なるはやの意味とは?【知っておきたいビジネス用語】


なるはやとは

なるはやは、「なるべく早く」の略語として使われています。「なるべく早くお願いします」と伝えたい場合に、「なるはやでお願いします」というように使います。

ビジネスシーンで使われることが多いですが、会社や人によっては、馴染みのない略語なので、多用するのは避けたほうが良いでしょう。

なるはやはどれくらいの人が使っている?

なるはやという言葉をどくらいの人が使っているかについて、見てみましょう。結果、「よく使っている」「使っている」合わせて6.8%で、ほとんどの人が使っていないようです。

Q.「なるはや」という言葉を使っていますか?

よく使っている:2.2%
使っている:4.6%
あまり使っていない:18.0%
使っていない:75.2%

出典:マイナビニュース


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。