年収470万円サラリーマンの「手取り額」と「割合」を解説


このページでは、年収470万円の手取り額を家族持ちと独身に分けて解説しています。また、年収470万円の全体の割合と男女別の割合についても解説しているので、自身の年収が全体の何割に入っているか確認してみてください。各種データについては、『国民生活基礎調査』『民間給与実態統計調査』『総務省統計局の家計調査』を参照しています。

年収470万円の手取り額については、年収470万円の生活レベル(家賃・住宅ローン・貯金額)を解説、年収470万円の税金額については、年収470万円の税金(所得税・住民税)はいくら?で詳しく解説しています。

年収470万円の手取り額

家族で年収470万円の場合

家族で年収470万円の手取り額を下記条件で試算すると、次のようになります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

手取り額:約387万円
月収:約32万円

額面年収:470万円

配偶者:あり

子ども:1人

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

■各年収の手取り額(条件同様)
※右にスクロールできます

天引き項目
税金 社会保険料
年収 手取り年収 所得税 住民税 健康保険 厚生年金 雇用保険
400万円 3,332,218 65,250 37,531 164,000 366,000 35,000
410万円 3,409,118 71,179 40,578 168,100 375,150 35,875
420万円 3,486,018 77,108 43,625 172,200 384,300 36,750
430万円 3,562,917 83,036 46,671 176,300 393,450 37,625
440万円 3,639,817 88,965 49,718 180,400 402,600 38,500
450万円 3,716,716 94,894 52,765 184,500 411,750 39,375
460万円 3,793,616 100,823 55,812 188,600 420,900 40,250
470万円 3,870,515 106,751 58,858 192,700 430,050 41,125
480万円 3,947,415 112,680 61,905 196,800 439,200 42,000
490万円 4,024,315 118,609 64,952 200,900 448,350 42,875
500万円 4,101,214 124,538 67,998 205,000 457,500 43,750

独身で年収470万円の場合

独身で年収470万円の手取り額を下記条件で試算すると、次のようになります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

手取り額:約372万円
月収:約31万円

額面年収:470万円

配偶者:なし

子ども:なし

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

■各年収の手取り額(条件同様)
※右にスクロールできます

天引き項目
税金 社会保険料
年収 手取り年収 所得税 住民税 健康保険 厚生年金 雇用保険
400万円 3,197,331 154,350 83,319 164,000 366,000 35,000
410万円 3,274,231 160,279 86,365 168,100 375,150 35,875
420万円 3,351,130 166,208 89,412 172,200 384,300 36,750
430万円 3,428,030 172,136 92,459 176,300 393,450 37,625
440万円 3,504,929 178,065 95,506 180,400 402,600 38,500
450万円 3,579,777 183,994 100,605 184,500 411,750 39,375
460万円 3,653,629 189,923 106,698 188,600 420,900 40,250
470万円 3,727,482 195,851 112,792 192,700 430,050 41,125
480万円 3,801,335 201,780 118,885 196,800 439,200 42,000
490万円 3,875,188 207,709 124,978 200,900 448,350 42,875
500万円 3,949,041 213,638 131,072 205,000 457,500 43,750

年収470万円の割合

年収の割合については、国税庁が発表している『民間給与実態統計調査(平成29年度)』を参照しています。年収470万円の全体の割合と男女別の割合をご紹介します。

年収470万円の全体の割合

全体の年収の割合
年収400〜500万円の全体の割合は「14.8%」

割合が多い順で並べると、①年収300〜400万円(17.5%)②年収200〜300万円(15.8%)③年収100〜200万円(13.5%)、年収400万円以下を合わせると「55.2%」となります。

年収470万円の男性の割合

男性の年収の割合
年収400〜500万円の男性の割合は「17.7%」

割合が多い順で並べると、①年収300〜400万円(17.8%)②年収400〜500万円(17.7%)③年収500〜600万円(13.3%)、年収400万円以下を合わせると「39.5%」となります。

年収470万円の女性の割合

女性の年収の割合
年収400〜500万円の女性の割合は「10.4%」

割合が多い順で並べると、①年収100〜200万円(23.6%)②年収200〜300万円(21.7%)③年収300〜400万円(17.1%)、年収400万円以下を合わせると「78.3%」となります。

年収割合の比較

■年収400万円以下の割合

全体の割合は「55.2%」

男性の割合は「39.5%」

女性の割合は「78.3%」

■年収400〜500万円の割合

全体の割合は「14.8%」

男性の割合は「17.7%」

女性の割合は「10.4%」

年収割合の早見表

年収 全体 男性 女性
〜100万円 8.4% 3.2% 15.9%
100〜200万円 13.5% 6.7% 23.6%
200〜300万円 15.8% 11.8% 21.7%
300〜400万円 17.5% 17.8% 17.1%
400〜500万円 14.8% 17.7% 10.4%
500〜600万円 10.1% 13.3% 5.4%
600〜700万円 6.3% 9.0% 2.5%
700〜800万円 4.3% 6.3% 1.4%
800〜900万円 2.9% 4.4% 0.7%
900〜1000万円 1.9% 2.9% 0.4%
1000〜1500万円 3.3% 5.1% 0.7%
1500〜2000万円 0.7% 1.0% 0.2%
2000〜2500万円 0.2% 0.4% 0.0%
2500万円〜 0.3% 0.4% 0.0%

