パラレルキャリアの意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


パラレルキャリアの意味

パラレルキャリアとは、「本業をしながら、ボランティア活動などの第二の活動を行うこと」を指します。(複業と呼ばれることもあります)ワークスタイルの多様化によって広がりつつある考え方で、「もしドラ」で有名な経営学者の「ピーター・ドラッカー」が最初に提唱しました。

第二の活動の例としては、ボランティア活動以外にも、社会人インターンやアーティスト活動など、さまざまな活動があります。働き方が多様になることで、仕事とプライベートを分けた考え方であるワークライフバランスではなく、ワークアズライフという言葉がより重要になりつつあるのかもしれません。

パラレルキャリアと副業との違い

本業をしながら第二の活動を行う、と聞くと「副業」と同じだと思われる方がいるかもしれません。しかし、パラレルキャリアと副業とでは「取り組む目的」と「本業との立ち位置」が少し異なります。

一般的にパラレルキャリアは、「社会貢献や自己実現、自身のスキルアップ」を目的に行われ、副業は「本業に次ぐ収入を得ること」を目的として行われることが多いです。また、パラレルキャリアの活動と本業は、同等の優先順位で扱われるのに対し、副業においては本業が最優先として扱われることが多いです。

パラレルキャリアのメリット・デメリット

パラレルキャリアには、どのようなメリットとデメリットがあるでしょうか?それぞれ見てみましょう。

パラレルキャリアのメリット

①収入がアップする

金銭的な報酬をもらえる活動も多く、収入源が増えることが期待できます。

②本業に活かせるスキルや人脈が手に入る

パラレルキャリアの第二の活動では、本業では出会えない人に触れる機会、そしてスキルが磨かれる機会が多数あります。これらの経験や人脈は本業にも活かせることが多く、本業との相乗効果が見込めます。

③自己実現が叶う

「お金がもらえなくても、本当にやりたいこと」を実現する場として選択する人も多く、本業では得られない達成感を得る事ができます。

パラレルキャリアのデメリット

①時間が無くなる

パラレルキャリアの活動は、平日の仕事終わりの時間、土日の余暇の時間を使うことになり、自分の時間が無くなるデメリットがあります。時には時間的、体力的に余裕がなくなり、本業に支障をきたす場合もあるため、バランスを考えて取り組む必要があります。

②周りからの理解を得られない場合がある

パラレルキャリアは、広まりつつある考え方ですが、複業を認める企業は少なく、一般的にはまだ浸透していません。本業の上司などから理解を得られないことも多々あり、パラレルキャリアの実現には、自身の強い意思と周りからの理解や協力が必要になります。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事