仕事に役立つ「作業興奮」とは?【やる気が起きない時の特効薬】


作業興奮とは

作業興奮とは、心理学者クレペリンが提唱した「やる気がない状態でも、いったん行動を始めると、やる気が出て簡単に継続できるようになる心理現象のこと」です。

「面倒くさいと思っていた作業も、一度始めたら、あっという間に終わってしまった。。。」このような経験はありませんか?これが作業興奮です。作業興奮は、自分の脳をうまく騙し、やる気を出している状態とも言えます。

作業興奮のメカニズム

出典:http://www.benkyoupro.com/yaruki999/yaruki02/

作業興奮のメカニズムを簡単に説明すると、下記のようになります。

  1. 手足や頭を使うと側坐核が刺激される
  2. 側坐核が刺激されることでドーパミンが分泌する
  3. ドーパミンが分泌されることでやる気が出る

作業興奮を起こすコツ

作業興奮を起こすためには、まず行動することが不可欠です。やるべきことが目の前にあったら、嫌でも手を動かしてみる。これだけで作業興奮が起きる可能性が高まります。

作業興奮を起こすために最低限必要なこと

作業興奮を起こすために最低限必要なことは、「睡眠」と「運動」です。

特に、睡眠は非常に重要で、睡眠不足の状態ではエネルギー不足により作業興奮が起きにくいとされています。また、適度な運動をすることで、脳を刺激することができ、作業興奮が起きやすいと言われています。

5秒の法則ですぐに行動する癖をつける

そもそも行動するやる気が出ない。。。このような状態のときは、「5秒の法則」を利用してみると良いでしょう。5秒の法則は、「やるべき事が頭に浮かんだら、5・4・3・2・1・GO!で行動に移す」というモチベーションアップの方法です。

「たったこれだけ?」と思うかも知れませんが、5秒の法則は世界的に有名なモチベーションアップの方法です。5秒の法則について、メル・ロビンスの「5秒の法則」とは?で詳しく解説しています。

まとめ

作業興奮について、少しだけでも理解して頂けたら幸いです。作業興奮をうまく利用すれば「面倒くさくて動けない」という悪い癖を直すことができます。ぜひ、作業興奮を日常的に利用して、活発な毎日を送ってください。

①作業興奮とは

→やる気がない状態でも、いったん行動を始めると、やる気が湧き簡単に継続できるようになる心理現象のこと

②作業興奮を起こすためには

→まずは行動が重要。そもそも行動するやる気がでない場合は、5秒の法則をうまく利用する

③作業興奮を起こすため最低限必要なこと

→睡眠と運動


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。