『お言葉に甘えて』の意味と正しい使い方【社会人なら知っておきたい常識用語】


ビジネスシーンや日常会話の中でも使われる「お言葉に甘えて」という表現。誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか。何気なく使っている言葉ですが、使う相手や状況などによって使う場面を選んだほうが良い表現です。

この記事では「お言葉に甘えて」の意味を解説した上で、正しい使い方や使う上での注意点をご紹介していきたいと思います。正しい使い方を覚えて、コミュニケーションスキルの向上に役立ててくださいね。

「お言葉に甘えて」の意味

お言葉に甘えて

意味:相手の自分に対する親切を遠慮なく受け入れること

「お言葉に甘えて」の意味は、「相手の自分に対する親切を遠慮なく受け入れること」です。「お言葉」とは相手が申し出てくれた親切の事です。「甘える」というのは、遠慮なく受け入れるという事ですね。

「お言葉」は、言葉に「お」を付けているので敬語の表現となります。その為、自分より目上の方とのやり取りの中で使われます。後輩や部下に対して使う表現ではないのでご注意ください。

また、さらに丁寧にしたい場合は「お言葉に甘えさせて頂きます」という表現が良いでしょう。目上の方に対してより丁寧な印象で伝わります。

「お言葉に甘えて」の例文

社会人の常識用語

お言葉に甘えてを自然な形で使った例文をご紹介します。すぐに使える表現ですので参考にしてみて下さい。

お言葉に甘えて頂戴いたします

目上の方からお土産や贈り物を頂いた時に使う表現です。相手は自分の為に用意してくれているので、感謝の気持ちを伝えつつ、お言葉に甘えて頂戴いたします、と締めると良いでしょう。

お言葉に甘えてお休みを頂きます

例えば、体調が優れないときに上司から休んで良いと言われた際に、この例文のように返答すると良いでしょう。こちらの体調不良に理解を示してくれた事に感謝するのを忘れないようにしてください。復帰した際に感謝の念をお伝えするとベストです。

「お言葉に甘えて」の使い方の注意点

社会人の常識用語

お言葉に甘えて、目上の方の好意を遠慮なく受け取るという事をご説明しました。しかし、お言葉に甘えてから始まる表現はいつでも使って良い訳ではありません。

使うべきシーンを見定めないと、軽い感じが伝わってしまいます。その結果、失礼にあたってしまう可能性もゼロではありません。ここでは、お言葉に甘えての使い方の注意点をお話します。

  1. 目下の方に使うべきではない
  2. 本当に甘えて良い状況なのかを見定める
  3. メールでは使うのを控える

①目下の方に使うべきではない

上でも少し触れましたが、お言葉に甘えるというのは自分より目上の方に対して使うものです。目下の方に同じようなニュアンスで使う場合は、代わりに「遠慮なく~」が自然です。敬語であるという認識の元で使いましょう。

②本当に甘えて良い状況なのかを見定める

相手が何か親切を言ってくれた場合、条件反射的にお言葉に甘えるのはやめましょう。コミュニケーションのツールとして、社交辞令というものがあります。相手の真意を伺い、状況によってはお言葉に甘えない事も必要です。状況に応じて適切に使っていきましょう。

③メールでは使うのを控える

お言葉に甘えるという表現は、相手の親切に甘えさせて頂くことを意味しています。メールでのコミュニケーションだけだと、事務的に伝わりやすく、感謝の気持ちを乗せにくい面もあります。メールではストレートに「ありがとうございます」などと感謝の気持ちを表現したほうが好印象な場合があります。

「お言葉に甘えて」の別の表現

社会人の常識用語

「お言葉に甘えて」と同じような意味を持つ表現についてご紹介します。違う言い方を身に付けて、語彙力を身に付けましょう。

ご厚意に甘えて

「厚意」とは、他人が自分示してくれた思いやりのある心を言います。「お言葉に甘えて」のお言葉の部分を言い換えている表現ですね。なお、「好意」では無いので、文書で使う場合は文字変換に注意して下さい。

お心遣いに甘えて

「心遣い」とは、他人の自分に対しての気遣いや配慮の事を言います。「お気遣い」でも問題なく使うことができます。お心遣いありがとうございますと言うのもOKです。また、ご祝儀や金品などを指して言う場合もありますので、状況によって意味も変わるということを知っておきましょう。

まとめ

社会人の常識用語

この記事では、「お言葉に甘えて」の意味や使い方についてご説明しました。当たり前に使っていた言葉だからこそ、初めて知る内容もあったのではないでしょうか。

まとめると、、、

・お言葉に甘えての意味
→相手の自分に対する親切を遠慮なく受け入れること

・お言葉に甘えての使い方
→目上の方に対して使う言葉であり、目下の方には「遠慮なく」が自然

・お言葉に甘えての他の表現
→「ご厚意に甘えて」「お心遣いに甘えて」がある

ということがお分かり頂けたかと思います。

ビジネスシーンでのコミュニケーションにおいて、相手の親切心にお礼を言うのは最も大切な事です。「お言葉に甘えて」を上手く使いこなせれば、相手との意思疎通も円滑になります。正しく使って、相手との関係性をより深めていきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。