『デフォ』の意味と使い方【知っておきたいビジネス用語】


「デフォ」の意味

デフォ

意味:普通、いつもどおり、当たり前

現在使われてる「デフォ」という言葉は、「普通、いつもどおり、当たり前」という意味で使われています。

「デフォ」は英語のデフォルト(default)という言葉を略したものなのですが、もともとの意味とは少し異なるニュアンスで使われています。

「デフォ」の語源・由来

デフォルトのもともとの意味は「何もしないこと、あるいは成すべきことが成されないこと」です。具体的には、欠席、怠慢、不履行、棄権、初期値、既定値などの意味があります。

このうち、「デフォ」という言葉の元となったのは、コンピュータやソフトウェア関連の用語として使われる「初期設定値」「標準値」「既定値」としての意味です。

初期設定値・標準値の意味、つまり何もしていない状態、通常の一般的な状態という意味を、コンピュータ以外の分野でも使うようになったのがはじまりで、日常会話で「普通、当たり前」の意味に変化していき、ネット等で、口語で「デフォ」と略されるようになったようです。

「デフォ」のその他の意味

先述したように、デフォルトという言葉にはいろいろな意味があります。よく使われるのが、金融関係で本来お金を返すべきなのに返さないという意味、「債務不履行」の意味で使われます。債務者である企業や国家の経営や財政が破綻して、借入金や債券などの返済ができなくなる状態です。

例えば、南米のコロンビアでは過去に何回のデフォルトー債務不履行になったことがありました。最近ではギリシャもデフォルトの危機に見舞われました。デフォルトが起こると金融機関や投資家は投資を回収できなくなるので大きな損失をこうむります。このため、金融関係者の間ではデフォルトという言葉は大変インパクトの強い言葉です。

デフォルトの意味についてもう一つ挙げると、スポーツの世界では棄権、つまり大会などに出場予定だった選手が出場しないことを言います。これも、本来出るべきのところを出ないいう、あまりよくない意味ですね。

ただし、「デフォ」と略して使うのは、「普通、いつもどおり、当たり前」という意味で、そのほかの意味では「デフォ」という略した言い方は一般的ではありません。

「デフォ」の例文と使い方

社会人の常識用語

・それってデフォだろ!
→よく使う「デフォ」の使い方です。それは当たり前だろ、という意味ですね。

・ボクは22時退社がデフォ。
→毎日帰りが遅いことを自慢しているか、自虐しているか。働き方改革の時代はこんなことを言う人は少なくなりそうです。

・冬はこたつにミカンがデフォです。
→冬の普通、当たり前の状況ということですが、定例的、伝統的というようなニュアンスも少しあるのでしょうか。

・ワタシは朝はミルクとシリアルがデフォです。
→毎日の習慣というような意味になります。

・このパソコンのOSでは、マイクロソフトエッジがデフォだよ。
→この場合はPC用語でもともとの意味である初期設定という意味で使っています。

以上のように、「デフォ」という言葉は、仲間内のくだけた会話やネットで使う言葉です。公式な場で使う言葉ではありません。参考に「デフォルト」の例文も上げておきます。

・このアプリではデフォルトで位置情報はオフになっています。
→スマホ、タブレットなどで、そのアプリについて初期設定が位置情報OFFになっているという意味です。

・あの会社がデフォルトを起こすといううわさがあるが、全くのデマだ。
→金融関係で、債務不履行にはならないだろうという意味です。

「デフォ」の使い方の注意点

社会人の常識用語

前に述べたように、「デフォ」という言葉は、くだけた略語であり、ネットの投稿や親しい間柄の中で使う言葉です。公式の場や上司、目上の人には大変失礼な表現になるので使わないようにしましょう。

また、元の「デフォルト」という言葉も、IT関係、金融関係、スポーツ関係でそれぞれ意味が異なります。話の内容により判断する必要があるので注意しましょう。

ちなみに、デフォルトとよく似ていて間違いやすい言葉に「デフォルメ」という言葉があります。「デフォルメ(déformer)」はフランス語で「変形する」「誇張する」という意味の言葉で、絵画、彫刻などの美術の世界で使われてきました。「デフォ」とは意味がまったく異なるので注意しましょう。

「デフォ」の類語

社会人の常識用語

「デフォ」と同じような意味の言葉としては、

普通、いつもどおり、当たり前、当然、通例、通常、一般的、もともと、生まれつき、慣習、習慣など

などの言葉があります。

「デフォ」という言葉も微妙に違うニュアンスで使われるので、該当する類語もそれぞれニュアンスが異なるものです。

まとめ

社会人の常識用語

この記事では、「デフォ」の意味や使い方について解説しました。あまり馴染みのない言葉だからこそ、初めて知る内容もあったのではないでしょうか。

まとめると、、、

・「デフォ」の意味
→「普通、いつもどおり、当たり前」

・「デフォ」の使い方
→「デフォ」という言葉は、くだけた略語であり、ネットの投稿や親しい間柄の中で使う言葉です。公式の場や上司、目上の人には大変失礼な表現になるので使わないようにしましょう。

・「デフォ」の類語
→普通、いつもどおり、当たり前、当然、通例、通常、一般的、もともと、生まれつき、慣習、習慣など

「デフォ」はコンピュータ分野で使われるデフォルト=初期設定値、既定値という言葉から転用された、普通、いつもどおり、当たり前という意味の略語です。略語で、ネットの世界や仲間内で使われる言葉なので、目上の人に使う言葉ではありません。注意して使いましょう。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。