追認バイアスとは?【ビジネスや投資で失敗しないための心理学】


追認バイアスとは

追認(ついにん)バイアスとは、「自分に都合の良い情報だけを集め、自分に都合の悪い情報を排除する心理」です。追認バイアスにかかると、自分に都合の良い情報だけにしか目がいかない状況となり、冷静な判断ができなくなるのです。

例えば、株式投資で考えてみましょう。Aさんは株式投資で成功しているBさんから「◯◯社の株式に投資するべき!」と言われ、その株式を購入しました。しかし、株式は一気に下落してしまいます。

本来であれば、この時点で損切りすべきです。しかしAさんは、株式投資で成功しているBさんから「◯◯社の株式に投資するべき!」とおすすめされたので、絶対にこれから上がるだろうと判断してしまうのです。これが追認バイアスです。

「◯◯さんから言われたから、絶対大丈夫!」

「みんなが言っているから、絶対成功する!」

これはただの思い込みであり、追認バイアスにかかっている状態と言えます。ビジネスや投資の重要な局面では、常に疑う姿勢を持ち、冷静な判断を心がけましょう。

追認バイアスの例

先ほどは、株式投資を例に説明しましたが、もっと身近な例をご紹介します。下記のように日常シーンにおいても、追認バイアスがあります。

「異性のタイプは日本人!」→本当は外国人の方がいいかもしれません。

「住む場所は日本が一番いい!」→もっと住みやすい国があるかもしれません。

「日本のごはんが一番おいしい!」→もっとおいしい国があるかもしれません。

おわりに

追認バイアスにより、冷静な判断ができにくくなる。ビジネスや投資においては、人から聞いたことだけでなく、自分で調べた情報を基準に判断する癖をつけると良いでしょう。

これだけでもビジネスや投資の飛躍的な成果が期待できます。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事