給料と源泉徴収

所得税の計算方法を2ステップで解説【会社員/主婦パート/アルバイト】


そもそも所得税ってなに?

所得税とは、「所得」に対して課される税金です。1月1日から12月31日までの1年間に生じた「収入」から所得控除額を差し引いた「所得(課税所得)」に対して課税されます。

所得税は、1月1日から12月31日までの1年間に生じた「収入」から所得控除額を差し引いた「所得(課税所得)」に対して課税されます。

所得税は、収入に対して課されるのではなく、「収入ー所得控除 」で求める課税所得に対して課されます。ここで注目したいのが、「所得控除」です。収入が同じ人でも、全14種類ある所得控除のなかから、なにが適用されるかによって課税所得が変わるのです。つまり、所得控除を賢く使うことで所得税を減らせます。

例えば、結婚されている方は配偶者控除、子どもがいる方は扶養控除が適用されます。(※所得控除については、下記で解説しています)

所得控除とは?計算方法もわかりやすく解説【申告漏れをなくして節税(税金対策)】

所得税の計算方法

ステップ1:課税所得を求める

課税所得とは、課税対象の所得のこと。収入から所得控除を差し引けば求められます。

【課税所得の公式】
収入 ー 所得控除=課税所得

例:年収400万円の課税所得

収入400万円 ー 所得控除228万円(基礎控除38万円、給与所得控除134万円、社会保険料控除56万円)= 172万円

所得控除とは?

結婚されている方は配偶者控除、子どもがいる方は扶養控除、病気で多額の医療費が掛かった方は医療費控除など、全部で14種類の所得控除があります。人によって適用される控除が所得控除が異なるので、損をしないように確認することをおすすめします。

  1. 基礎控除
  2. 雑損控除
  3. 医療費控除
  4. 社会保険料控除
  5. 小規模企業共済等掛金控除
  6. 生命保険料控除
  7. 地震保険料控除
  8. 寄附金控除
  9. 障害者控除
  10. 寡婦(夫)控除
  11. 勤労学生控除
  12. 扶養控除
  13. 配偶者控除
  14. 配偶者特別控除

給与所得控除とは?

給与所得控除とは「所得控除」とは異なり、給与所得者であれば誰もが、収入から差し引くことのできる控除です。給与所得控除額は、下記の式に当てはめれば計算できます。

給与等の収入金額 給与所得控除額
180万円以下 収入金額×40%(65万円に満たない場合には65万円)
180万円〜360万円 収入金額×30%+18万円
360万円〜660万円 収入金額×20%+54万円
660万円〜1000万円 収入金額×10%+120万円
1000万円〜2200万円 220万円上限

ステップ2:所得税を求める

課税所得が求められたら、あとは所得税の公式に当てはめるだけです。下表を参照して実際に計算してみてください。

【所得税の公式】
課税所得 × 税率 - 税額控除額=所得税

例:年収400万円の所得税

228万円 × 10% - 9.75万円 = 130,500円

課税所得 税率 控除額
195万円以下 5%  0円
195万円〜330万円以下 10%  97,500円
330万円〜695万円以下 20%  427,500円
695万円〜900万円以下 23%  636,000円
900万円〜1,800万円以下 33%  1,536,000円
1,800万円以上 40%   2,796,000円
4,000万円以上 45%   4,796,000円
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事