インプレッションとは?【知っておきたいビジネス用語】


インプレッションとは

インプレッションとは、「Webサイト上に広告が表示されている状態のこと」です。関連して、実際に広告が表示された回数のことをインプレション数と言います。

雑誌やテレビでは、「読者や視聴者に何回コンテンツを見てもらったか」を計測することは困難です。一方、ネット広告では、「ユーザーに広告を何回見てもらったか」を計測することができます。そのため、ネット広告を利用したマーケティング施策において、インプレッション数は重要なデータとして利用されています。

インプレッションとPVの違い

インプレッション数と似ている概念として、PV(ページビュー)があります。PVとは、「WEBサイトの特定ページの表示回数を表す指標」です。簡単に言うと、特定ページが何回読まれたのかを表します。

一方、インプレッション数は「Webサイト上に広告が表示された回数」のことであり、概念がまったく異なります。例えば、ユーザーが1ページを閲覧した場合は1PVとなりますが、そのページに広告が3つある場合は3インプレッションとなります。

インプレッションの計算方法

インプレッションは、「PV×広告数」で計算ができます。

例えば、10PVで3つの広告が掲載されている場合、「10×3=30」で30インプレッションとなります。


この記事をかいた人

(株)リクルートキャリアの現役転職エージェント。大手企業からベンチャー企業まで100社以上の採用支援実績あり。「キャリア論」や「仕事術」「副業」「筋トレ」が最近の興味。twitterでも定期的に発信しています。
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。