リスティング広告とは?【知っておきたいマーケティング用語】


リスティング広告とは?

リスティング広告とは、「検索キーワードに応じて表示される広告」を指します。検索結果に連動して広告が出稿されるため、検索連動型広告とも呼ばれます。

ユーザーが検索したキーワードに応じた広告がすぐに表示されるため、効果的な広告効果を生むことができます。そのため、Webマーケティング手法の一つとして非常に有用です。

リスティング広告のメリット

メリット①:特定のターゲットに向けた広告配信ができる

ユーザーが検索したワードに対する広告が表示されるため、ニーズが顕在化しているユーザーに対して効果的な広告配信ができます。購買意欲が高い層へのアプローチができるため、直接的な売上に繋がります。

メリット②:クリック課金のため低予算でスタートできる

リスティング広告は、広告のクリック数に応じた課金となるため、低予算で広告宣伝を行うことができます。加えて、クリック単価が明確で費用対効果が見えやすいため、効果検証を行うことができます。

メリット③:広告効果をリアルタイムで把握できる

広告が表示された回数、クリックされた回数、かかった費用などの数値を管理画面からリアルタイムに把握することができます。リアルタイムにデータを把握でき、リアルタイムに広告予算を変更できるので、自社に合った方法で広告運用が可能です。

リスティング広告のデメリット

デメリット①:潜在顧客への認知には繋がらない

前述したように、リスティング広告はユーザーが検索した特定のキーワードに対応した広告が表示されます。したがって、限定されたユーザーのみに広告が表示されるため、ニーズが顕在化していない顧客へのアプローチができません。広告の性質として、認知拡大の手法としては向いていません。

デメリット②:広告運用費がかかる

リスティング広告は、広告がクリックされたら費用がかかるクリック課金型の広告です。そのため、クリック数が多くなると、その分費用がかかります。

費用対効果の側面から考えると、適正なキーワードで適正な広告を出さないと採算が合わないという場合もあります。

デメリット③:広告運用の手間がかかる

当然ながら、リスティング広告を運用するのには手間がかかります。データを分析して改善を繰り返すには、時間的コストや代理店に依頼をする際の金銭的コストなど、様々なコストを想定する必要があります。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事