転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

年収300万円は底辺?【年収を上げる方法を本気で考えてみた】

「年収300万円は底辺?」

「年収300万円は低すぎる?」

結論から言うと、年収300万円は底辺ではないですが低い方です。ただし、地域格差もあるので一概には言えません。同じ年収300万円でも、東京住みと地方住みでは、年収300万円の価値が大きく変わります。

この記事では、「年収300万円は底辺か」だけでなく、「年収300万円の割合」や「年収300万円の生活レベル」を解説していきます。

年収300万円は底辺?

頭を抱える男性

先述した通り、年収300万円は底辺ではありません。

国税庁が公表している民間給与実態統計調査(平成30年度)によると、

  • 年収200〜300万円の割合:13.7%
  • 年収300〜400万円の割合:17.2%

このような割合になっています。

底辺と言うよりは、年収300万円は年収分布のボリュームゾーンに当たると考えられます。次に、年収300万円以下の割合を見ていきます。

年収300万円以下の割合

年収300万円以下の全体の割合

上記のグラフは、男女合わせた全体の年収分布です。

年収300万円以下の割合を合計すると37%となります。つまり、3人に1人以上は年収300万円以下ということがわかります。

このデータだけを見ると、ちょうど年収300万円の方は底辺ではないと言えると思います。ただし、先述した通り、地域格差もあるので一概には言えません。

また、こちらのデータは男女合わせた全体の年収分布です。男女別で見ると、どうでしょうか?

男性の年収300万円以下の割合

年収300万円以下の男性の割合

男性の年収分布を見ると、年収300万円以下の割合は20.9%です。つまり、男性の5人に1人は年収300万円以下ということがわかります。

男性の場合は、年収300〜600万円がボリュームゾーンに当たります。そのため、年収300万円は底辺ではないですが、低い方です。

女性の年収300万円以下の割合

年収300万円以下の女性の割合

女性の年収分布を見ると、年収300万円以下の割合は59.8%です。つまり、女性の2人に1人以上は年収300万円以下ということがわかります。

このデータを見ると、女性で年収300万円は底辺ではないことがわかります。「年収100〜200万円」が23.8%と一番多くなっているので、年収300万円は高年収とは言えませんが、高い方と考えられます。

女性の場合、結婚を機に育児に専念したり、パートタイマーとして働く方が多いため、年収が低い傾向にあります。

年収300万円の手取り額

給料明細

年収300万円と言っても、税金や社会保険料が控除されるので、手取り額は少なくなります。ここでは、家族持ちと独身に分けて年収300万円の手取り額を解説します。

家族持ちで年収300万円の場合

額面年収
300万円
※控除前
手取り年収
約255万円
※控除後

家族持ちで年収300万円の場合、手取り額は約255万円になります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

年収:約255万円
月収:約 17万円
ボーナス:約51万円

額面年収:300万円

配偶者:あり

子ども:1人

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

独身で年収300万円の場合

額面年収
300万円
※控除前
手取り年収
約240万円
※控除後

独身で年収500万円の場合、手取り額は約240万円になります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

年収:約240万円
月収:約16万円
ボーナス:約48万円

額面年収:300万円

配偶者:なし

子ども:なし

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

年収300万円の生活レベル

生活レベル

年収300万円の場合、どのような生活ができるのでしょうか?

ここでは、家族持ちと独身に分けて、生活レベルを考えてみます。生活レベルに関しては、『国民生活基礎調査』や『賃金構造基本統計調査』を参考にしています。

家族持ちで年収300万円の場合

年収300万円で妻との2人暮らしの例をご紹介します。2人暮らしの場合、年収300万円だけでは、厳しい側面があるので、いかに固定費(家賃など)を下げるかが重要になります。

月収:17万円

ボーナス:48万円

ボーナスを含めた月収:21万円

出費  金額
家賃 ¥63,000
水道光熱費 ¥12,000
食費 ¥31,000
通信費 ¥8,000
交通費 ¥3,000
医療費 ¥1,000
養育費 ¥0
日用品 ¥7,000
交際費 ¥20,000
趣味・娯楽 ¥10,000
衣料品 ¥15,000
貯金 ¥40,000
合計 ¥210,000

