マーケティングで使われる「F1層」や「F2層」の意味とは?


F1層とは

F1層やF2層は、性別と年齢層を表す言葉です。テレビの視聴率調査や商品開発、マーケティングの分野で、ターゲット選定の際に使われます。

F1層のFは、Female(女性)の略です。その他にも、MはMale(男性)、CはChild(子ども)、TはTeenager(ティーエイジャー)の略です。

名称意味
F1層20〜34歳の女性
F2層35〜49歳の女性
F3層50歳以上の女性
M1層20〜34歳の男性
M2層35〜49歳の男性
M3層50歳以上の男性
C層4〜12歳の男女
T層13-19歳の男女

年齢層ごとにターゲットを分ける意味はあるの?

マーケティングの世界では、必ずターゲットを決定します。「どの年代層に向けた商品・サービスなのか?」ターゲットを決めることで、効果的に商品・サービスのプロモーションが可能になります。

一方、ターゲットを決定しないで、商品・サービスをリリースしても、お客様に効果的にリーチできないため、失敗に終わるケースが多くなります。そのため、F1層やM1層のように、年齢層ごとにターゲットを分けるのは、マーケティングの基本なのです。

F1層が一番重要?

各年齢層のなかで、F1層(20〜34歳)がひときわ注目されます。その理由は、トレンドに敏感で消費意欲が強い世代だからです。そのため、F1層を狙ったテレビコマーシャルやドラマ、商品・サービスが多い傾向があります。


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。