確定申告の意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


確定申告とは

確定申告とは、「1年間(1/1〜12/31)のすべての所得に対してかかる税額を計算して、翌年(2/16〜3/15)に税務署へ申告し、納税額を確定すること」です。

言い換えると、確定申告は1ヶ所(会社)からの給与とそれ以外の所得(給与所得のほかに雑所得、事業所得など)がある人が、そのすべての所得に対してかかる税額を計算する手続きのことです。

税務署での確定申告が原則ですが、サラリーマンのように給与のみの収入の場合、確定申告の代わりに年末調整で所得税額を確定します。年末調整の手続きは会社が行うので、税務署に行く必要はありません。

副業しているサラリーマンの場合

もし、サラリーマンが給与以外の収入、つまり副業の収入があれば、年末調整だけでは所得税額を確定できません。そのため、本業の給与について年末調整した上で、すべての所得について確定申告をすることになります。

一方、自営業の方は自分で確定申告をする必要があります。会社員とは異なり、給料から所得税が引かれていない分、確定申告の際に前年の収入を証明する書類を提出します。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事