データ集計

KPIとKGIの意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


KPIの意味とは?

KPIとは「Key Performance Indicator」の略称で、重要業績評価指標のことです。より簡単に言うと、後述するKGIを達成するためのプロセスを計測する指標のことを指します。

例えば、売り上げ目標1,000万円の営業マンの場合を考えてみましょう。1,000万円の売り上げを達成するための電話の件数、客先訪問数、提案回数などの各プロセスの数値がKPIとなります。

KGIの意味とは?

KGIとは「Key Goal Indicator」の略称で、重要目標達成指標のことです。ビジネスにおける最終目標を数値化した指標のことを指します。

前述した売り上げ目標1,000万円の営業マンの場合、売り上げ目標1,000万円という数値がKGIとなります。

KPI・KGIを立てるメリット

①仕事に取り組む優先順位が明確になる

何かのプロジェクトを始めるには、必ず目的が必要です。この目的にあたる数値がKGIとなります。KGIが明確になれば、達成に向けて個々が取り組むべきミッションとその優先順位が明確になり、仕事がスムーズに進みます。

②仕事の定量的な評価が可能になる

KPI・KGIが決まれば、重視すべき指標が明確になります。例えば、「最近の売り上げの調子は悪いです」といった定性的な評価ではなく、「先月と比較して受注率が80%で改善が必要だ」といった定量的な評価ができるため、仕事における具体的な改善点を発見し、進捗度を測ることができます。

③個人の成長に活用ができる

KPI・KGIを設定することで、どこがうまく行っており、どこを改善すべきかが明確になります。結果として、PDCAを効率よく回すことができ、成長に繋がります。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事