グロースハックの意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


グロースハックの意味とは?

グロースハックとは、「ユーザーから得られたデータを基に、マーケティング課題の改善を継続的に行い、サービスを成長させるための手法のこと」です。

近年、グロースハックが非常に注目されています。その理由は、Webサービスやアプリのライフサイクルが短いためです。Webサービスやアプリは、参入障壁が低く、競合が多い環境のため、ユーザー満足度が高いサービスのみしか生き残ることができなくなっています。

ユーザー満足度を高めるためには、グロースハックが必須であり、今後ますます需要が高まると考えられています。

グロースハックと従来のWebマーケティングとの違い

グロースハックと従来のWebマーケティングとの違いとしては、「サービス自体に新たな機能や成長の仕組みを加える施策を行うか否か」という点です。

従来のWEBマーケティングは、SEO施策やアクセス解析、広告出稿などのサービスリリース後のPRやマーケティングの色が強い手法を指します。

一方、グロースハックは、上記のWEBマーケティングの手法に加え、サービス自体に新たな機能や成長の仕組みを加えて、拡散の仕組みを作ります。

例えば、FacebookやInstagramの友達のタグ付け機能は、タグ付けされた人にもサービスの通知がいくなど、拡散の視点でグロースハックの良い事例と言えます。

グロースハックの事例

Twitter

現在でこそ全世界で月間UU(ユーザー数)3億人を超えるサービスとなったTwitterですが、サービス開始当初はユーザー数の伸び率が少ないことが課題でした。

そこで、下記のようなグロースハックが実施されています。

①複雑化していたホームページの説明を簡素化した

→ユーザーが急速に増え、サインアップ率の大幅改善

②「ある程度ユーザーをフォローしていなければ、Twitterの良さは理解されない」という仮説の基、ユーザーに5人以上のフォローを促進

→ユーザーの再訪問率や利用継続率が大幅改善

Dropbox

ユーザー数5億人を超えるオンラインストレージサービスであるDropbox。サービスが拡大した背景には、下記のようなグロースハックがされていました。

①サービス登録フローの簡素化

②サービスへの知人招待によるインセンティブ設計

③FacebookやTwitterなどのSNSとの連携

④ゲーミフィケーション(ゲームをクリアすると、無料で容量を獲得できる)の実施

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事