年収800万円の税金(所得税・住民税)はいくら?【会社員と個人事業主に分けて計算方法を解説】


年収800万円の場合、どれくらい税金がかかるか知っていますか?税金は天引きされるケースが多いので、意識していない方がほとんどだと思います。このページでは、年収800万円の税金の額とその計算方法を「会社員」と「個人事業主」に分けて解説致します。ぜひご覧ください。

給料から天引きされる項目について

まず最初に、給料から天引きされる項目についてお話します。毎月振り込まれる給料からは、①所得税、②住民税、③健康保険、④厚生年金、⑤雇用保険が天引き(給料からあらかじめ引くこと)されています。額面年収からこれら5つの項目を引いた額が手取り年収となります。

このうち税金にあたるのが、①所得税と②住民税です。③健康保険、④厚生年金、⑤雇用保険は、税金ではなく社会保険料と呼びます。詳しくは、給料から天引きされる2つの税金と3つの社会保険料をご覧ください。

※40歳を過ぎると「介護保険」に加入しますが、このページでは割愛しています。

要約すると
  • ✓ 給料は税金と社会保険料が天引きされる
  • ✓ 税金は所得税と住民税
  • ✓ 社会保険料は健康保険、厚生年金、雇用保険

年収800万円の会社員の税金はいくら?

次に、年収800万円の会社員の税金(所得税と住民税)についてお話します。所得税と住民税の計算方法は難しくありませんので、ぜひご自身で計算してみてください。

所得税の計算

所得税は、下記の順番で計算をすれば簡単に算出することができます。

所得税の計算方法を2ステップで解説【会社員/主婦パート/アルバイト】

① 課税所得を求める

課税所得とは、課税対象所得のことで、総支給額から経費や控除額を引いた額のことです。課税所得は下記公式で算出できます。

【課税所得の公式】

課税所得=総支給額(基本給・残業代・手当)- 所得控除

【年収800万円の課税所得の計算例】

総支給額:800万円

所得控除:352万円
(内訳:基礎控除 38万円、給与所得控除  200万円 ※1、社会保険料控除 114万円 ※2

 

課税所得 = 800万円 - 352万円 = 448万円

※1 年収800万円 × 10% + 120万円 = 200万円

※2 基本的には、年収の14.22%になります

② 所得税を求める

所得税とは、国税の一つで「所得」に対して課される税金です。1月1日から12月31日までの1年間に生じた「所得」から所得控除を差し引いた課税所得に対して課税されます。所得税は、累進課税表を見ながら、下記公式に数字を当てはめれば算出できます。

【所得税の公式】

所得税 = 課税所得 × 税率 - 税額控除額

【年収800万円の所得税の計算例】

所得税 = 448万円 × 20% - 42.75万円

所得税 = 46.85万円

【累進課税表】

課税所得 税率 控除額
195万円以下 5%  0円
195万円〜330万円以下 10%  97,500円
330万円〜695万円以下 20%  427,500円
695万円〜900万円以下 23%  636,000円
900万円〜1,800万円以下 33%  1,536,000円
1,800万円以上 40%   2,796,000円
4,000万円以上 45%   4,796,000円

住民税の計算

住民税とは、各都道府県や各市町村に納める「地方税」です。住民税は、①前年の1月〜12月までの所得に応じて計算される「所得割」、②定められた額を一律に課される「均等割」を合算した金額を納付します。下記の公式に当てはめて実際に計算してみましょう。

住民税の計算方法を3ステップでわかりやすく解説

【住民税の公式】

住民税 = 所得割額 + 均等割額

所得割 = (前年の総所得金額- 所得控除額)× 税率(基本的に10%)- 税額控除額

均等割 = 約5000円

【年収800万円の住民税の計算例】

住民税 =(800万円 - 347万円 ※1)× 10% + 5000円 - 2000円

住民税 = 45.6万円

※1 基礎控除 33万円、給与所得控除  200万円、社会保険料控除 114万円

所得税と住民税の合計

お疲れ様でした!これで所得税と住民税の計算が終わりました。年収800万円の税金と手取り額を見てみましょう。

【年収800万円の税金】

所得税(46.85万円)+ 住民税(45.6万円)= 92.45万円

 

【年収800万円の手取り額】

年収800万円 - 税金(92.45万円)+ 社会保険料(114万円)= 593.55万円

年収800万円の個人事業主の税金はいくら?

個人事業主が支払う税金は、①所得税、②住民税、③個人事業税、④消費税 ※1です。どれも簡単な公式に当てはめれば算出できるので、ぜひ計算してみてください。

※1 消費税に関しては、開業してから2年間は「免税事業者」のため、割愛しています。

所得税の計算

所得税の計算は、会社員の場合とほとんど変わりません。下記の流れで計算を行えば、簡単に算出することができます。

所得税の計算方法を2ステップで解説【会社員/主婦パート/アルバイト】

① 課税所得を求める

課税所得とは、課税対象所得のことで、総支給額から経費や控除額を引いた額のことです。課税所得は下記公式で算出できます。

【課税所得の公式】

課税所得 = 総収入金額 ー 必要経費 ー 青色申告特別控除額 ー 所得税控除額

【年収800万円の課税所得の計算例】

総収入金額:800万円

必要経費:100万円

青色申告特別控除額:65万円

所得税控除:146.2万円

(内訳:基礎控除 38万円、国民健康保険料 89万円 ※1、国民年金19.2万円 ※2

 

課税所得 = 800万円 - 100万円 - 65万円 -146.2万円

課税所得 = 488.8万円

※1 国民健康保険料は上限が89万円

※2 国民年金は一律で月1.6万円、年19.2万円

② 所得税を求める

所得税とは、国税の一つで「所得」に対して課される税金です。1月1日から12月31日までの1年間に生じた「所得」から所得控除を差し引いた課税所得に対して課税されます。所得税は、累進課税表を見ながら、下記公式に数字を当てはめれば算出できます。

