「押印」と「捺印」の意味の違いと使い分け【社会人なら知っておきたい常識用語】


会社で働いていると、取引先と契約書を取り交わす機会も多々出てくると思います。このページを読んで頂いているビジネスパーソンのあなたも経験があることでしょう。「御社の印鑑を押印してください」「社長印の捺印をお願いします」など、社内の会話で当然に発生しているものです。

ですが、印鑑を押す行為には「押印」と「捺印」という言い方があります。どちらも印鑑を押すということは分かるのですが、それぞれの違いについて聞かれたときにあなたは答えられますか?難しいですよね。。。

違いを知っている人は少ないので、ここで押さえておくと他の人と差をつけることができます。この記事を最後までお読み頂ければ、正しい使い分けが出来るようになります。社会人としての知識をここで増やしておきましょう!

押印と捺印の意味の違い

押印と捺印の意味の違い

押印と捺印の意味ですが、どちらも「印鑑や印を押すこと」を意味しています。この時点では両者に大きな違いはありません。では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

押印の意味

押印とは「記名押印」の略です。記名とは、本人が直筆しないサインのことで、他人による代筆やパソコンで入力されたサインのことを広く指します。記名で済むものに対して印鑑を押す行為を、押印と言います。

捺印の意味

捺印とは「署名捺印」の略です。上記で説明した「記名押印」より日常で耳にする機会は多いと思います。署名とは、本人の直筆によるサインのことで、代筆などは認められません。重要な書類については署名捺印を求められる事が多いですね。署名でないとならないものに対して印鑑を押す行為を、捺印と言います。

押印と捺印の使い分けについて

社会人の常識用語

それでは、押印と捺印はどのように使い分けるべきなのでしょうか。まずは印鑑を押す理由についてご説明し、その後で正しい使い分けについて記載していきます。

印鑑を押す意味とは?

印鑑が押された書類は、信憑性が高いものであるという証拠になります。自分が確認(あるいは同意など)しましたよ、という裏付けになるのです。

つまり印鑑を押された書類は、証拠能力を得るという事になります。信憑性がある正式な書類だという証拠になるのですね。印鑑を押す行為にはこのようなきちんとした理由があります。むやみやたらと印鑑を押さないように注意しましょう。

押印と捺印の正しい使い分け

先述したように、印鑑を押す意味は「証拠能力を与えること」です。正しい使い分けについては、「捺印は重要度が高い書類に使う」のが正しく、「押印は重要度がそこまで高くない書類全般に使う」のが正しい使い分けとなります。

つまり、整理すると以下のようになります。

押印:直筆でなくても構わない(記名)書類に押す印鑑のこと

捺印:直筆でなくてはならない(署名)重要性が高い書類に押す印鑑のこと

それぞれを理解しておくと、正しい使い分けができるようになりますね。誰かに聞かれたときに答えられるよう、2つの違いを整理しておきましょう。

印鑑を使う際の注意点

社会人の常識用語

それでは押印と捺印の違いが分かったところで、もう1ステップ先の知識も備えておきましょう。印鑑を使う際の注意点についていくつかご説明します。

印鑑を押す場所について

契約書に自分の氏名をサインをした時、印鑑を押す場所としてベストなのは名前のすぐ隣とされています。よく言われるのは、名前に少し重なるように押すと良い、と言われるのですが重なってしまうと印鑑が見えにくくなってしまいます。

また、サインした氏名と印鑑の間が空きすぎていても良くありません。サインした氏名に隣接するように押すのが一番良い押し方と言えるでしょう。

印鑑登録する印鑑はしっかりとしたものを!

実印や銀行印など、印鑑登録する際に注意して欲しいのは「三文判を登録しないこと」です。これはかなり危険な行為です。なぜなら、三文判は今やどこでも手に入ってしまうからです。ホームセンターや百円ショップで誰でも気軽に購入することができます。

これでは、仮に誰かに勝手に押されてしまっても有効となってしまい、トラブルの元となってしまいます。
印鑑登録する印鑑は、印鑑の専門店でしっかりとしたものを購入すると良いでしょう。

まとめ

この記事では、押印と捺印の違いについてご説明してきました。

まとめると、

・「押印」の意味
→本人以外の方のサインでも構わない書類に対して印鑑を押すこと。重要度があまり高くない書類に適している。

・「捺印」の意味
→本人直筆のサインでないと認められない書類に対して印鑑を押すこと。重要度が高い書類に適している。

・印鑑を押す意味
→その書類の信憑性を高め証拠能力を与えるということを指す

・押す位置
→サインをしたすぐ隣に押すのがベスト

・印鑑登録について
→印鑑登録する印鑑は三文判などではなく、きちんとした印鑑で登録するべき

ということがご理解頂けたかと思います。

当たり前に使っている印鑑だからこそ、押印と捺印の違いについて正しく理解し、社会人としての常識を身に付けておきましょう。最後までお読み頂きありがとうございました。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。