フィジビリの意味とは?使い方を例文で解説【知っておきたいビジネス用語】


フィジビリの意味

フィジビリとは、フィジビリティの略で「実験的に」という意味の言葉です。新しい商品・サービスを「とりあえず実験的に導入してみよう」という意味で使われます。

フィジビリの意味は「実験的に」

ビジネスシーンで「フィジビリ」という略語を使うことは少ないと思いますが、『リクナビ』や『ゼクシィ』『SUUMO』などのサービスで有名なリクルートの社内用語としてよく使われています。

この記事を書いている私も元リクルートなので、よくフィジビリという言葉を使っていました。しかし、社外の方にはほとんど通じないというのが現実です。

【リクルート用語】元リクがリクルートの社内用語を紹介

フィジビリの使い方

先述したように、新しい商品・サービスを導入する際、また新規事業の可能性を調査する際に「フィジビリ」という言葉は使われます。

新しい商品・サービスを導入する際

部下:このサービスを導入すれば、現状の課題を打破できそうです。

上司:それならフィジビリでやってみよう

新規事業の可能性を調査する際

部下:新規事業はこの案で行こうと思っています。

上司:なるほど、まずはフィジビリでやってみるか


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。