転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

捲土重来(けんどちょうらい)の意味と由来【使い方も例文で解説】

捲土重来の意味と由来

捲土重来の意味は、「一度失敗した人が非常な勢いで盛り返すこと」です。あまり馴染みのない言葉だと思いますが、ビジネスシーンや新聞、また選挙など、さまざまなシーンで見かけます。

捲土重来は有名な四字熟語であり、故事成語。大人の教養として、しっかり理解をして正しい意味で使えるようにしましょう。

捲土重来の意味

捲土重来

読み:けんどちょうらい

意味:一度失敗した人が非常な勢いで盛り返すこと

先述したとおり、捲土重来の意味は「一度失敗した人が非常な勢いで盛り返すこと」です。失敗したり、負けたときに、ポジティブな意味として使われます。

捲土重来を分解すると、

  • 捲土:土を捲る(まくる)
  • 重来:再びやって来る

このようになります。このように分解して考えると、非常にわかりやすいですね。

捲土重来の読み間違いに注意!

「捲土重来(けんどちょうらい)」を読み間違えている人は多くいます。

「捲土」を「ねんど」と読み間違えたり、「重来」を「じゅうらい」と読み間違えたり。

捲土重来は、「けんどちょうらい」としか読まないので注意しましょう。

捲土重来の由来

題鳥江亭

出典:関西吟詩文化協会

捲土重来は、唐の詩人「牧之(ぼくし)」による詩『題鳥江亭』の一説「巻土重來 未だ知る可からず」からできた言葉です。

垓下(がいか)の戦いで、項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)が天下を争うも、項羽は敗戦し自決してしまいました。

そんな項羽をしのび、牧之が烏江亭(うちょうてい)に訪れたときに作ったのが『題鳥江亭』です。敗戦し自害した項羽に対して、牧之は「江東の子弟 才俊多し巻土重來 未だ知る可からず(江東には優秀な若者が多い。項羽がもう一度巻き返していたならば、歴史はどうなっていたかわからない。)」と記しており、そこから捲土重来という言葉が生まれました。

題鳥江亭の原文

題烏江亭

勝敗兵家事不期

包羞忍恥是男兒

江東子弟多才俊

捲土重來未可知

題鳥江亭の現代語訳

烏江亭にて

戦いの勝敗は兵家という専門家でもわからないものだ。

男子たるもの大義の前には恥をしのんでこそ。

江東には優秀な若者が多い。

項羽がもう一度巻き返していたならば、歴史はどうなっていたかわからない。

おすすめの一冊

項羽と劉邦

「捲土重来」の由来となった、項羽と劉邦の戦いを描いた歴史小説です。この時代の戦いの激しさやリーダーの苦悩などを味わえるので、ぜひ手にとってみてください。

捲土重来の例文と使い方

例文1.仕事の失敗は捲土重来だ!仕事で取り返すしかない

例文2.捲土重来と言われるように、今年は仕事に全力で取り組む

例文3.何度も負けた相手だが、捲土重来を期して何度も立ち向かう

例文4.捲土重来を心に刻み、なんとか今年の売上をV字回復させた

例文5.捲土重来を期して、今年の選挙はなんとしてでも勝つ

捲土重来は、「捲土重来に期して」と使われることが多いです。「期して」の意味がわかりにくい場合、「捲土重来を念頭に」「捲土重来を心に刻んで」と考えるとわかりやすいですよ。

「捲土重来を果たす」も覚えておこう!

捲土重来を果たすもよく使われます。

捲土重来は、「一度失敗した人が非常な勢いで盛り返すこと」という意味でしたね。捲土重来を果たすは、言葉の通り、捲土重来を果たすことができたということです。

つまり、「一度失敗した人が非常な勢いで盛り返すことに成功し、復活した」という意味です。こちらもよく使われる表現なので合わせて覚えておきましょう。

選挙でもよく使われる!?

