円は、平均よりも300万円ほど低い数値になります。女性の場合、40代で年収300万円は、ほぼ平均値です。

やはり、男性の場合は40代で年収300万円は低いということになります。

ちなみに40代の年収中央値はいくら?

では、年収中央値で見るとどうでしょうか?

年収中央値とは、「年収データを高い順、または低い順に並べたときの真ん中の値のこと」です。例えば、100人を対象に年収を聞いた際に、年収順位がちょうど真ん中の人、つまり50位の人の年収が年収中央値ということになります。

dodaが10万人にアンケートを取った「生涯賃金データ」によると、40代の年収中央値は下記のとおり。男性の場合は、500万円〜650万円、女性の場合は、年収400万円台が年収中央値のようです。

年齢 年収中央値
全体 男性 女性
40歳 500万円 530万円 400万円
41歳 510万円 550万円 400万円
42歳 550万円 580万円 400万円
43歳 550万円 580万円 400万円
44歳 550万円 600万円 400万円
45歳 575万円 600万円 400万円
46歳 600万円 600万円 420万円
47歳 600万円 650万円 470万円
48歳 600万円 650万円 400万円
49歳 650万円 651万円 430万円

年収300万円はどんな生活が送れる?

ここまで、40代の平均年収と年収中央値を見てきました。

ここでは、40代で年収300万円はどのような生活ができるのか、①家賃、②住宅ローン、③貯金の3点から見ていきましょう。

1.家賃

家賃の目安は「手取り×30%」と言われています。

年収300万円の場合、手取り年収は約240万円です。これを月収に直すと月収20万円なので、家賃は6万円が適正となります。

年収 適正家賃
300万円 6万円
400万円 8万円
500万円 9.7万円
600万円 11.7万円
700万円 13.2万円
800万円 15万円
900万円 16.5万円
1000万円 18.2万円

2.住宅ローン

年収300万円の場合、住宅ローンは組めるのでしょうか?

結論、住宅ローンを組むことは可能です。適正な住宅ローン借入額は、「年収×5倍〜6倍」と言われているので、年収300万円の場合は「1,500〜1,800万円」が目安となります。

「年収×約10倍」まで借入は可能ですが、借入額が多くなれば返済負担が増えて、住宅ローン貧乏になってしまうので注意が必要です。

年収 適正借入額 借入可能額
300万円 1500~1800万円 2571万円
400万円 2000~2400万円 3999万円
500万円 2500~3000万円 4999万円
600万円 3000~3600万円 5999万円
700万円 3500~4200万円 6999万円
800万円 4000~4800万円 7999万円
900万円 4500~5400万円 8000万円
1000万円 5000~6000万円 8000万円

3.貯金

年収300万円の場合、貯金はどれくらいする必要があるのでしょうか?

2018年にリクナビNEXTが行った調査結果によると、年収300万円の場合は平均190万円の貯金をしているという結果が出ています。

年収 平均貯金額
300万円 190万円
400万円 591万円
500万円 566万円
600万円 704万円
700万円 895万円
800万円 1072万円
900万円 1198万円
1000万円以上 1853万円

年収300万円から年収アップする方法

この記事を読んでいる方の多くが、「年収アップしたい」と考えていると思います。現実的に考えると、年収アップする方法は3つだけです。

40代で年収300万円の方は転職が一番おすすめです。

  1. 昇進
  2. 副業
  3. 転職

1.昇進

昇進できれば、必ず年収は上がります。

しかし、年功序列的な会社だと昇進までに時間がかかりますし、年収アップの幅は小さいはずです。そのため、すぐに年収をアップしたい人には向いていません。

2.副業

働き方改革が進むにつれて、副業を始める方が急速に増えています。

今、頭に浮かぶ副業だけでも、

  • ブログ
  • アフィリエイト
  • サイト制作
  • 株式投資
  • FX
  • 不動産投資
  • せどり

これくらいあります。

この記事を書いている私も、会社員時代に副業を数多くやってきました。失敗ばかりでしたが、本業+副業で年収1,000万円を超えることができました。

詳しくは『【経験談】20代で年収1000万円を超えた方法【本業+副業が最強です】』を参照ください。

3.転職

一昔前までは、「35歳限界説」というものがありました。

簡単に言うと、35歳以降は転職が難しいという説です。

元リクルートの転職エージェントの経験からすると、「35歳限界説」は今の時代にはありません。2人に1人が転職している時代ですし、少子化の影響で40代、50代、60代の人材ニーズが徐々に高まっているのが事実です。

もちろん40代の転職は、20代、30代の転職に比べると難しいです。

そのため、自分一人で転職活動を進めるのではなく、転職のプロであるキャリアアドバイザーからアドバイスをもらいながら転職活動を進めた方が成功確度は高まります。

転職エージェントを利用すれば、必ず担当のキャリアアドバイザーが付き、求人紹介はもちろん、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、内定後のフォローなどを全面的にサポートしてくれます。

40代の場合は、20代、30代とは違う「転職の戦い方」があるので、アドバイスをもらった方が良いです。転職エージェントは、完全無料で利用できるので、一度面談を受けてみてはいかがでしょうか?

年収300万円の方におすすめの転職エージェント

おすすめの転職サイトと転職エージェント

40代で年収300万円の方におすすめの転職エージェントを3つピックアップしました。

リクルートエージェント転職支援実績No.1

パソナキャリア転職サポートの質が高い

doda転職エージェント業界No.2 

上記の転職エージェントは、キャリアアドバイザーの質に定評があるので、登録して損はないと思います。転職エージェントは相性があるので、まずは面談を受けてみてください。

面談では、転職先の希望条件や志向性をヒアリングし、あなたに合った求人を紹介してくれます。1時間程度の面談なので、リラックスして臨んでみてくだい。

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。