インキュベーションの意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


インキュベーションの意味とは?

インキュベーションとは、「新規事業の創出や起業の支援を行い、その成長を促すこと」です。インキュベーション(Incubation)という言葉はもともと、「卵の孵化」という意味です。それが転じて、新規事業の創出・育成という経済用語になりました。

インキュベーションの関連用語

インキュベーター

インキュベーターとは、「起業家に対して経営指導やノウハウ提供などの支援を行う団体や個人のこと」を指します。もともとは、「生まれたばかりの乳児を育てる保育器」の意味です。

インキュベーションプログラム

インキュベーションプログラムとは、 「新たに事業を起こす個人やベンチャー企業などへの支援プログラムのこと」を指します。起業には、ビジネスアイデアはもちろん、経営の知識やノウハウなどのサポートが必須です。インキュベーションプログラムでは、起業に必要なサポートを全面的に受けることができます。

インキュベーションオフィス

インキュベーションオフィスとは、「新たに事業を起こす個人やベンチャー企業などを支援する賃貸オフィスのこと」を指します。オフィスの貸与に加えて、事業のコンサルティングなどの各種支援がセットになっています。地方自治体などの公共機関が運営していることが多く、安価な価格で入居できるケースが多いです。


この記事をかいた人

リクルートキャリアの現役転職エージェント。大手企業からベンチャー企業まで100社以上の採用を支援。趣味は、「キャリア論」「仕事術」「副業」「筋トレ」など。Twitterでも定期的に発信しています。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。