301リダイレクトとは【30秒でわかるSEO用語集】


301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、「サイトの引っ越し(ドメインの変更)やページ単位でURLを変更した際に、旧URLをから新規URLへ恒久的に転送(誘導)すること」です。

301リダイレクトを設定していない場合、旧URLへアクセスすると404エラーページが表示されます。それを防ぐためには、301リダイレクトを設定し、新規URLへユーザーを誘導する必要があります。

301リダイレクトの効果

301リダイレクトによって転送することで、転送前のURLの評価を転送先の新規URLにある程度引き継ぐことができます。

旧URLが持っていた被リンクなどの評価を引き継ぐことができるので、ページランクを落とさずにURLの変更が可能となります。(注意:302リダイレクトは、一時的なリダイレクトなので評価を引き継ぐことはできません)

302リダイレクトとの違い

301リダイレクトは「恒久的な転送」の際に用いられるのに対して、302リダイレクトは「一時的な転送」の際に用いられます。

利用シーンとしては、1〜2週間程度URLを変更する場合には、302リダイレクトが推奨されています。それ以上長い期間URLが変更される場合には、301リダイレクトが推奨されています。

SEO用語の一覧

あ行

インデックス(Index)

オーガニック検索(自然検索)

か行

キャッシュ(Cache)

共起語

コモディティ化

さ行

サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)

た行

ドメイン

な行

内部リンク

は行

パンダアップデート

ペンギンアップデート

ページランク

ま行

モバイルファーストインデックス(MFI)

や行

ユーザビリティ

ら行

ランディングページ

わ行

ワードサラダ

A〜Z

AMP(Accelerated Mobile Pages)

CTR(クリック率)

PV(ページビュー)

SERPs(サープス)

0〜9

301リダイレクト

404エラー


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。