労働集約型の意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


労働集約型とは

労働集約型とは、「労働力に対する依存度が高い(産業)」という意味です。労働集約型のビジネスは、お金や機械よりも労働力に対する依存度が高いため、人件費の割合が高くなります。

労働集約型の例としては、サービス業があります。サービス業は、接客対応を中心とするため、多くの従業員を雇用する必要があり、人件費の割合が高くなります。

■労働集約型の例
・介護業
・接客業
・建設業
・飲食業

資本集約型とは

労働集約型の対義語として、資本集約型があります。資本集約型とは、「資本に対する依存度が高い(産業)」という意味です。資本集約型のビジネスは、労働力よりも資本設備に対する依存度が高いため、設備投資の割合が高くなります。

資本集約型の例としては、重化学工業(鉄鋼、石油、化学など)があります。重化学工業は、莫大な設備投資がかかるので、参入障壁が非常に高くいことが特徴です。

■資本集約型の例
・製造業
・インフラ

この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。