アントレプレナーの意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


アントレプレナーの意味

アントレプレナーとは、「自ら事業を起こす人、つまり起業家のこと」を指します。特に、ベンチャー企業の経営者を指す事が多いです。

ソフトバンクの創業者である孫正義氏、ZOZOの創業者である前澤友作氏も日本で有名なアントレプレナーの一人です。

アントレプレナーに必要な4つの資質

①変化に適応する力がある

近年では、ITなどの先進技術が日々めまぐるしく変化しており、ビジネスの世界でも常に変化に適応することが求められます。進化論で有名なダーウィンも、「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」と言葉を残しており、アントレプレナーにも特に必要な資質です。

②儲かるからではなく、仕事が好きだからやる

起業することは、非常に大変なことです。最初のうちは、1日のほとんどを仕事に費やすこともあります。長時間のハードワークに耐えるためには、純粋に目の前の仕事が「好きだからやる」というワクワクをベースにした気持ちが重要になります。

③ビジネスチャンスへの高い感度がある

市場の動きや顧客の心理のちょっとした変化にも気づき、ニーズのあるサービスは何かを常に把握する力が必要になります。優秀なアントレプレナーは、総じて情報感度が高く、日々ニュースや記事などで社会の動向をチェックしています。

④人を動かす力がある

起業をする場合、多くの人の助けが必要になります。そのため、自身の夢や情熱を周りに伝え、周囲の人を動かす力が必要になります。人を従える立場になるため優れたアントレプレナーは、優れた人格者であることが多いです。

アントレプレナーになるには

小さくても今からビジネスを始めてみる

現代では、ITやWEBサービスの発達に伴い、パソコン1つで誰でも事業を始められる時代になりました。事前準備に時間をかけ過ぎるよりも、スモールビジネスから始める方が多いです。実践を通じて得られる学びは非常に貴重であり、成長の角度は高くなります。

アントレプレナー教育を受ける

起業について学ぶ専門学校や経営に関する大学の授業、アントレプレナーのコミュニティなど、アントレプレナーに関して学ぶ場所は多数存在します。自分にあったものを選び、経営を体系的に学ぶ手段として活用する人も多いです。

関連書籍で学ぶ

著名な経営者の本は非常に参考になります。有名な経営者として、アメリカの伝説の投資家であるウォーレン・バフェット、マイクロソフト共同創業者であるビル・ゲイツ、FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグなどの本は特に人気があります。彼らがアントレプレナーとして活躍するに至った軌跡から学ぶことは非常に多いです。


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。