年末調整の意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


年末調整とは

年末調整とは、「1月1日〜12月31日の1年間に支払われた給料や源泉所得税の過不足を12月に調整すること」です。

会社が従業員に対して支払う給料は、あらかじめ所得税が天引きされた額です。会社は、給料から天引きした所得税を預かり、従業員の代わりに、国に納付しています。この仕組を源泉徴収と言い、源泉徴収される所得税のことを源泉所得税と言います。

天引きされている所得税は概算額!?

所得税は毎月給料から天引きされていますが、本来は「その年に支払うべき税金の額は、その年が終わるまでわからない」はずです。つまり、給与から引かれている所得税は概算額に過ぎないのです。

ここで1つ問題があります。

年が終わるまで、税金の額は決定しませんが、毎月の給与から所得税が引かれている。この場合、払い過ぎということもある?

その通りです。

支払い過ぎや支払い不足の方もいます。そのような方のために、年末時期に、これまでの源泉所得税などを計算し直す。これが、年末調整です。支払い過ぎの場合は還付され(お金が戻ること)、支払い不足の場合は追加で支払うことになります。

知っておきたいビジネス用語一覧

ビジネスシーンで「知っておくべき用語」「役立つ用語」をまとめています。ビジネス用語は、ビジネスパーソンにとって必須スキルです。わからない単語があれば、ぜひチェックしてみてください。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

ら行

わ行

0〜9 A〜Z


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好き/趣味はお酒とサウナ
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。