『重ね重ね』の意味と使い方【社会人が知っておきたい常識用語】


「重ね重ね」という言葉は、取引先やお客さまに送るビジネス文書や少しかしこまったプライベートなやり取りの中で使われます。誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

何気なく使っている言葉ですが、使う相手や状況などによって使う場面を選んだほうが良い表現です。この記事では「重ね重ね」の意味を解説した上で、正しい使い方や使う上での注意点をご紹介していきたいと思います。

「重ね重ね」の意味

重ね重ね

読み:かさねがさね

意味:同じ行為・事態が繰り返されるさま、たびたび

「重ね重ね」の意味は、「同じ行為・事態が繰り返されるさま」「たびたび」です。

「重ね重ね」と同じように強い思いを伝える言葉としては、「深くお詫び申し上げます」という意味での「深く」や、「誠にありがとうございました」という意味での「誠に」「本当に」「心より」などの言葉があります。「重ね重ね」はそうした言葉を使った後に、最後の締めの言葉としてより気持ちを強調するために使われます。

「重ね重ね」の例文と使い方

社会人の常識用語

①謝罪で使う場合

①この度は社員がご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。また、弊社の管理も行き届いておりませんでした。重ね重ねお詫び申し上げます。
②弊社の不注意により○○様に何度もご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。重ね重ね大変申し訳ありませんでした。
③○○様に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。重ね重ね申し訳ありませんでした。

①は複数の内容についての謝罪、②は回数を重ねて迷惑をかけたことについての謝罪、③は1回だけだが改めて深いお詫びを強調する使い方です。

②感謝で使う場合

①この度は弊社のサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。また、貴重なご意見も頂戴し、重ね重ねありがとうございます。
②この度は突然のお願いを快くお引き受けいただいた上に、貴重なアドバイスもいただき誠にありがとうございました。重ね重ね御礼申し上げます。
③日頃は格別のお引き立てをいただきありがとうございます。この度もご配意をいただき、重ね重ね大変ありがとうございました。

①と②は複数の厚意についての感謝、③は何回も厚意をいただいたことへの感謝を伝える使い方です。

③依頼で使う場合

①お送りいただいたファイルが破損しているらしく開けません。重ね重ね恐縮でございますが、再度お送りいただけませんでしょうか。
②恐れ入りますが同封の申込書にご記入の上、市役所で証明書をお取りいただき、併せてお送りただけますでしょうか。重ね重ね申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

①は何回も送ってもらうことについて、②は複数の要件について依頼する際の使い方です。

「重ね重ね」を使用する際の注意点

社会人の常識用語

①葬儀や結婚式では使用を控える

「重ね重ね」は改まった場で使われることが多いのですが、結婚式や葬式の席では避けるべき「忌み言葉」とされています。
このような場で「重ね重ね」を用いると、夫婦の離別や死別が続くことを連想するため、縁起が悪いと言われています。

②後ろに名詞が続く場合は「重ね重ねの〜」とする

「重ね重ね」は「重ね重ねお願いいたします」のように動詞の前に使うことが多いです。「お願い」「ご依頼」「説明」のような名詞の前では「重ね重ねの~」という言い方になります。

③使いすぎない

「重ね重ね」は複数の謝罪や感謝、依頼事項を伝えたり、気持ちを強調するために使います。「重ね重ね」を頻繁に使うことで、相手に誠意が感じられないと受け取られ、逆効果になることがあるので注意しましょう。

「重ね重ね」の類語

社会人の常識用語

次のような言葉がありますが、「重ね重ね」とは微妙にニュアンスが異なるのでそのまま置き換えられない言葉もあります。

  • 重ねて

「重ね重ね」は「重ねて」を繰り返した言葉なので、「重ね重ね」とほぼ同様に使用できます。

  • かえすがえす

「かえすがえす残念だ」など、過去の出来事について、悔やむ気持ちを表わすので、少しニュアンスが異なります。

  • 重々(じゅうじゅう)

「重々承知の上で」など、「十分に」、「よくよく」の意味で使われることが多い言葉です。

  • 度々

「何度も繰り返して」、「しばしば」の意味で、「重ね重ね」を繰り返しの意味で使う場合と同じように使えます。「重ね重ね」のように改まった言葉ではないので、ビジネスでよく使う表現です。

  • 再三

問題が繰り返されることへの非難の意味があるので、そのまま置き換えては使えません。

まとめ

社会人の常識用語

この記事では、「重ね重ね」の意味や使い方についてご説明しました。当たり前に使っていた言葉だからこそ、初めて知る内容もあったのではないでしょうか。

まとめると、、、

・重ね重ねの意味
→「同じ行為・事態が繰り返されるさま」「たびたび」

・重ね重ねの使い方
→謝罪、感謝、依頼の場で使われることが多い

・重ね重ねの類語
→重ねて、かえすがえす、重々、度々、再三 etc

ということが理解いただけたと思います。最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。