目標勾配仮説とは?モチベーションアップのコツ【仕事で使えるビジネス心理学】


目標勾配仮説とは

目標勾配仮説とは、「目標に近づけば近づくほど、その目標に対する価値が高まり、モチベーションアップする心理現象」のことです。

人は目標の価値が高まることで、何としても達成しようとします。途中で「もう無理だ」「もうやりたくない」と思っていたのに、目標達成が目の前に見えた途端「あと少しだから頑張ろう」とやる気が湧いてくる。これが目標勾配仮説です。

目標勾配仮説の例

目標勾配仮説は、実際にビジネスで応用されています。例えば、カフェで「コーヒー10杯飲むと1杯無料」というカードを配布したところ、10杯目に近づけば近づくほど、コーヒーを飲む頻度が上がりました。

「10杯飲めば1杯無料」という目標が設定されたことで、目標に近づくにつれて目標に対する価値が上がった良い例です。このように、目標勾配仮説はビジネスに応用されているのです。

目標勾配仮説を応用するコツ

目標勾配仮説は、どのように応用すればよいのでしょうか?

先述したように、目標勾配仮説とは、「目標に近づけば近づくほど、その目標に対する価値が高まり、モチベーションアップする心理現象」のことです。

言い換えれば、人は大き過ぎる目標には、価値を見出すことができません。大き過ぎる目標は、目標達成に向けて動き出しても、途中で挫折してしまいます。

大きな目標を達成するためには、その目標を細かく分解し、小さな目標にすることが重要です。例えば、新規プロジェクトを行う場合、プロジェクト成功までのプロセスを10段階の目標に分解します。それらの小さな目標に期限を設けて進めていくのです。

結果的に、目標勾配仮説を応用することで、モチベーションを保ちながら最後までやり遂げることができます。これは非常に有効な手段なので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事