年収400〜500万円の割合

年収460万円サラリーマンの手取り額と生活レベル


このページでは、年収460万円の「手取り額」「生活レベル」「割合」「最適家賃」「年収アップを目指している方におすすめの転職サービス」について解説しています。

※当ページは、国税庁の「民間給与実態統計調査」をもとに書かれています。

年収460万円の手取り額

家族持ちで年収460万円の場合

家族持ちで年収460万円の手取り額を下記条件で試算すると、次のようになります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

手取り額:約380万円
月収:約31.5万円

額面年収:460万円

配偶者:あり

子ども:1人

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

【各年収の手取り額(条件同様)】
※右にスクロールできます

天引き項目
税金 社会保険料
年収 手取り年収 所得税 住民税 健康保険 厚生年金 雇用保険
400万円 3,332,218 65,250 37,531 164,000 366,000 35,000
410万円 3,409,118 71,179 40,578 168,100 375,150 35,875
420万円 3,486,018 77,108 43,625 172,200 384,300 36,750
430万円 3,562,917 83,036 46,671 176,300 393,450 37,625
440万円 3,639,817 88,965 49,718 180,400 402,600 38,500
450万円 3,716,716 94,894 52,765 184,500 411,750 39,375
460万円 3,793,616 100,823 55,812 188,600 420,900 40,250
470万円 3,870,515 106,751 58,858 192,700 430,050 41,125
480万円 3,947,415 112,680 61,905 196,800 439,200 42,000
490万円 4,024,315 118,609 64,952 200,900 448,350 42,875
500万円 4,101,214 124,538 67,998 205,000 457,500 43,750

独身で年収460万円の場合

独身で年収460万円の手取り額を下記条件で試算すると、次のようになります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

手取り額:約365万円
月収:約30.5万円

額面年収:460万円

配偶者:なし

子ども:なし

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

【各年収の手取り額(条件同様)】
※右にスクロールできます

天引き項目
税金 社会保険料
年収 手取り年収 所得税 住民税 健康保険 厚生年金 雇用保険
400万円 3,197,331 154,350 83,319 164,000 366,000 35,000
410万円 3,274,231 160,279 86,365 168,100 375,150 35,875
420万円 3,351,130 166,208 89,412 172,200 384,300 36,750
430万円 3,428,030 172,136 92,459 176,300 393,450 37,625
440万円 3,504,929 178,065 95,506 180,400 402,600 38,500
450万円 3,579,777 183,994 100,605 184,500 411,750 39,375
460万円 3,653,629 189,923 106,698 188,600 420,900 40,250
470万円 3,727,482 195,851 112,792 192,700 430,050 41,125
480万円 3,801,335 201,780 118,885 196,800 439,200 42,000
490万円 3,875,188 207,709 124,978 200,900 448,350 42,875
500万円 3,949,041 213,638 131,072 205,000 457,500 43,750

年収460万円の生活レベル

家族持ちで年収460万円の場合

専業主婦の奥さんと子ども1人の3人家族の例をご紹介します。月収は31.5万円で、税引き前の年収は460万円です。大きな出費として目立つのが下記の項目です。

① 家賃:9.5万円

② 食費:5万円

③ 教育費:3万円

  金額 備考欄
月収 315,000
家賃 95,000 郊外のアパート
食費 50,000 家で食べることが多い
外食費 20,000 ほとんど外食していない
水道光熱費 15,000
通信費 10,000 Simフリーのスマホを利用している
日用品 5,000
衣料品 たまに買う程度
趣味・娯楽
家具・家電 たまに買う程度
医療費
自動車 車は持っていない
教育費 30,000
夫のお小遣い 25,000 ボーナスが出た時にプラスで渡している
交通費 15,000 ほとんどかけていない
貯金 50,000 妻のパート代を積み立てている
合計 315,000

