「オポチュニティ」と「チャンス」の意味の違いとは?


「オポチュニティ」と「チャンス」の意味の違いを知っていますか?

結論から言うと、オポチュニティは「積極的に勝ち取った機会」チャンスは「偶然訪れた機会」です。

このページでは、それぞれの意味の違いだけでなく、普段耳にすることの少ない「オポチュニティ」の適切な使い方、さまざまなシーンで使用される「チャンス」の意外な注意点を解説します。

「オポチュニティ」と「チャンス」の意味の違い

「オポチュニティ」は英語で「機会・好機」の意味を持ちます。「チャンス」は日本語での意味はオポチュニティと同様、何かを行うにあたって良い機会・好機として使われますが、英語では「偶然性」の意味で使われます。

同じような意味を持つ2つの言葉ですが、わかりやすく言えば「チャンス」は偶然訪れた機会。(日本のことわざで言うところの「棚からぼた餅」のイメージ)「オポチュニティ」は積極的に勝ち取った機会というニュアンスで捉えることができます。

オポチュニティ:積極的に勝ち取った機会

チャンス:偶然訪れた機会

「オポチュニティ」と「チャンス」の語源・由来

「opportunity」は「近くに」「…に向かって」などの意味を持つ「epi」と「導くこと」「運ぶこと」などの意味を持つ「port」などが語根となって生まれた言葉です。

「chance」はラテン語の「cadens(偶然に倒れること)」という言葉に由来し、そこから「偶然性を持った好機」という意味に転じたと言われています。

「オポチュニティ」と「チャンス」の例文と使い方

社会人の常識用語

「オポチュニティ」と「チャンス」は下記のように使われます。

  • グローバルオポチュニティを求めて海外展開をはかる
  • この制度の投入で多くのキャリアオポチュニティを育むことが出来る
  • 実力を示すチャンスが訪れる
  • このチャンスを無駄にしてはいけない

金融や投資関連で使われることの多い「グローバルオポチュニティ(国際的な市場機会)」や人事制度などで使われる「キャリアオポチュニティ(仕事で経験を積む機会)」など、「オポチュニティ」は別の言葉と組み合わせて使うことが多いです。

一方、「チャンス」に関しては単語そのものが単体で成立する上、多くの人がそのままの意味で受け取ることができるため一般的に会話の中で使用されることが多いです。

「オポチュニティ」と「チャンス」の使い方の注意点

社会人の常識用語

「オポチュニティ」と「チャンス」の使い方の注意点は、3つあります。

  1. 「オポチュニティ」の多様は控える
  2. 天候などが対象の場合は「チャンス」
  3. 「チャンス」は和製英語であることを忘れない

1.「オポチュニティ」の多用は控える

難しい英単語の乱用は若年層や高齢者には非常に理解しにくく、かえって正確な意味で受け取られない可能性があります。「難しい言葉を乱用したがる人」と煙たがられる可能性も生まれてしまうため、使用する際は正しい意味で受け取られる場面を選ぶことが大切です。

2.天候などが対象の場合は「チャンス」

幸運に恵まれ訪れた機会、といった意味合いで使われることの多い「チャンス」は天候や自然災害など不確かな現象に対しても使用することが出来ます。

3.「チャンス」は和製英語であることを忘れない

「チャンス」という言葉は、日本においてはたびたび好機に際して使われます。

それが偶然的な好機か、努力の末に手繰り寄せた好機なのかを考える人はそう多くないでしょう。そのため英語として使う際に多くの人はその使い分けができません。

例えば、海外に行ったときに何かの拍子に他人の好機に立ち会った時「オポチュニティ」を使うのか「チャンス」を使うのかで受け取り手の印象は少なからず変わってきます。

自分の努力を「運がいい」で片づけられてしまっては困ると気にする人がいるかもしれません。そんなときのために、日本でその使い分けの必要がなくとも、2つの微妙なニュアンスの違いを理解しておくことは大切と言えるでしょう。

「オポチュニティ」と「チャンス」の類語

社会人の常識用語

「オポチュニティ」と「チャンス」の類語を2つ紹介します。

  1. 潮時
  2. 僥倖(ぎょうこう)

1.潮時

潮時は、物事をはじめたり終えたりする頃合いのことを、潮の満ち引きに例えて生まれた言葉です。

ちなみに、平成24年に行われた文化庁の調査では、本来の意味とされる「ちょうどいい時期」として使われるのが60%、本来の意味ではない「物事の終わり」として使われるのが36.1%という結果になっています。

2.僥倖

幸運と同等の意味で使われがちな「僥倖」。これは「偶然訪れる幸運」と「人々が幸運を願う様子」の2つの意味を含んでいます。また天気や災害など、普通の幸運より大きな幸運を指すことが多いのも特徴の一つです。

まとめ

この記事では、「オポチュニティ」と「チャンス」の意味の違いついて解説しました。違いについて理解している人は意外と少ないので、知っておくと役に立つかもしれません。

まとめると、、、

■「オポチュニティ」と「チャンス」の意味
オポチュニティ:積極的に勝ち取った機会
チャンス:偶然訪れた機会

■「オポチュニティ」と「チャンス」の例文
・グローバルオポチュニティを求めて海外展開をはかる
・この制度の投入で多くのキャリアオポチュニティを育むことが出来る
・実力を示すチャンスが訪れる
・このチャンスを無駄にしてはいけない

■「オポチュニティ」と「チャンス」の使い方の注意点

①「オポチュニティ」の多様は控える
②天候などが対象の場合は「チャンス」
③「チャンス」は和製英語であることを忘れない

■「オポチュニティ」と「チャンス」の類語
①潮時
②僥倖(ぎょうこう)

他の用語と合わせてよく使用される「オポチュニティ」は、正しく意味を理解して受け取れば上司の意図を組むことができ、上司からの心象も抜群。

ただし使い過ぎには要注意です。知識は振りかざすものではなく、いざという時まで引き出しにしまっておく、というくらいの気持ちで蓄えておくのが良いでしょう。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。