転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

コモディティ化とは【30秒でわかるSEO用語集】

コモディティ化とは

コモディティ化とは、「商品・サービスの競合優位性や価値が低下し、一般的な商品・サービスになること」です。

差別化を図ることができていた商品・サービスがコモディティ化すると、独自の価値が失われ、消費者から見ると、どの商品・サービスも同じように見えてしまう。これがコモディティ化の状態です。

コモディティ化とは、マルクス経済学の用語。所定のカテゴリ中の商品において、製造会社や販売会社ごとの機能・品質などの属性と無関係に経済価値を同質化することを指す。

出典:Wikipedia

例:Webメディアのコモディティ化

ここ数年は、キュレーションメディアやバーティカルメディアが乱立しており、どのWebメディアも同じように見えてしまうことがあります。これから生き残っていくためには「コンテンツの品質」「ユーザビリティの向上」「専門性の高さ」などが求められます。

SEO用語の一覧

あ行

インデックス(Index)

オーガニック検索(自然検索)

か行

キャッシュ(Cache)

共起語

コモディティ化

さ行

サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)

た行

ドメイン

な行

内部リンク

は行

パンダアップデート

ペンギンアップデート

ページランク

ま行

モバイルファーストインデックス(MFI)

や行

ユーザビリティ

ら行

ランディングページ

わ行

ワードサラダ

A〜Z

AMP(Accelerated Mobile Pages)

CTR(クリック率)

PV(ページビュー)

SERPs(サープス)

0〜9

301リダイレクト

404エラー

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。