独身で年収460万円の場合

独身サラリーマンの例をご紹介します。月収は30.3万円で、税引き前の年収は460万円です。大きな出費として目立つのが下記の項目です。

① 家賃:9.6万円

② 外食費:6万円

③ 衣料品:3万円

  金額 備考欄
月収 303,000
家賃 96,000
食費 26,000
外食費 60,000 家で食べることは少ない
水道光熱費 15,000
通信費 3,000
日用品 15,000
衣料品 30,000
趣味・娯楽
家具・家電 5,000
医療費 5,000
自動車 車は持っていない
交通費 8,000
貯金 40,000
合計 303,000

年収460万円の最適家賃

家賃は年収(月収)の3割が適正と言われています。しかし、年収の3割を家賃に当てると家計を圧迫する可能性が高いため、余裕を持って年収の2.5割で家賃を試算しています。

額面年収:460万円
最適家賃:9.6万円

【年収別の最適家賃】

年収 家賃
年収400万円 8.3万円
年収410万円 8.5万円
年収420万円 8.7万円
年収430万円 8.9万円
年収440万円 9.1万円
年収450万円 9.3万円
年収460万円 9.6万円
年収470万円 9.8万円
年収480万円 10万円
年収490万円 10.2万円
年収500万円 10.4万円

年収460万円の割合

こちらの表は、国税庁が毎年発表している民間給与実態調査のデータをグラフ化したものです。国税庁によると、年収400万〜500万円は男女合計で14.3%です。

一番多い年収帯が300〜400万(17.5%)、次に200万〜300万(16.3%)、100〜200万(14.6%)となっています。年収400万以下を合わせると57.1%となり、全体の約6割が年収400万以下となります。

男女別の年収460万円の割合

男女別の年収460万円の割合は下記の通りです。

  • 男性の年収400万〜500万円の割合:17.5%
  • 女性の年収400万〜500万円の割合:9.7%

【男性の割合】

【女性の割合】

統計元:国税庁 平成28年民間給与実態統計調査 事業所規模別の給与階級別構成割合

年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

年収アップを目指している方におすすめしているのが、下記の転職サービスです。有名な転職サービスばかりなので、ハズれはありません。

たまに知名度の低い転職サービスに登録されている方がいますが、求人数やサポートの質を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント
2位:マイナビエージェント
3位:ビズリーチ
4位:JACリクルートメント

必須:リクナビNEXT

第1位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営しており、転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

ミドルクラスからハイクラスまで幅広く求人を網羅しているので、あなたに合った求人が必ず見つかるはずです。他の転職サービスと合わせて登録することをおすすめします。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

第2位:マイナビエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、人材業界大手のマイナビが運営する20〜30代の転職に力を入れている転職エージェントです。最近では、その使いやすさと求人の質からユーザー数を急速に伸ばしています。

他の転職エージェントに比べて20〜30代の転職に強く、20代に信頼されている転職エージェントで第1位に選ばれています。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

マイナビエージェントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)、営業職、コンサルタント/監査法人/士業関連、不動産専門職、経営/企画/管理/事務、建築設計/土木/プラント/設備、機械/電気・電子/素材、医療系専門職、金融専門職、クリエイティブ、販売/サービス
求人数 3万件以上(2018年11月現在)
特徴 ・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代、30代の転職サポートに強い(転職サポートに定評がある)
・キャリアアドバイザーの質が高い
・特に関東エリアに強い

第3位:ビズリーチ

【おすすめ度】
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

年収アップを目指している方であれば、必ず登録しておきたいのがビズリーチです。会員数は100万人を突破しており、満足度の高いハイクラス向け転職サービスです。

高年収求人をメインに掲載しているので、年収500万円〜1000万円以上の方で、年収アップを目指している方に非常におすすめです。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

ビズリーチの評判と登録すべき人の特徴【実際に登録してみた】

対応地域 全国
探せる職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数 多い
特徴 ・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる

