罰への欲求とは?【マーケティングで使えるビジネス心理学】


罰への欲求とは

罰への欲求とは、「良いことが続けて起こると、何か悪いことが起きのではないかと不安になり、悪いことが起きることを望んでしまう心理現象」のことです。

良いことばかりが続くと、どこか不安になってしまうことはありませんか?そして、実際に悪いことが起きると、「やっぱり良いことばかりは続かないよね」と安心してしまう。

人は、無意識に幸と不幸は等しく起きるのものだと考えており、現状から変化が起きると不安を感じるのです。

罰への欲求をマーケティングに活かす

罰への欲求はマーケティングに活かすことができます。お客様が商品・サービスを購入する際には、欲しいという欲求がある一方で、不安にもなるというジレンマを抱えています。

そのため、商品・サービスの良いところばかりではなく、良いことの後に起きそうな悪いところを先に提示することで一種の安心感を植え付けることができ、結果的に購入していただける可能性が高まります。


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好き/趣味はお酒とサウナ
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。