AIDMA(アイドマ)とは?【マーケティングで使えるビジネス用語】


AIDMA(アイドマ)とは?

AIDMA(アイドマ)とは、「消費者が製品の存在を知ってから購買に至るまでの購買決定プロセス」のことです。AIDMAは、Attention(認知)、Interest(興味)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の5つの購買ステップに分けれています。

AIDMAを用いることで、売り手は、消費者の購買時の心理状態を詳細に把握し、消費者に対して、適切な販売アプローチをとることができます。そのため、AIDMAはマーケティング世界では、多用されています。

購買に至るまでの消費者の心理状況

Attention(認知)

  • 消費者の心理状態:製品を知らない、思い出せない
  • 目標:製品の認知度向上
  • 手法:TVCMや広告、DM、SNSなど

Interest(興味)

  • 消費者の心理状態:製品を知っているが、興味はない
  • 目標:製品に対する理解や興味の醸成
  • 手法:広告や製品パンフレット、口コミ、ブログ記事など

Desire(欲求)

  • 消費者の心理状態:製品に興味はあるが、欲しいとは思わない
  • 目標:製品ニーズの喚起
  • 手法:試供品の提供、無料トライアル、デモ、他社とのスペック比較表など

Memory(記憶)

  • 消費者の心理状態:製品を欲しいと思ったことを忘れている
  • 目標:製品の存在を思い出させる
  • 手法:メルマガ、DM、電話、リターゲティング広告など

Action(行動)

  • 消費者の心理状態:製品を買う動機はあるが、買う機会がない
  • 目標:製品を購買する機会の提供
  • 手法:購入サイトURLの送信、購入ページに直接飛ぶWeb広告の掲載など
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事