年末調整と確定申告の違いをわかりやすく解説


あなたは、年末調整と確定申告の違いを正確に言うことができますか?その違いを理解しないまま、税金の手続きを会社に丸投げしている人もいると思います。

しっかりと違いを理解すれば、所得税を払いすぎてたというようなことがなくなるでしょう。損をしないためにも年末調整と確定申告の違いについて理解しましょう。

おすすめのクラウド会計ソフトを比較【初心者にもわかりやすく解説】

年末調整と確定申告

年末調整と確定申告の大きな違いは、対象が違うということです。

年末調整は給与所得に対しての所得税額を計算する手続きで、確定申告はすべての所得に対しての所得税額を計算する手続きです。

より具体的に言うと、年末調整は会社からの給与所得に対しての所得税額を計算する手続きであるのに対して、確定申告は会社からの給与とそれ以外の所得を合わせたすべての所得に対して所得税額を計算する手続きです。

つまり、会社からの給与所得のみの場合は、年末調整だけで所得税額が確定するので、確定申告をする必要はありません。

所得税の計算方法を2ステップで解説【会社員/主婦パート/アルバイト】

住民税の計算方法を3ステップでわかりやすく解説

会社からの給与所得しか受け取っていない人でも年末調整と確定申告が必要なケース

基本的に、会社からの給与所得ののみの場合は、年末調整だけで所得税額額が確定するのですが、人によっては確定申告をする必要があります。その代表的なケースを見ていきましょう。

健康保険の得する情報【出産、育児、傷病手当、高額療養などを解説】

医療費控除を受ける場合

医療費控除は、自分を含め「生計を一にする」親族の医療費を支払った場合に受けることができる控除です。
1年間に10万円以上の医療費がかかっている場合、控除対象になります。医療費控除を受ける場合は、会社が手続きをするのではなく、自ら確定申告をする必要があります。

生命保険料控除を受ける場合

生命保険料控除は、生命保険料を支払った場合に受けることができる控除です。

生命保険料控除を受ける場合は、会社が手続きをするのではなく、自ら確定申告をする必要があります。
控除額は、平成24年1月1日以降に契約した生命保険料は、支払保険料が8万円を超えた時点で一律4万円になります。
平成23年12月31日以前に契約した生命保険料は、支払保険料が10万円を超えた時点で一律5万円になります。

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)を受ける場合

住宅ローン控除は、住宅ローンを利用してマイホームを購入し、一定の要件を満たす場合にうけることができる控除です。住宅ローン控除を受ける場合は、会社が手続きをするのではなく、自ら確定申告をする必要があります。

※住宅ローン控除は、上記の医療費控除や生命保険料控除などの所得控除とは違い税額控除と呼ばれるものです。
所得控除は所得から控除されるのですが、税額控除は税金(所得税)から控除されます(所得税から還付しきれなかった分は、住民税から差し引ける)。

おわりに

年末調整と確定申告の違いを少しだけでも理解して頂けたと思います。より詳しく知りたいという方は以下のページも参考にしてみてください。言い回しを変えているので、理解が深まると思います。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事