職場の人間関係に疲れた人が楽になる5つの対処法


人間関係のストレスが原因で辞めていく人は非常に多く、転職する理由で最も多いのが「職場の人間関係」と言っても過言ではありません。人間関係は本当に大変です。相性が合う合わないという、単純な話ではありません。

「なんでこの場面でそんなことするの?」

「なんで人の悪口を言うの?」

など、1つ1つの小さな行動が目に止まり、相手に対して嫌悪感を持ちます。そして、人間関係が悪くなり、「あーもう会社に行きたくない」と考えてしまう。

金曜日になると「明日から休みだー!」とテンションが上がる。

日曜日になると、「明日からまた仕事か…」とブルーになる。

このサイクルで毎週を過ごしている人がどんなに多いことか。でも安心してください。職場の人間関係で悩んでいる人はあなただけではありません。私も、もともと会社の人間関係で悩んでいましたが、今はまったく苦ではありません。

職場の人間関係に疲弊することのないように、5つの対処方法をご紹介します。

社内で相談できる人を作る

あなたは社内に相談できる人はいますか?

人間関係でストレスが溜まっている人の多くは、社内に相談できる人が少ないです。ストレスのはけ口がなく、会社に行く度にストレスを家に持ち帰る。そのような状況では、家で身体を休めることはできません。

会社で起こった嫌なことを共有したり、会社の愚痴を言い合える仲間を見つけましょう。相談するだけで、全然違いますよ。先日会った、転職エージェントの方がこんなことを言っていました。

「(転職の相談に乗る時)みなさん本当に会社の不満が多いんですよ。一通り不満を吐き出した後は、スッキリして、転職をする気はなくなっています。今の会社でうまくやっていくべきかの話になるんですよね。要するに、みなさん会社であったストレスフルな出来事を聞いて欲しいんですよね。」

話すことで自分の中で問題が整理され、衝動的に考えていた転職という選択肢を選ばなかった例ですね。家族や友達に相談するのも良いですが、社内で起きた出来事を100%理解してもらえることはないでしょう。社内の人間ではないですからね。

なので、まずは社内に信頼できる先輩・同期を作りましょう。そういう人がいない場合は、仲良くなるための突破口を作るために、同期をランチに誘って、近況報告をしてみるといいですよ。きっと、この人なら信頼できるという人が見つかるはずです。

思ったことは口に出す

人間関係で疲れてしまう人には、神経質な人が多いです。

「なんでこの場面でそんなことするの?」

「なんで人の悪口を言うの?」

など、小さな出来事でも敏感に反応してしまうのです。

ここで問題なのが、“思っているだけ”という状態です。口に出さなければ、モヤモヤした気持ちだけが残ります。「そうは言っても、口に出すのは難しい」これが本音だと思います。しかし、それではあなたのストレスは溜まっていくばかりです。

思ったことを口にだすためのコツ

思ったことを口にだすために、以下の2つを意識しましょう。

① 嫌われる勇気を持つ

② 自分に正直でいる

アドラーの心理学にあるように、“嫌われる勇気”を持つことで、心をオープンにできます。オープンにすれば、裏表がなくなり、ストレスを感じることも減っていきます。自分に正直になり、自分らしく行動することは、非常に重要です。

聞き上手になる

友人と会話しているシーンを思い出してください。

それは、あなたが話をしているシーンでしたか?それとも、相手の話を聞いているシーンでしたか?

多くの人が、自分が主役だと言わんばかりに話したがります。「自分が話した量 50:相手が話した量 50」になることはまずありません。

あなたにも、おしゃべり好きな友達がいると思います。「聞き疲れたなー」と思ったことはないですか?ありますよね。うんざりしている方もいると思いますが、ここで朗報。基本的に人間は、自分の話を聞いてくれる人に好感を持ちます。

つまり、自分が話す時間よりも聞く時間を増やすことで、相手から信頼を得られるだけでなく、良好な人間関係を構築できるのです。会社で一番の聞き上手になれば、コミュニケーションの場が増えて、仲の良い同僚ができるかもしれません。そうすれば、自ずと人間関係で疲れることはなくなります。

休憩時間を有効に使う

あなたは休憩時間を有効に使えていますか?

イエスと答えられる人は少ないと思います。ほとんどの人が、社内だけで休憩時間を過ごすのではないでしょうか?これでは、心も身体もリフレッシュできません。

特に、人間関係で疲れている人は、職場から離れ、外の空気を吸うことが重要です。

電話の音やキーボードを叩く音を遮断するだけで、気持ちがスッキリしますよ。場所によってストレスの感じ方は違います。休憩時間はなるべく外出して一時的に職場から離れてみましょう。

相手の態度を変えようとするな!自分を変えろ!

人間関係でストレスを抱えている多くの人が「相手が態度を改めてくれたら、解決するのに。」と考えています。

しかし、残念ながら他人(相手)を変えることは難しいです。(想像してみてください。あなたの嫌いな上司が明日から「おはよう」なんて優しい声で挨拶してくると思いますか?)

そこで、より簡単な方法として、“自分を変えてみる”ことをおすすめします。自分が変われば、相手も変わっていきます。これは、心理学で言う「投影(ミラーリング)」の効果です。相手は自分を映し出す鏡なので、意識するだけで、職場の人間関係は改善していくはずです。

人間関係で疲れたら、転職も一つの手段です

会社はストレスを溜めに行く場所ではありません。あなたが職場の人間関係で疲れ、本来のパフォーマンスを発揮できていないのなら、転職も一つの手段です。

転職の理由は人それぞれ。私は「自分らしく働ける職場」が一番だと考えます。リクルートエージェントdodaのような転職エージェントを利用すれば、無料で転職サポートを受けられるので、初めての転職でも安心です。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

転職のプロがおすすめする転職サイトと転職エージェント


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。