月並みの意味と使い方【知っておきたいビジネス用語】


月並みの意味と使い方

月並み(つきなみ)とは、「平凡」「ありきたり」という意味の言葉です。「月並みですが…」という表現でよく使われるので聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

「月並みですが」はそのまま言い換えると「平凡なことですが」となります。よりわかりやすく言い換えると、「月並みですが」は「つまらないことを申し上げますが」という意味です。何か発言する際に謙遜する意味で使われます。

月並みですが=つまらないことを申し上げますが

「気の利いたことを言えない時」や「ありきたりの発言をする時」に「月並みですが」を前置きすることで、丁寧な印象を相手に与えることができます。

月並みを使った例文

月並みですが、非常に便利な言葉なので、例文と一緒に覚えておくと良いでしょう。

・月並みですが、これからも頑張ります。

→意味:ありきたりな発言ですが、これからも頑張ります。

・月並みですが、応援しております。

→意味:平凡なことしか言えませんが、応援しております。

・月並みの表現にはなりますが、末永くお幸せに。

→意味:平凡な言い回しになりますが、末永くお幸せに。

・月並みで恐縮ですが、ご多幸お祈りします。

→意味:平凡なことしか言えませんが、ご多幸お祈りします。


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。