ワードサラダ(Word Salad)とは【30秒でわかるSEO用語集】


ワードサラダとは

ワードサラダとは、「プログラムで自動生成された、文法的には間違いはないが、文章としての意味が通らないテキストコンテンツのこと」です。

昔は、サテライトサイトなどに、ワードサラダで意味の通らないコンテンツをたくさん作るのが、ブラックハットSEOの常套手段でした。

下記のようにワードサラダで作ったコンテンツばかりのサテライトサイトを作成し、本サイトにリンクを集める。リンクが集まることによって、本サイトの評価は上がっていた時代がありましたが、現在は無意味です。

  1. サテライトサイトを作成
  2. サテライトサイトのコンテンツはワードサラダで作成
  3. サテライトサイトから本サイトへリンクを貼る

SEO用語の一覧

あ行

インデックス(Index)

オーガニック検索(自然検索)

か行

キャッシュ(Cache)

共起語

コモディティ化

さ行

サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)

た行

ドメイン

な行

内部リンク

は行

パンダアップデート

ペンギンアップデート

ページランク

ま行

モバイルファーストインデックス(MFI)

や行

ユーザビリティ

ら行

ランディングページ

わ行

ワードサラダ

A〜Z

AMP(Accelerated Mobile Pages)

CTR(クリック率)

PV(ページビュー)

SERPs(サープス)

0〜9

301リダイレクト

404エラー


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。