独身で年収300万円の場合

次に、年収300万円で独身サラリーマンの例をご紹介します。

独身であれば、年収300万円でも十分に生活できますが、いかに貯金するかが重要になります。

月収:16万円

ボーナス:48万円

ボーナスを含めた月収:20万円

出費  金額
家賃 ¥58,000
水道光熱費 ¥10,000
食費 ¥28,000
通信費 ¥3,000
交通費 ¥5,000
医療費 ¥7,000
日用品 ¥5,000
交際費 ¥25,000
趣味・娯楽 ¥9,000
衣料品 ¥15,000
貯金 ¥35,000
合計 ¥200,000

年収300万円から年収を上げる方法

グラフ

現実的に考えると、年収300万円から年収を上げる方法は3つです。

  1. 昇進
  2. 副業
  3. 転職

このうち、「昇進」は時間がかかるものの、一番現実的です。しかし、会社によっては、昇給が見込めなかったり、年功序列のカルチャーが強く年収が上がりづらいこともあります。

そのため、「副業」または「転職」を視野に入れるのがおすすめです。なかでもおすすめなのが「転職」です。

年収300万円は年収アップの可能性大【転職エージェントの経験談】

転職エージェントの経験から言うと、年収300万円は年収アップの可能性は大きいです。その理由は大きく2つあります。

  1. 年収300万円の方をターゲットにした求人が多い
  2. 経験・スキルがあるのに低年収の人が多い

1.年収300万円の方をターゲットにした求人が多い

先述した通り、日本の年収分布のボリュームゾーンは年収300万円付近です。そのため、年収300万円の方をターゲットにした求人が多く出回っています。

厳密に言うと、年収300万円の方に対して魅力的な想定年収400〜500万円の求人が多いのが現状です。つまり、約100万円の年収アップも期待できるのです。

現在は、有効求人倍率(1人に対する求人数)も高いので転職がしやすい環境と言えます。すぐに転職をする気がなくても、一度転職サービスに掲載されている求人を確認してみてください。

2.経験・スキルがあるのに低年収の人が多い

会社によっては、経験・スキルがあっても年収が上がらない場合があります。日本には、まだ年功序列的な昇給制度が残っているため、損をしている方が多い印象です。

そのような方がいざ転職活動を始めてみると、採用企業から「年収400万を提示された」ということはよくあります。これだけで、年収300万円→年収400万円、つまり100万円の年収アップに繋がります。

現在は、2人に1人が転職をしている時代なので、転職も一つの手です。初めての転職で不安という方は、ぜひ転職エージェントの面談を受けてみてください。

転職エージェントでは、求人紹介はもちろん、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、内定後のフォローなどを担当のキャリアアドバイザーが無料でサポートしてくれます。

下記でおすすめの転職エージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

年収300万円の方におすすめの転職エージェント

おすすめの転職サイトと転職エージェント

年収300万円付近の方は、転職サポートが手厚い転職エージェントがおすすめです。なかでも下記3つは、大手企業が運営しており、転職サポートにも定評があります。

なかには中小企業が運営する転職エージェントで転職活動をされる方がいますが、求人の量・質、転職サポートの質、実績の観点から大手企業運営する転職エージェントの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント

→転職支援実績No.1

2位:パソナキャリア

→転職サポートが手厚い

3位:doda

→転職エージェント業界No.2

まとめ

今回は、「年収300万円は底辺」というテーマで年収に関する内容を幅広く解説しました。年収300万円は低い方ですが、底辺ではありません。

しかし、低年収には変わりはないので、年収アップを目指したいところですね。

■まとめ

・年収300万円は底辺?

年収300万円前後の割合はボリュームゾーンのため、底辺ではない

・年収300万円以下の割合

全体:37%

男性:20.9%

女性:59.8%

・年収300万円の手取り額

家族持ち:255万円

独身:240万円

・年収300万円の生活レベル

上記参照

・年収300万円から年収を上げる方法

年収を上げる方法は、「昇進」「副業」「転職」の3つあるが、おすすめは転職

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。