捲土重来は、選挙でもよく使われます。

前回の選挙で落選した議員が、「次の選挙は捲土重来を期す」と言うことはよくあります。選挙演説などでも「捲土重来」は使われるので、知っておくと便利ですね。

捲土重来の類語

社会人の常識用語

捲土重来は、「一度失敗した人が非常な勢いで盛り返すこと」です。簡単に言うと、マイナスからプラスに転じる様子を表しているので、それに近い言葉は数多くあります。

  1. 臥薪嘗胆
  2. 起死回生
  3. 巻き返し
  4. 失地回復
  5. リベンジ
  6. 反撃
  7. 反転攻勢

捲土重来の類語:①臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

先述したとおり、捲土重来の意味は「一度失敗した人が非常な勢いで盛り返すこと」です。失敗したり、負けたときに、ポジティブな意味として使われます。

臥薪嘗胆は、「苦心・苦労を重ねる」という意味です。

「負けた相手に敵を討とうして、苦労や苦心を重ねる」という意味としても使われますが、「将来の成功を期して苦労に耐える」という意味で使われます。

例文1.今は辛いけど、臥薪嘗胆と思い踏ん張ろう

例文2.第一志望に受かるために臥薪嘗胆の気持ちで勉強しよう

例文3.臥薪嘗胆の日々を経て第一志望に合格した

捲土重来の類語:②起死回生

起死回生は、「危機的な状況から一気によい方向に立て直す」という意味です。

本来の意味は、死にかかった人を生き返らす意味として、医術の優れた様を表す言葉でしたが、起死回生はさまざまシーンで使うことができます。

例文1.売上が急激に下がったため、起死回生の策を講じた

例文2.手遅れになる前に起死回生を図る

例文3.ここに来て、起死回生の策を思いついた

捲土重来の類語:③巻き返し

巻き返しは、「劣勢から、態勢を立て直して反撃すること」という意味です。

「巻き返しに出る」や「巻き返しを図る」のように使われます。

例文1.遅れをとったが、ここから巻き返しを図る

例文2.相手が巻き返しに出てきた

例文3.ここで巻き返しできなかったらまずい

捲土重来の類語:④失地回復

失地回復(しっちかいふく)は、「奪われた土地を取り返すこと」という意味です。「軍隊により失地回復に成功した」のように使われます。

また、「失われた地位や勢力などを取り戻す」という意味もあります。例えば、「前回の総選挙では惨敗したが、今回は失地回復を目指す」のように使われます。

例文1.前回の総選挙では惨敗したが、今回は失地回復を目指す

例文2.ここで踏ん張ることができれば失地回復を果たすことができる

例文3.失地回復するのは並大抵のことではない

捲土重来の類語:⑤リベンジ

リベンジは、日常的に使われるカタカタ言葉です。

意味は、「復讐する、報復する、仇討ち」です。「一度、負けた相手にリベンジする」のように使われます。

例文1.昨年負けたチームにようやくリベンジすることができた

例文2.ここでリベンジしないでいつするんだ

例文3.リベンジに燃え尽きるのもよくない

捲土重来の類語:⑥反撃

反撃も、よく使われますね。

意味はご存知の通り、「相手の攻撃に対して攻め返すこと」です。「反撃に転じる」や「反撃されて浮足立つ」のように使われます。

例文1.相手側が反撃に打って出てきた

例文2.反撃される前に叩き潰してしまう

例文3.相手側が反撃に転じ始めた

捲土重来の類語:⑦反転攻勢

反転攻勢(はんてんこうせい)は、言葉のとおり「守備から攻めに転じる」という意味です。「沈黙を破り、反転攻勢に出る」のように使われます。

例文1.反転攻勢のための営業戦略を考える

例文2.ゴーン氏が沈黙を破り、反転攻勢に出た

例文3.反転攻勢の切り札を考える

捲土重来の対義語

対義

捲土重来は、「一度失敗した人が非常な勢いで盛り返すこと」という意味でしたね。つまり、捲土重来の対義語は、「二度と復活することができない」となります。

ここでは、捲土重来の対義語を3つ紹介します。

  1. 再起不能
  2. 一蹶不振
  3. 戦意喪失

捲土重来の対義語:①再起不能

再起不能は、「立ち直って元の勢いを取り返すことができない」という意味です。

例文1.大怪我をして再起不能となった

例文2.会社は借金により再起不能になった

例文3.再起不能と言われていたが大復活を果たした

捲土重来の対義語:②一蹶不振(いっけつふしん)

一蹶不振は、「一度の失敗で挫折し、二度と立ち上がれなくなる」という意味です。

例文1.受験に落ちて一蹶不振になった

例文2.一度の失敗で一蹶不振になるほどやわではない

例文3.彼は一蹶不振と言われていたがなんとか立ち直った

捲土重来の対義語:③戦意喪失

戦意喪失は、「戦う気力をなくすこと」「物事に立ち向かう意思が挫けること」という意味です。

例文1.彼がチームから抜けて戦意喪失となった

例文2.相手のキーマンを潰して戦意喪失を狙う

例文3.実力の違いに戦意喪失した

捲土重来の英語表現

連絡を取る

捲土重来を英語で表現する場合、

  • make a comeback(復活する)
  • regain lost ground(失地回復する)
  • regain one’s strength(強さを取り戻す)

を使います。

例文1.The player made a comeback.(そのプレイヤーは再起を果たした)

例文2.The company have to regain lost ground.(その会社は失地回復するべきである)

例文3.After being defeated in a battle, one has regained his strength and fights back.(敗戦後、再び勢力を取り戻して反撃に転じる)

まとめ

捲土重来の意味や使い方を理解できたでしょうか?

捲土重来は、日常的によく使う言葉ではありませんが、知っておくと便利な言葉です。捲土重来を座右の銘としている人もいるので、何かに失敗して落ち込んだときには思い出したい言葉ですね。

■捲土重来の意味

一度失敗した人が非常な勢いで盛り返すこと

■捲土重来の由来

唐の詩人「牧之(ぼくし)」による詩『題鳥江亭』の一説「巻土重來 未だ知る可からず」からできた言葉

■捲土重来の例文と使い方

・捲土重来を期する

・捲土重来を果たす

・捲土重来を心に刻み

■捲土重来の類語

①臥薪嘗胆

②起死回生

③巻き返し

④失地回復

⑤リベンジ

⑥反撃

⑦反転攻勢

■捲土重来の対義語

①再起不能

②一蹶不振

③戦意喪失

■捲土重来の英語表現

①make a comeback(復活する)

②regain lost ground(失地回復する)

③regain one’s strength(強さを取り戻す)

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。