在中の意味と使い方【知っておきたい常識用語】


「在中という言葉はよく聞くけど、在中の意味と使い方がわからない」

このような疑問に答えます。

「在中」という言葉は何かとよく使いますが、意味や使い方を正しく理解している人は少ないです。これを機に正しい意味と使い方を覚えましょう。

在中の意味

在中の意味と使い方

「在中」の意味は、「その中にモノが入っていること」です。封筒や包みなどに書類・金品が入っていることを示す際に使われます。

ビジネスシーンでは、書類・履歴書・請求書・領収書などが封筒に入っている場合には、「在中」と記載することが多いです。在中と記載することで、封筒の中に「重要な書類が入っていますよ」ということを知ってもらうことができるのです。

在中の使い方

在中の使い方は、例えば封筒に領収書が入っている場合、封筒に「領収書在中」と記載します。封筒に「在中」と記載する際は、横書きの場合は封筒の右下に、縦書きの場合は封筒の左下に記載すると良いでしょう。住所も合わせて記載する際は、臨機応変に位置を変更しても大丈夫です。

分かりやすい色として「赤色」や「朱色」が多く使われますが、会社では「赤字」ということを連想させることから請求書・領収書・見積書では「赤色」や「朱色」で記載することを避けることもあります。この場合、青色や緑色などで書いていることが多いです。

在中の類義語

在中の類義語:①同封

在中の類義語には、「同封」という言葉があります。同封は在中と基本的に意味は同じですが、同封は「手紙などと一緒に、封筒の中にモノを入れること」を指します。プライベートで手紙などを入れるときには「同封」を使う人もいます。

在中の類義語:②同梱

在中の類義語には、「同梱(どうこん)」という言葉もあります。同梱は、「一つの荷物の中に一緒に入れること」です。引っ越しなどで、一つの荷物にモノを入れる際に使います。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。