年収470万円の企業ランキング

年収470万円を超える企業は、数多くあります。ここでは、平均年収が高い企業ランキングをご紹介します。業界全体を見ると、「コンサルティング」「総合商社」「放送」「携帯電話事業者」「投資事業・投資ファンド」業界の平均年収が高いことがわかります。

順位 会社名 平均年収(万円)
1 キーエンス 1,861
2 朝日放送 1,518
3 ヒューリック 1,418
4 三菱商事 1,386
5 伊藤忠商事 1,384
6 ファナック 1,318
7 住友商事 1,255
8 日本経済新聞社 1,254
9 電通 1,248
10 丸紅 1,221

11 三井物産 1,213
12 朝日新聞社 1,213
13 住友不動産 1,205
14 三菱地所 1,190
15 野村不動産 1,188
16 野村総合研究所 1,151
17 三井不動産 1,141
18 第一三共 1,134
19 東京建物 1,099
20 旭硝子 1,095
21 双日 1,090
22 野村證券 1,087
23 JFE商事 1,080
24 アステラス製薬 1,073
25 大和証券グループ 1,072
26 伊藤忠丸紅鉄鋼 1,069
27 サントリーホールディングス 1,066
28 オリックス 1,061
29 阪和興業 1,050
30 日本郵船 1,049
31 WOWOW 1,048
32 エーザイ 1,039
33 岡谷鋼機 1,036
34 三菱総合研究所 1,032
35 サントリー食品インターナショナル 1,027
36 長瀬産業 1,026
37 森ビル 1,025
38 三井化学 1,020
39 SMBC日興証券 1,016
40 武田薬品工業 1,015
41 日揮 1,000
42 豊田通商 998
43 日鉄住金物産 997
44 新日鐵住金 995
45 アストモスエネルギー 995
46 みずほフィナンシャルグループ 990
47 JFEエンジニアリング 990
48 アジレント・テクノロジー 990
49 日本ガイシ 985
50 三菱UFJ信託銀行 975

出典:東洋経済「最新!平均年収が高い会社ランキング300」

年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

年収470万円の方で年収アップを目指している方におすすめしているのが、下記の転職サービスです。有名な転職サービスばかりなので、ハズれはありません。

元リクルートの転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント
2位:doda
3位:パソナキャリア
4位:マイナビエージェント
必須:リクナビNEXT

第1位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

第2位:doda

【おすすめ度】
【公式HP】https://doda.jp/

doda(デューダ)は、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。2018年10月時点の会員数は約440万人で非常に人気の高いです。

転職者満足度は業界1位と言われるほど、ユーザーファーストの転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

dodaの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員、SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア、建築/土木/不動産/プラント/設備、化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料、医療系専門職、クリエイティブ
求人数 10万件以上
特徴 ・転職者満足No.1
・転職ワンストップサービス
・スカウトメールが多い

第3位:パソナキャリア

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、人材派遣業界で第2位のパソナが運営している転職エージェントです。顧客満足度が非常に高く、転職後の年収アップ率はなんと67.1%と驚異的な数値です。

手厚い転職サポートに定評があり、初めて転職される方は、ぜひ利用したい転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

パソナキャリアの評判と特徴を転職エージェントが解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設)
求人数 3万件以上
特徴 ・転職サポートの質が高い
・顧客満足度が高い
・25万人分の転職ノウハウを保有
・転職後年収アップ率が67.1%

第4位:マイナビエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、人材業界大手のマイナビが運営する20〜30代の転職に力を入れている転職エージェントです。最近では、その使いやすさと求人の質からユーザー数を急速に伸ばしています。

他の転職エージェントに比べて20〜30代の転職に強く、20代に信頼されている転職エージェントで第1位に選ばれています。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

マイナビエージェントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)、営業職、コンサルタント/監査法人/士業関連、不動産専門職、経営/企画/管理/事務、建築設計/土木/プラント/設備、機械/電気・電子/素材、医療系専門職、金融専門職、クリエイティブ、販売/サービス
求人数 3万件以上(2018年11月現在)
特徴 ・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代、30代の転職サポートに強い(転職サポートに定評がある)
・キャリアアドバイザーの質が高い
・特に関東エリアに強い

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・転職者の約8割が登録
・転職決定数No.1
・約9割が正社員求人
・約85%の求人がリクナビNEXTの限定求人

・毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップ
・スカウト機能

・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

おわりに

最後までお読み頂きありがとうございます。

年収470万円の手取り額と割合については、ある程度イメージできたと思います。他の年収についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。