【所得税の公式】

所得税 = 課税所得 × 税率 - 税額控除額

【年収800万円の所得税の計算例】

所得税 = 488.8万円 × 20% - 42.75万円

所得税 = 55.01万円

【累進課税表】

課税所得 税率 控除額
195万円以下 5%  0円
195万円〜330万円以下 10%  97,500円
330万円〜695万円以下 20%  427,500円
695万円〜900万円以下 23%  636,000円
900万円〜1,800万円以下 33%  1,536,000円
1,800万円以上 40%   2,796,000円
4,000万円以上 45%   4,796,000円

住民税の計算

住民税とは、各都道府県や各市町村に納める「地方税」です。住民税は、①前年の1月〜12月までの所得に応じて計算される「所得割」、②定められた額を一律に課される「均等割」を合算した金額を納付します。下記の公式に当てはめて実際に計算してみましょう。

住民税の計算方法を3ステップでわかりやすく解説

【住民税の公式】

住民税 = 所得割額 + 均等割額

所得割 = (前年の総所得金額- 所得控除額)× 税率(基本的に10%)- 税額控除額

均等割 = 約5000円

【年収800万円の住民税の計算例】

住民税 =(800万円 -141.2万円 ※1)× 10% + 5000円 - 2000円

住民税 = 66.18万円

※1 基礎控除 33万円、国民健康保険料 89万円、国民年金19.2万円

個人事業税

個人事業税は、個人事業主に納付義務がありますが、年間事業所得が290万円以下の場合は納付義務はありません。納付する場合は、8月と11月の2回に分けて納付するのが一般的です。

【個人事業税の公式】

個人事業税 = 課税所得 × 税率 ※1

※1 税率は3%〜5%になります。ここでは5%で計算します。

【年収800万円の個人事業税の計算例】

個人事業税 = 488.8万円 × 5%

個人事業税 = 24.44万円

所得税、住民税、個人事業税の合計

お疲れ様でした!これで個人事業主の税金(所得税、住民税、個人事業税)の計算が終わりました。年収800万円の税金と手取り額を見てみましょう。

【年収800万円の税金】

所得税(55.01万円)+ 住民税(66.18万円)+個人事業税(24.44万円)= 145.63万円

 

【年収800万円の手取り額】

年収800万円 - 税金(145.63万円)+ 社会保険料(108.2万円)+ 経費(100万円)= 446.17万円

年収800万円の会社員と個人事業主の比較

最後に年収800万円の会社員と個人事業主の「税金」と「手取り額」を比べてみます。やはり、会社員の方が手取り額が多いです。個人事業主は、税金負担が大きいため、なかなか手取り額が増えません。そのため、経費を増やすなどの税金対策を行うしかないのです。

【年収800万円の会社員】

税金は92.45万円

手取り額は593.55万円

 

【年収800万円の個人事業主】

税金は145.63万円

手取り額は446.17万円

年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

年収アップを目指している方におすすめしているのが、下記の転職サービスです。有名な転職サービスばかりなので、ハズレはないです。

まれに知名度の低い転職サービスに登録されている方がいますが、高年収求人の数やサポートの質を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:キャリアカーバー
2位:ビズリーチ
3位:JACリクルートメント
4位:リクルートエージェント

必須:リクナビNEXT

第1位:キャリアカーバー

【おすすめ度】
【公式HP】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サービスです。リクルートキャリアが提携するヘッドハンター(コンサルタント)の中から、自分に合うヘッドハンターを選び、転職活動の支援を受けることができます。

キャリアカーバーの仕組みは、非常にシンプルです。「自身のレジュメ(匿名)を公開し、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ」です。受けたいと思えるスカウトがあれば、ヘッドハンターに相談しながら、選考に進めるので、安心して転職活動を行えます。

キャリアカーバーの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数 多い
特徴 ・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

第2位:ビズリーチ

【おすすめ度】
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

年収アップを目指している方に確実におすすめできるのがビズリーチです。リクナビNEXTやdodaとは異なり、ハイクラス向けの会員制転職サイトです。

高年収帯の求人をメインに扱っているので、年収500〜1000万円の方に非常におすすめです。(※登録後に非公開求人の閲覧が可能です)登録後に職務経歴書を具体的に記入することで、多くのスカウトが届くことでも有名です。

ビズリーチの評判と登録すべき人の特徴【実際に登録してみた】

対応地域 全国
探せる職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数 多い
特徴 ・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる

第3位:JACリクルートメント

【おすすめ度】
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。人材紹介事業においては、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。

現在の年収が500万円以上で、これから年収アップを目指している方におすすめです。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数 1万5,000件以上
特徴 ・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内第3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍

第4位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、人材最大手のリクルートが運営しており、転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、すべてがトップクラスです。

リクルートエージェントは、年収に関係なく転職をされているすべての方におすすめです。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

必須:リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、リクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方の中には、利用されている方も多いのではないでしょうか。

求人は全国を網羅し、幅広い職種を扱っているので、ご希望の求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思いますよ。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・転職者の約8割が登録
・転職決定数No.1
・約9割が正社員求人
・約85%の求人がリクナビNEXTの限定求人

・毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップ
・スカウト機能

・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

おわりに

所得税や住民税などの計算方法を紹介しましたが、「意外と簡単にできた」と感じている方が多いのではないでしょうか。税金の計算は、難しいものではありません。

慣れれば、自分の税金をすぐに計算でき、非常に便利です。特に副業をされている方は、確定申告の義務が発生する場合もあるので、慣れておくことをおすすめします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事