あいみつの意味と使い方【知っておきたいビジネス用語】


あいみつの意味

あいみつとは、相見積もりの略で「一つだけでなく複数の見積もりを揃える」という意味です。ビジネスシーンでは、上司から「あいみつ取っておいて」のように使われます。

あいみつとは、「一つだけでなく複数の見積もりを揃える」

身近な例で言えば、引越し業者を選ぶ際に、相見積もりすることは多いですよね。

引っ越し業者は数多くあるので、自分に一番合ったプランや料金の引越し業者を選ぶ際に相見積もりをする。これがあいみつ=相見積もりの意味です。

あいみつの使い方

あいみつは、ビジネスシーンでも日常シーンでも使うことはよくあります。

ビジネスシーンの例

上司:新しい会計ソフトを導入しようと思っているから、2〜3社からあいみつ取っておいてね。

部下:承知しました。すぐに問い合わせてみます。

日常シーンの例

自分:引っ越しする予定があって、安い引っ越し業者探しているんだよね。

知人:引越し業者探しているなら、あいみつが手っ取り早いでしょ!

知っておきたいビジネス用語一覧

ビジネスシーンで「知っておくべき用語」「役立つ用語」をまとめています。ビジネス用語は、ビジネスパーソンにとって必須スキルです。わからない単語があれば、ぜひチェックしてみてください。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

ら行

わ行

0〜9 A〜Z


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。