UIとUXの意味とは?それぞれの違いを解説【知っておきたいビジネス用語】


UIとUXの意味

UIとは、ユーザーインターフェイス(User Interface)の略で、「ユーザー(消費者)と製品やサービスとの接点のこと」です。

一方、UXとは、ユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略で、「ユーザー(消費者)が製品やサービスを通じて得られる経験のこと」です。

UIとUXの違い

UIとUXの違いをWebサイトを例に見てみましょう。

  • 購入ボタンの形や位置
  • デザインや文字のフォント

上記のように、画面の操作性、表示形式がUIにあたります。製品であれば製品そのものや外観など、ユーザーの視覚に触れる全ての情報のことをUIと呼びます。

一方で、、、

  • デザインが綺麗でサイトの配置がわかりやすい
  • 資料請求フォーム入力までの流れが明確で分かりやすい
  • 届いた商品の質が高く、生活が便利になった

上記のように、使いやすさ、満足感、ストレスの少なさ、革新性や驚きがUXにあたります。

UIとUXの改善のためには

ユーザーを明確にする

まずは製品やサービスを利用するユーザーを決めます。年齢や性別、ライフスタイルなどの細かい情報も設定すると、ユーザーに適したUI/UXの改善を行うことができます。

ユーザーの体験の全体像を把握する

ユーザーがサービスを利用する際のフローを洗い出し、可視化をすることで、ユーザーがどのようにサービスに接し、どのような体験をしているかを把握できます。結果として、ユーザーの不満や要望に気付くことができ、ユーザー視点のUI/UXの改善を行うことができます。

自身でサービスを利用する

最後は、自分自身がユーザーの視点に立って、製品・サービスを体感してみましょう。よりユーザーの視点にたったUI/UXの改善点を発見できます。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事