第4位:JACリクルートメント

【おすすめ度】
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。知名度はそこまで高くはないですが、業界内では非常に評判が良いです。

人材紹介事業においては、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。年収500万円〜1000万円以上の方で、年収アップを目指している方に非常におすすめです。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数 1万5,000件以上
特徴 ・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内第3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍

必須:リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、リクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方の中には、利用されている方も多いのではないでしょうか。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思いますよ。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・転職者の約8割が登録
・転職決定数No.1
・約9割が正社員求人
・約85%の求人がリクナビNEXTの限定求人

・毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップ
・スカウト機能

・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

おわりに

最後までご覧いただき、ありがとうございます。最後に年収300〜1500万円の手取り額と割合をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

※割合については、平成28年度の民間給与実態統計調査をもとにしています。

年収300万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約255万円
手取り額(独身):約240万円

【割合(年収300〜400万円)】
男女合計:17.5%

男性:18.3%
女性:16.5%

年収300万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収350万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約295万円
手取り額(独身):約290万円

【割合(年収300〜400万円)】
男女合計:17.5%

男性:18.3%
女性:16.5%

年収350万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収400万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約333万円

手取り額(独身):約320万円

【割合(年収400〜500万円)】
男女合計:14.3%

男性:17.5%
女性:9.7%

年収400万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収450万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約370万円
手取り額(独身):約365万円

【割合(年収400〜500万円)】
男女合計:14.3%
男性:17.5%
女性:9.7%

年収450万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収500万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約410万円
手取り額(独身):約390万円

【割合(年収500〜600万円)】
男女合計:9.6%
男性:12.8%
女性:5.0%

年収500万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収550万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約450万円
手取り額(独身):約440万円

【割合(年収500〜600万円)】
男女合計:9.6%
男性:12.8%
女性:5.0%

年収550万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収600万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約490万円
手取り額(独身):約470万円

【割合(年収600〜700万円)】
男女合計:6.0%
男性:8.5%
女性:2.3%

年収600万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収650万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約520万円
手取り額(独身):約515万円

【割合(年収600〜700万円)】
男女合計:6.0%
男性:8.5%
女性:2.3%

年収650万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収700万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約560万円
手取り額(独身):約530万円

【割合(年収700〜800万円)】
男女合計:4.1%
男性:6.1%
女性:1.4%

年収700万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収750万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約590万円
手取り額(独身):約580万円

【割合(年収700〜800万円)】
男女合計:4.1%
男性:6.1%
女性:1.4%

年収750万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収800万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約630万円
手取り額(独身):約600万円

【割合(年収800〜900万円)】
男女合計:2.8%
男性:4.2%
女性:0.7%

年収800万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収850万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約660万円
手取り額(独身):約650万円

【割合(年収800〜900万円)】
男女合計:2.8%
男性:4.2%
女性:0.7%

年収850万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収900万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約690万円
手取り額(独身):約660万円

【割合(年収900〜1,000万円)】
男女合計:1.9%
男性:2.9%
女性:0.4%

年収900万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収950万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約725万円
手取り額(独身):約710万円

【割合(年収900〜1,000万円)】
男女合計:1.9%
男性:2.9%
女性:0.4%

年収950万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1000万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約760万円
手取り額(独身):約730万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1000万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1100万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約820万円
手取り額(独身):約790万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1100万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1200万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約880万円
手取り額(独身):約850万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1200万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1300万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約950万円
手取り額(独身):約920万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1300万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1400万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約1010万円
手取り額(独身):約960万円

【割合(年収1,000〜1,500万円)】
男女合計:3.1%
男性:4.8%
女性:0.7%

年収1400万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

年収1500万円の手取り額と割合

【手取り額】
手取り額(家族持ち):約1040万円
手取り額(独身):約1010万円

【割合(年収1,500〜2,000万円)】
男女合計:0.7%
男性:1.1%
女性:0.2%

年収1500万円サラリーマンの手取り額と生活レベル

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事