朗報・悲報・吉報・凶報・訃報・快報・一報の意味と使い方


【早見表】朗報・悲報・吉報・凶報・訃報・快報・一報の意味

それぞれの言葉の意味は、下記の通りです。どの言葉も「報」という漢字が付きますが、意味はまったく異なります。

  • 良い意味:朗報、吉報、快報
  • 悪い意味:悲報、凶報、訃報
言葉意味例文
朗報明るい内容の知らせ、良い知らせ思いがけない朗報が届いて、嬉しくなった。
悲報悲しい知らせ、悪い知らせ突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。
吉報めでたい知らせ、良い知らせ同級生が活躍しているのは、何よりの吉報だ。
凶報悪い知らせ今朝、突然の凶報が入った。
訃報死亡の知らせ友人の訃報にふれ、とても悲しんでいる。
快報良い知らせ友人が結婚したという快報を聞いた。
一報知らせること、簡単な知らせご不明点があれば、ご一報ください。

朗報(ろうほう)の意味と使い方

朗報の意味は、「明るい内容の知らせ、良い知らせ」です。「朗」は「ほがらか、あかるい」という意味で、「報」は「知らせる」という意味なので、2つの意味を合わせて「良い知らせ」となります。

良いことが起きた時や思いがけないプラスのことが起きた時に、「朗報」を使います。「朗報」と「吉報」は、多少のニュアンスの違いはありますが、意味はほとんど同じです。

  • 朗報:朗らかになるような、明るい知らせ
  • 吉報:おめでたい知らせ(=明るい知らせ)

朗報(ろうほう)の例文

思いがけない朗報が届いて、嬉しくなった。
同級生が活躍しているのは、何よりの朗報だった。
友人が結婚したという朗報を聞いた。
妻が無事出産したという朗報が入った。
事業部がついに年間売上目標を達成したという朗報が入った。

悲報(ひほう)の意味と使い方

悲報の意味は、「悲しい知らせ、悪い知らせ」です。「悲」は「かなしい、心がいたむ」という意味で、「報」は「知らせる」という意味なので、2つの意味を合わせて「悪い知らせ」となります。

良いことが起きた時や思いがけないマイナスのことが起きた時に、「悲報」を使います。「悲報・凶報・悪報」は悪い知らせという意味なので、合わせて覚えておきましょう。

悲報(ひほう)の例文

突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。
今朝、突然の悲報が入った。
連日のニュースで悲報が伝えられている。
彼女は非常に接して悲しんでいる。
その悲報には誰しもが驚いた。

吉報(きっぽう)の意味と使い方

吉報の意味は、「めでたい知らせ、良い知らせ」です。「吉」は「りっぱ、めでたい、よいこと」という意味で、「報」は「知らせる」という意味なので、2つの意味を合わせて「良い知らせ」となります。

良いことが起きた時や思いがけないプラスのことが起きた時に、「吉報」を使います。「朗報」と「吉報」は、多少のニュアンスの違いはありますが、意味はほとんど同じです。

  • 朗報:朗らかになるような、明るい知らせ
  • 吉報:おめでたい知らせ(=明るい知らせ)

吉報(きっぽう)の例文

思いがけない吉報が届いて、嬉しくなった。
同級生が活躍しているのは、何よりの吉報だった。
友人が結婚したという吉報を聞いた。
妻が無事出産したという吉報が入った。
事業部がついに年間売上目標を達成したという吉報が入った。

凶報(きょうほう)の意味と使い方

凶報の意味は、「悪い知らせ」です。「凶」は「不幸、よろしくない、不吉」という意味で、「報」は「知らせる」という意味なので、2つの意味を合わせて「悪い知らせ」となります。

悪いことが起きた時や思いがけないマイナスのことが起きた時に、「凶報」を使います。「悲報・凶報・悪報」は悪い知らせという意味なので、合わせて覚えておきましょう。

凶報(きょうほう)の例文

今朝、突然の凶報が入った。
その凶報には誰しもが驚いた。

訃報(ふほう)の意味と使い方

訃報の意味は、「死亡の知らせ」です。「訃」は「人の死んだ知らせ」という意味で、「報」は「知らせる」という意味なので、2つの意味を合わせて「死亡の知らせ」となります。

親族が亡くなった際や芸能人が亡くなった際にも「訃報」という言葉は使われます。

訃報(ふほう)の例文

友人の訃報にふれ、とても悲しんでいる。
◯◯さんの訃報がテレビで放送されている。
親族の訃報を知らせる必要がある。

快報(かいほう)の意味と使い方

快報の意味は、「良い知らせ、吉報」です。「快」は「心がはればれして気持ちがよい」という意味で、「報」は「知らせる」という意味なので、2つの意味を合わせて「良い知らせ」となります。

あまり「快報」という言葉を使うことはありませんが、「朗報・吉報・快報」は「良い知らせ」という意味なので合わせて覚えておきましょう。

快報(かいほう)の例文

思いがけない快報が届いて、嬉しくなった。
同級生が活躍しているのは、何よりの快報だった。
友人が結婚したという快報を聞いた。
妻が無事出産したという快報が入った。
事業部がついに年間売上目標を達成したという快報が入った。

一報(いっぽう)の意味と使い方

一報の意味は、「一度知らせること、その知らせ」です。「一」は「一度や一回」という意味で、「報」は「知らせる」という意味なので、合わせると「一度知らせる」となります。

一報(いっぽう)の例文

ご不明点があれば、ご一報ください。
今週中に、ご一報いただけると幸いです。
準備が整いましたので、ご一報差し上げます。
ご一報を楽しみにしております。
何かご要望がございましたら、ご一報ください。

この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。