メル・ロビンスの「5秒の法則(5秒ルール)」とは?


「早起きができない!」

「ダイエットができない!」

「仕事が締め切り間近なのにやる気がでない!」

これらの悩みを一瞬で解決する方法があります。それが、5秒の法則(5秒ルール)です。有名なモチベーションアップの方法なので、知っている方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな「5秒の法則」について解説します。

動画でも紹介しているので、時間のない方は、聞き流しながら見て頂ければ嬉しいです。


5秒の法則(5秒ルール)とは?

5秒の法則とは、アメリカのテレビ司会者であるメル・ロビンス氏が提唱している「やるべき事が頭に浮かんだら、5・4・3・2・1・GO!で行動に移す」というモチベーションアップの方法です。

例えば、、、

早起きする! 5・4・3・2・1・GOで起き上がる

勉強しなきゃ! 5・4・3・2・1・GOで勉強を開始する

え、これだけ?という声が聞こえてきそうですが、5秒の法則は人間の脳をうまく使った方法として、世界中で注目されています。5秒の法則の何がすごいのか、次章で解説します。

なぜ5秒なのか?

人間の脳は、「何かやる必要があるとき、5秒以上考えると、やらなくてもいい理由を考え出す」という習性を持っています。5秒の法則では、やならくてもいい理由を考え出す前、つまり5秒以内に行動を起こすことで瞬間的に行動を喚起させるのです。

この方法はどんな場面でも応用することができるので、日常的に意識すれば、行動力をすぐに身につけることができます。最初は5秒以内に行動することが苦痛に感じることもあると思います。しかし、2〜3週間すれば、5秒の法則を意識せずとも、行動を起こすことができます。

つまり、5秒の法則を習慣化することで、苦痛を伴わずに行動を起こすことが可能なのです。

5秒じゃなくてもいい?

5秒の法則は、「やるべき事が頭に浮かんだら、5・4・3・2・1・GO!で行動に移す」という方法ですが、5秒という数字に決まりはありません。

5秒以内であれば、何秒でも良いのです。

1秒でもOK

2秒でもOK

3秒でもOK

4秒でもOK

もちろん5秒でもOKです。

1秒ルールで、瞬発的に行動に移すことができる人もいるので、習慣化する中で自分にあった秒数を見つけると良いでしょう。

5秒の法則はビジネスパーソンの必須スキル

「やらなければいけない仕事があるのに体が動かない」

「締め切りギリギリまでやる気になれない」

社会人であれば、一度は経験したことがあると思います。

5秒の法則を使えば、このような経験を二度と繰り返すことはないでしょう。5秒の法則は、習慣化しやすい方法なので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

最後に、マーガレット・サッチャーの言葉を紹介して終わります!

考えは言葉となり、言葉は行動となり、行動は習慣となり、習慣は人格となり、人格は運命となる。

マーガレット・サッチャー


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好き/趣味はお酒とサウナ
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。