CTR(クリック率)とは【30秒でわかるSEO用語集】


CTR(クリック率)とは

CTRとは、Click Through Rateの略で、クリック率を意味します。オーガニック検索(自然検索)やネット広告の効果指標の一つで、インプレッション数(表示された数)のうちのクリックされた数の割合を表します。

例1:広告が1,000回表示され、100回クリックされた

→100回÷1,000回=10%

→CTR=10%

例2:オーガニック検索で1ページ目に10,000回表示され、100回クリックされた

→100回÷10,000回≒1%

→CTR=1%

検索順位によるCTR

Internet Marketing Ninjasが発表している「2017年の検索順位別クリック率」によると、掲載順位別のCTRは以下の通りです。注目すべきは、検索順位1位と2位のCTRの差です。一つ順位が違うだけでCTRが約10%も変わるのです。

検索順位 CTR
1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

ユーザーは何を基準にクリックしているのか?

ユーザーは、検索結果から何を基準にページをクリックしているのでしょうか?

ユーザーが最初に目にするのが「タイトル」です。Blgominの例で言うと「Blogmin|人生すべてコンテンツ」に該当する箇所です。次に重要なのが「ディスクリプション」です。ディスクリプションはそのページの説明文の役割を果たしています。

ユーザーの90%以上は「タイトル」と「ディスクリプション」をもとにクリックするかどうかを決めています。そのため、ユーザーが知りたいであろう情報、それに関連するキーワードを「タイトル」と「ディスクリプション」に含める必要があるのです。

SEO用語の一覧

あ行

インデックス(Index)

オーガニック検索(自然検索)

か行

キャッシュ(Cache)

共起語

コモディティ化

さ行

サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)

た行

ドメイン

な行

内部リンク

は行

パンダアップデート

ペンギンアップデート

ページランク

ま行

モバイルファーストインデックス(MFI)

や行

ユーザビリティ

ら行

ランディングページ

わ行

ワードサラダ

A〜Z

AMP(Accelerated Mobile Pages)

CTR(クリック率)

PV(ページビュー)

SERPs(サープス)

0〜9

301リダイレクト

404エラー


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。