可処分所得の意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


可処分所得とは

可処分所得(かしょぶんしょとく)とは、「給料やボーナスから税金や社会保険料などの支払い義務のある金額を差し引いた所得のこと」です。

簡単に言うと、可処分所得は自由に処分できる所得であり、「手取り収入」と同じ意味です。会社員の方であれば、給料は税金や社会保険料が天引きされた金額を受け取ります。これが可処分所得です。

可処分所得の計算式

可処分所得は、手取り収入と同じ意味ということがわかりました。では、可処分所得はどのように求めるのでしょうか。可処分所得は、「年収ー税金ー社会保険料」で求めることができます。

可処分所得=年収ー税金ー社会保険料

知っておきたいビジネス用語一覧

ビジネスシーンで「知っておくべき用語」「役立つ用語」をまとめています。ビジネス用語は、ビジネスパーソンにとって必須スキルです。わからない単語があれば、ぜひチェックしてみてください。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

ら行

わ行

0〜9 A〜Z


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好き/趣味はお酒とサウナ
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。